タミヤ 1/35 ティーガーI極初期型製作記②(完成)

戦車・装甲車等製作記
アドルフ
アドルフ

こんなところを見ている人がいるかわかりませんが一応ご挨拶を。

どうも、本ブログの案内人であるアドルフと申すものです。

ヴァルダ
ヴァルダ

同じく、こんなところの案内人であるヴァルダ。

アドルフ
アドルフ

ここ最近は6月前後に発売された新作プラモ達を一掃していました。

今回筆者は何を作るのでしょうか。

ヴァルダ
ヴァルダ

アドルフ、今回はあの戦車の続きを作るんだよ。

アドルフ
アドルフ

続き?作りかけのプラモなんてありましたっけ。

ヴァルダ
ヴァルダ

筆者が長い間放置していたティーガーIの極初期型だ。

下手をすると一年以上放置することになりそうだからね。

アドルフ
アドルフ

そういえばそんなのがありましたっけな。

ヴァルダ
ヴァルダ

手をつけたものの、別売パーツの補給が出来ずに放置。

補給したものの、アホな筆者が新製品の処理を優先したため更に放置。

そして現在に至る。

アドルフ
アドルフ

よろしければ以下の過去記事からその様子を・・・・・・。

タミヤ 1/35 ティーガーI極初期型製作記①

ヴァルダ
ヴァルダ

とにかく、作戦再開だ。

スポンサーリンク

夏だ!砂漠だ!DAKだ! アフリカのティーガーを再開する

アドルフ
アドルフ

とりあえず放置されていたティーガーを掘り出してきました。

前回の記事公開日は昨年10月29日。

この記事を書いている現在の日付は2020年8月9日。

9ヶ月強放置ですね。

ヴァルダ
ヴァルダ

うむ。

基本的にこのキットを放置する直前に作っていた初期型ティーガーとほぼ同じ部品構成となっている。

アホな筆者が極初期型の組み立て工程をすっ飛ばしているから、詳しいことはそちらの初期型を参考にして欲しい。

アドルフ
アドルフ

とりあえず、放置の遠因となってしまった別売エッチングパーツを貼り付けます。

エンジングリルの外枠部分にゼリー系の瞬間接着剤を点付けして、本体に接着。

ヴァルダ
ヴァルダ

このキットではボッシュライトが初期型同様に車体前面上部に取り付けされた個体と、車体前部に移設された個体が選択できる。

以前筆者が製作した初期型と違いをつけるため、今回は車体前部に取り付けた。

ライトコードはエナメル線を使用。

アドルフ
アドルフ

砲塔上部は外周に延ばしランナーで溶接跡を追加します。

車長ハッチは後でピットマルチを使って開閉状態を選択できるように、ヒンジの凸ピンを切り取っています。

ヴァルダ
ヴァルダ

付属の戦車兵は熱帯仕様の制服を着用しており、ハッチに腕をかけたポーズとなっている。

ハッチと合うように分割された腕を接着する。

腕は肘の部分で分割されているため合わせ目消しをしている。

顔の塗装時に邪魔になるので、帽子はここでは接着しない。

アドルフ
アドルフ

後は必要な部品を接着してこんな感じに。

このまま塗装作業に入ります。

アフリカ仕様の塗装を施す

アドルフ
アドルフ

まずは下地を整えます。

今回は金属部品があるのでプライマーを塗る必要があります。

以前筆者がプライマー入りのサーフェイサーを購入したので、それを使っています。

ヴァルダ
ヴァルダ

このプライマー入りサフ、説明文に「通常の溶剤では凝固する可能性があるので溶剤はエアブラシ用のレベリング溶剤を使用すること」的なことが描いてある。

アホな筆者はそれに気付かず購入してしばらく使えず。

後にレベリング溶剤を購入、ようやく使えるようになった。

アドルフ
アドルフ

缶詰と缶切りの歴史みたいな・・・・・・。

ヴァルダ
ヴァルダ

缶切りが発明されたのは、缶詰が発明されてから約50年後だね。

アドルフ
アドルフ

ここでアホな筆者が車体に溶接跡を施すのを忘れていることに気付きます。

急遽、作業を行いました。

ヴァルダ
ヴァルダ

製作ペースを上げようとして、かえってトラブルが発生しているね。

アドルフ
アドルフ

その後は陰色塗り。

使用したのはクレオスのマホガニーサフです。

ヴァルダ
ヴァルダ

こちらも3瓶も確保しておきながら、全く使っていなかったね。

確か補給したのは去年末

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥312 (2021/07/29 00:15:08時点 Amazon調べ-詳細)
アドルフ
アドルフ

ロコ組みした履帯はモデルカステンの履帯色で。

ついでに転輪のゴムリム部分にも吹いておきます。

アドルフ
アドルフ

さて、ここで車体色を塗ります。

今回のティーガーはロンメル将軍率いるドイツアフリカ軍団の救援に向かった第501重戦車大隊の車輌。

そのためアフリカ向けのイエロー系の塗装を塗ります。

ヴァルダ
ヴァルダ

一口にイエロー系といっても幾つか種類がある。

今回はいつも筆者が使っているダークイエローとは違うものを使う。

少し前に購入した、このタミヤラッカーのライトサンドで塗ってみよう。

ヴァルダ
ヴァルダ

使ってみた感想としては、筆者がいつも使うガイアノーツのダークイエローに比べて黄色味が弱く、白味が強い。

なんかMSVのザク系キットに似合いそうな色だね。

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥3,779 (2021/07/29 16:08:35時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥1,900 (2021/07/29 16:08:36時点 Amazon調べ-詳細)

アドルフ
アドルフ

戦車兵はホワイトサフを吹いた後、肌の部分にガイアノーツのノーツフレッシュ オレンジを吹きます。

エアブラシによる塗装はここまでです。

マーキング作業

アドルフ
アドルフ

ここからマーキング作業となります。

キットに付属のマークはご覧の通り。

ヴァルダ
ヴァルダ

マーキングは4種類。

いずれも第501重戦車大隊所属のダークイエロー単色塗装となっている。

ただ前述したライト取り付け位置の違いで2タイプずつに分かれる。

今回はライトを車体前部に移設した個体で、塗装図ではAパターン(131号車)とBパターン(121号車)となる。

筆者はBタイプを選択した。

アドルフ
アドルフ

ヴァルダ殿、アホな筆者がマークを砕きました。

ヴァルダ
ヴァルダ

後でウェザリングでどうにかするしかなさそうだね。

無理に動かしても余計に崩れるだろうし。

アドルフ
アドルフ

砕けた残骸がキットとデカールの間に入ったので取り出せないんですよ。

他のマークは上手く貼れたので今更131号車にするのも気が引けますし。

ヴァルダ
ヴァルダ

マーキング完了。

キットの塗装図は車体右側についてなにも言及されていなかったけど、推測でマーキングを施した。

ウェザリングにそなえて一旦光沢スプレーを吹いている。

アドルフ
アドルフ

その後は部分塗装です。

木目はレッドブラウン、機銃はガンメタル。いずれもタミヤアクリルです。

その他金属部分は錆ウェザリングを施すので放置します。

ウェザリング作業開始

ヴァルダ
ヴァルダ

さて、ウェザリング作業と行こう。

車体がライトサンド色なので伝家の宝刀バフウォッシングは効果が薄いと判断して今回はなし。

代わりにブラウンでウォッシング兼スミ入れを行う。

アドルフ
アドルフ

作業後はこんな感じに。

一色しか使わないので作業がスムーズに進みます。

ヴァルダ
ヴァルダ

ただし車体前後のフックが溶剤でやられてしまった。

エナメル塗料で肉厚のスケールモデルが破損するのはほとんどないけど、こいつは負荷がかかった状態だったのと細いパーツだったから溶剤が浸透したと見られる。

一旦パーツを外してからウォッシング、もしくは塗料を濃くして作業をしたほうが良さそうだ。

アドルフ
アドルフ

フック自体は接着して修復、そのまま取り付けています。

アドルフ
アドルフ

その他ウェザリング。

車載装備の錆と排気管の煤はクレオスのウェザリングカラーを使用。

エンジンデッキのオイル染みはいつも筆者が使っているエナメル塗料、フラットブラックとクリアーオレンジの混ぜ物です。

ヴァルダ
ヴァルダ

車体には二重チッピングを。

エナメル塗料のバフを適当に置いた後、その縁を残すようにウェザリングカラーのステインブラウンを置く。

先ほどのデカール部分もご覧の通り。

アドルフ
アドルフ

足回りは砂汚れを。

ここは安直にウェザリングカラーのサンディウォッシュで。

ヴァルダ
ヴァルダ

第一次ウェザリング作業はここで終わり。

アドルフ
アドルフ

戦車兵の塗装がいつの間にか終わっていました。

同じ服装の戦車兵は以前のIII号戦車で塗っておりますのでそちらの過去記事を参考に・・・・・・。

タミヤ 1/35 III号戦車N型製作記⑤(完成)

アドルフ
アドルフ

ここまででこんな感じに。

この後、つや消しのクリアーを吹き付けて更にウェザリングします。

つや消しながら第二次ウェザリング作戦

アドルフ
アドルフ

つや消しクリアーを吹くと表面がザラザラします。

ここでドライブラシ系のウェザリングを行います。

ヴァルダ
ヴァルダ

車体にはタミヤエナメルのジャーマングレー、履帯や足回りにはタミヤウェザリングマスターのAセット、サンドをこすり付ける。

アドルフ
アドルフ

更につや消しを吹いて完成・・・・・・

と行きたいですが、アホな筆者が部分塗装を忘れている部分がありました。

ハッチ裏のクッションはタミヤアクリルのフラットブラック、尾灯は水性ホビーカラーのクリアーオレンジ。

塗った後、ウェザリングマスターのサンドを擦り付けて周りに馴染ませています。

タミヤ ティーガーI極初期型 出撃せよ!

アドルフ
アドルフ

お疲れ様でした。

これでティーガーI極初期型は完成とさせていただきます。

ヴァルダ
ヴァルダ

以下、ギャラリーとなる。

ヴァルダ
ヴァルダ

初期型と比較してみよう。

アドルフ
アドルフ

本当はその初期型の次に製作するはずだったんですよね。このキット。

ヴァルダ
ヴァルダ

極初期型、初期型共に生産時期や部隊によって細部が異なる。

この二種の主な違いとしては、まずは前部フェンダー。

極初期型は網目上の滑り止めが付いた幅の狭いもの。

初期型は幅の広いもの。

他に砲塔後部右側。

極初期型は左側同様ピストルポートになっているけど、初期型はハッチになっている。

アドルフ
アドルフ

砲塔後部の雑具箱、車体後部のマフラーカバーなど、更に異なる箇所もありますがこれは第501重戦車大隊独自の装備のようですね。

ヴァルダ
ヴァルダ

初期のティーガーは仕様が定まっていないからか、個体差が激しい。III号戦車の雑具箱を装備したものもあるようだ。

製作を終えて

アドルフ
アドルフ

危うく製作スケジュールのクレバスに転落するところだったものをなんとか完成させることが出来ました。

ヴァルダ
ヴァルダ

ベルト式履帯で、ティーガー系列の中では初心者にも組みやすい安心仕様。

・・・・・・なんだけど、アホな筆者が全体的に駆け足過ぎて、やたらと作業を忘れる箇所があったね。

アドルフ
アドルフ

筆者はそんなに急いで何を・・・・・・。

ヴァルダ
ヴァルダ

実は本ブログはそろそろ開設して一年が経つんだ。

それまでに作りかけを片付けたかったのだろう。

アドルフ
アドルフ

もうそんなに経つのですか。

早いものですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はここまでにしよう。

そんな一周年が近づいてきたのだけれど・・・・・・。

この記事で作っているキット

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥7,480 (2021/07/29 15:29:28時点 Amazon調べ-詳細)

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました