フジミ 1/72 メッサーシュミットBf110D-3 製作記④

※記事内に広告を含む可能性があります

航空機等製作記
アドルフ
アドルフ

フジミの1/72スケール、メッサーシュミットBf110を作っていきましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は細かい部品を取り付け、全体の組み立てを終えた。

今回は塗装とマーキングになる。

レーナ
レーナ

5月が終了。

最近は気温が乱れがちだから、季節がわからないという。

アドルフ
アドルフ

月末なので、いつもの集計ですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

集計はいつも通り最後に掲載する。

それでは作戦を再開しよう。

スポンサーリンク

塗装図の確認

アドルフ
アドルフ

このキットに収録されている塗装は6種類。

タイプごとに加工が必要なので、途中での変更はできませんな。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回作っているのは右側のD-3型。

この形式のみ2種類の塗装が収録されている。

右下にあるディッコウ少佐機で仕上げてみよう。

レーナ
レーナ

帯の色がH70(水性ホビーカラー70番)、RLM02グレー?

アドルフ
アドルフ

いえ、帯の色ではなく側面のオーバースプレーされた箇所がRLM02グレーのようです。

帯はII26番、白いデカールですな。

今回はこの帯部分も塗り分けて再現するつもりですが。

ヴァルダ
ヴァルダ

筆者も最初勘違いしたらしい。

どうも塗装指示の部分がデカール箇所と重なっているから、そう見えるようだ。

下塗り~下面色の塗装

アドルフ
アドルフ

下塗りから順番に塗っていきましょう。

  • 風防や主脚格納庫内の下塗り→Mr.カラーのRLM02グレー
  • 全体の下塗り→Mr.サーフェイサー1000
  • 白帯部分→ガイアノーツのーフェイサー・エヴォホワイト
  • 機体本体の下面塗装→水性ホビーカラーのRLM65ライトブルー

と塗っていきます。

created by Rinker
ガイアノーツ(Gaianotes)
¥500 (2024/06/15 20:33:51時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

まだ接着していないパーツが多くて、ゴチャゴチャしているような。

ヴァルダ
ヴァルダ

紛失しないうちに、さっさと完成まで持ち込みたいところだ。

白帯を塗装にした一番の理由は、デカールだと胴体下のアンテナ部分と重なるため。

仮にデカールで仕上げるなら、アンテナ部分を一度切り離すといいだろう。

本体色の塗装

アドルフ
アドルフ

下面色をマスキングしたら

  • 上面をMr.カラーのRLM71ダークグリーンで塗装
  • 主翼、尾翼上面をマスキングし、Mr.カラーのRLM70ブラックグリーンを塗装

といった流れに。

増槽の先端上部もブラックグリーンで塗ってしまいます。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥374 (2024/06/15 20:33:52時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

プロペラ周りは……。

ヴァルダ
ヴァルダ

周囲のマスキングが大変なのでここは筆塗り予定だ。

今回はもう一手間あるので、スプリッター部分のマスキングは全部剥がさないように……。

アドルフ
アドルフ

その後はオーバースプレー部分を。

胴体側面周りのマスキングのみ剥がし、Mr.カラーのRLM02グレーを吹き付けます。

ここは応急的な迷彩っぽく、まだらになるようにしてみました。

ついでにタイヤ部分もMr.カラーGXのウイノーブラックで塗っておきましょう。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥374 (2024/06/15 11:10:22時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

RLM02グレーのオーバースプレーってあんまり見かけないよね。

古いキットだから、別の塗料の代用なのかな?

ヴァルダ
ヴァルダ

または熱帯塗装の代用として実際に塗られていたのかもしれない。

今回の機体の詳しい年代・戦線は不明だけど、シチリア島や北アフリカ方面で活躍していたものかもね。

今度こそ本体塗装は終了なので、迷彩部分のマスキングは剥がして大丈夫だ。

マーキング!

アドルフ
アドルフ

キットに付属するデカールはこちら。

C型用とD型用でシートが分かれていますな。

元々C型とD型で別に売られていたものの名残でしょうか。

ヴァルダ
ヴァルダ

説明書ではC型用がシートID型用がシートIIと振られている。

ごっちゃにならないように注意だ。

もっとも、細かい注意書きとかは違う番号でも同じ形のようなので、失敗したときに補完できるけどね。

今回はD型なので、右側のシートIIをメインに使う。

今回の戦果

アドルフ
アドルフ

貼り付けるとこんな感じに。

中古デカールにありがちな剥がれない現象はありませんでしたが、異様に柔らかくて歪んだり崩れたりしやすかったです。

さすがに古いものだと大変ですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

機内を組んだ際に計器のが崩れかかったので、貼る前のデカールに対して一度水性カラーのクリアーコートも試している。

その他少し変色があったのでいつものデカール干しも試したが、これ以上は白くならないようだ。

レーナ
レーナ

……それと、筆塗りもしているようだね。

プロペラがブラックグリーン1色に。

アドルフ
アドルフ

キットでは

  • プロペラブレード→ブラック
  • スピナー→カーキグリーン(D-3型ディッコウ少佐機のみ。選んだ塗装によって異なる)

の指示です。

ただ筆者が

「ドイツ機のプロペラは基本的にブラックグリーンなのでは?」

と判断し、全面RLM70の単色に塗ってしまいました。

ヴァルダ
ヴァルダ

乾燥待ちも兼ねて今回はここまで。

次回は仕上げのウェザリングを施し完成予定だ。

レーナ
レーナ

続きは次回!

……と、集計だったね。

月末恒例 今月の戦果

アドルフ
アドルフ

2024年5月の戦果は……

  • 購入 0
  • 完成 5(ヤークトティーガーポルシェ型、ティーガーP、ジオング、Ju87G-2、Bf110D-3)

ですな。

直近に購入したジオングも完成し、順調に積みを減らしています。

レーナ
レーナ

Bf110がもう完成している。

アドルフ
アドルフ

実際はすでに完成しているようで、筆者は裏で次のものに取り掛かっています。

ヴァルダ
ヴァルダ

ここ一年で購入したもののなかに、まだ1つだけ完成していないものがある。

そろそろそれに着手したいところ。

レーナ
レーナ

なんかあったっけ。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回は本当にここまで。

ここで少し見せたBf110の完成形態を、次回はお披露目することになるだろう。

レーナ
レーナ

来月も、お楽しみに~。

この記事で作っているキット

created by Rinker
¥2,400 (2024/06/15 08:28:46時点 Amazon調べ-詳細)

【新品・中古】プラモデルを買うなら駿河屋

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました