タミヤの新作マルダーI製作記①

戦車・装甲車等製作記
アドルフ
アドルフ

こんなところを見ている人がいるかわかりませんが一応ご挨拶を。

どうも、本ブログの案内人であるアドルフと申すものです。

ヴァルダ
ヴァルダ

同じく、こんなところの案内人であるヴァルダ。

アドルフ
アドルフ

さて、2回続けて鉄道模型の入門用記事を用意しました。

今回も鉄道模型なのでしょうか。

ヴァルダ
ヴァルダ

そうしたいところだったけど、今回は路線変更。

筆者が楽しみにしていたタミヤMMシリーズの新作が出たので、それを作る。

アドルフ
アドルフ

以前から言っていたあれですな。

スポンサーリンク

タミヤ 対戦車自走砲 マーダーI

アドルフ
アドルフ

今回製作するのは筆者が確保してきた・・・・・・

ヴァルダ
ヴァルダ

違う、これじゃない。

アドルフ
アドルフ

これは空振りした筆者が代わりに確保してきたNゲージキットの部品です。

ヴァルダ
ヴァルダ

こっちだ。

タミヤよりマルダーIだ。

商品名は英語読みの「マーダーI」となっているけど、この記事では以下ドイツ語の「マルダーI」で統一する。

アドルフ
アドルフ

意外な自走砲の発売ですな。

マルダーIとは?

ヴァルダ
ヴァルダ

マルダーI型は、第二次世界大戦のドイツ軍対戦車自走砲だ、

ドイツ軍の戦車っていうと、ティーガーやパンターみたいな固くて強い戦車のイメージが強いけど、戦争序盤はそうでもなかったんだ。

だから装甲の厚いフランスのルノーB1やソミュアS35、そしてイギリスのマチルダIIに苦戦していた。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥3,517 (2021/07/26 00:59:36時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥2,844 (2021/07/26 21:36:23時点 Amazon調べ-詳細)

アドルフ
アドルフ

そもそも主力であるはずのIII号戦車が少なく、II号戦車やチェコ製戦車が事実上の主力だったので・・・・・・。

幸い運用思想やら戦術で優れていたので、なんとかなったようですね。

ヴァルダ
ヴァルダ

これが対ソ連戦で更に問題になる。

固いだけでなく、火力も優れたT-34やKV-1と言った戦車が出現したからだ。

頼りのアハトアハトこと88mm砲も牽引式で大型の高射砲なので、道路事情の悪い東部戦線では迅速に展開するのが難しい。

そこでドイツ軍は既存の戦車の強化、新型戦車の開発を行うことになる。


created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥2,331 (2021/07/26 21:09:52時点 Amazon調べ-詳細)

アドルフ
アドルフ

所謂、T-34ショックですな。

ドイツ軍兵器の進化を語るとき、避けては通れない出来事です。

ヴァルダ
ヴァルダ

しっかりした戦車では開発、投入までに時間がかかる。

そのため、ドイツ軍首脳部は暫定的な対戦車兵器として、既存の旧式化した軽戦車等に対戦車砲を組み合わせた自走砲を幾つか開発した。

今回作るマルダーIはこの暫定的な対戦車兵器の1つなんだ。

ベースになっているのは占領したフランスから接収したロレーヌ牽引車

これに7.5cmPAK40を搭載している。

アドルフ
アドルフ

マルダーシリーズは3種類ありますな。

マルダーIIはII号戦車ベース。

最も有名なマルダーIIIは38(t)戦車がベース。




ヴァルダ
ヴァルダ

この車輌、東部戦線やアフリカ戦線など様々な場所で使われた。

ただ、部品の供給が楽なことからか、主にフランス駐留部隊に配備されているようだ。

そのため、1944年6月にノルマンディーに上陸してきた連合軍との戦闘にも投入されている。

アドルフ
アドルフ

生産数は170輌ほどのようです。

元の車体の都合からか、マルダーII、IIIに比べて少数の生産といえますね。

ヴァルダ
ヴァルダ

マイナーな車輌だからか、詳しい活躍なんかはあまりみかけないね。

アドルフ
アドルフ

うーむ・・・・・・。

キットの中身

ヴァルダ
ヴァルダ

とりあえず、箱の中身を見ていこう。

ランナーの袋が4つに冊子3つ、デカールが1枚。

アドルフ
アドルフ

お馴染みの光景ですな。

アドルフ
アドルフ

ランナー紹介と行きましょう。

まずAランナー。

2枚入りで主に足回りの部品です。

履帯が組み立て式なのがわかります。

ヴァルダ
ヴァルダ

Bランナーは車体パーツ。

車体は箱組みになっているようだね。

アドルフ
アドルフ

Cランナーは車体上部のパーツです。

主に自走砲化によって改造された部分のようです。

仮に原型の牽引車型が発売された場合、削られそうな部分ですね。

アドルフ
アドルフ

Dランナーは主砲にサスペンション、そして搭乗員の部品です。

一体成型されたボギーサスペンションが目を引きますな。

ヴァルダ
ヴァルダ

その他パーツとしてポリキャップとデカール。

少ないながらも特徴的なマークが付属している。

アドルフ
アドルフ

冊子は組み立て説明書実車解説兼塗装図、そしてTech Tips!

これまた近年のMMでよく見られる構図です。

ヴァルダ
ヴァルダ

塗装は3種類

三色迷彩冬季迷彩ジャーマングレー単色とバラエティ豊かだ。

フランスのソミュール戦車博物館に保存されている実車の写真付き。

次回、製作開始!

アドルフ
アドルフ

と、いうわけでパーツ紹介まで行いましたが、筆者は色々あったため、まだ手をつけていません。

製作は次回からとなります。

ヴァルダ
ヴァルダ

近年のテレビ番組みたいな引っ張り方を・・・・・・。

アドルフ
アドルフ

それでは、製作がある程度進むまでお待ちを。

この記事で紹介しているキット

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました