【2022年3月】スペシャルアーマー 35(t)指揮戦車 製作記②【新製品?】

戦車・装甲車等製作記
アドルフ
アドルフ

スペシャルアーマーブランドで新たに登場したCMK製品の35(t)指揮戦車を作っていきます。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は箱の中身を確認した。

今回は早速作業に取り掛かる。

主に車体下部や車輪類の組み立てをまとめる予定だ。

レーナ
レーナ

さてさて、どんな感じになるかな。

アドルフ
アドルフ

筆者は35(t)軽戦車を今までに何度か作っていますが、指揮戦車型は初めてですな。

どうもこのキットの説明書を見たところ、フレームアンテナは後部デッキに直付けのようですが・・・・・・。

ヴァルダ
ヴァルダ

残念ながら今回の範囲ではそこまでは行かない。

とりあえず車体下部から作っていこう。

 

スポンサーリンク

まずは合わせ目消し

アドルフ
アドルフ

手始めにプラモデル用接着剤を使った合わせ目消しを。

見た感じ貼り合わせる部品は砲口とマフラーのみですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

詳しいことは後だけど、どうやら今回この砲口は使わなくなるかもしれないね。

合わせ目消しについては過去記事参照だ。

初心者向け? HGUCグフで学ぶ合わせ目消し
アドルフ 最近更新速度が遅いと思ったら今度は一日二回投稿ですか。 ヴァルダ うむ。 また筆者が初心者向けの記事を考えたのでそれをまとめる。 アドル...

 

車体の組み立て

アドルフ
アドルフ

では改めて車体の組立てを。

本キットの車体は板状の部品を組み合わせる箱組み式となっています。

ヴァルダ
ヴァルダ

古いキットだけあって多少反りはある。

乾燥の早い瞬間接着剤を併用して組み立てるといいだろう。

created by Rinker
コニシ(KONISHI)
¥282 (2022/10/07 22:23:00時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

側面パーツの前方内側にある円状の凸部分。

これは前面パーツに引っかかるから削っておこう。

アドルフ
アドルフ

組み立てるとこんな感じに。

中にある仕切り状のC11パーツは最後に組むとよいでしょう。

長方形のパーツですがキットの説明書には向きの指示が曖昧なので・・・・・・。

ヴァルダ
ヴァルダ

リベットのディティールがあるから接着剤のはみ出しには注意したいところ。

とか何とかいっているうちに筆者の指を伝って流し込み式セメントが装甲面を荒らしているけど。

レーナ
レーナ

どうせウェザリングで誤魔化すから大丈夫でしょ。

ヴァルダ
ヴァルダ

車体前面には隙間が出来る。

筆者はパーツ内部を削ってパーツを押し込めるようにして、隙間を埋めようとしたつもりだけど・・・・・・。

レーナ
レーナ

かえって隙間が広がったみたいだね。

ヴァルダ
ヴァルダ

仕方ないのでパテで埋める。

周りはリベットモールドだらけなので削る際は注意だ。

ヤスリで削るのではなく、ラッカー溶剤で拭き取るもの有りかもしれない。

アドルフ
アドルフ

タミヤパテのようなラッカー系のパテはラッカー系塗料の溶剤で拭き取れますからね。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥582 (2022/10/07 20:50:09時点 Amazon調べ-詳細)

 

照準リング基部を削る

ヴァルダ
ヴァルダ

35(t)指揮戦車は大型の無線機を搭載した都合か、前面機銃を取り外している。

同時に前面に装備された照準リングも外されている。

キットではリングパーツを取り付けず、基部を削り取る指示が出ている。

アドルフ
アドルフ

とりあえず削り取ります。

ただ適当に削るのではなく、まずはリベット部分だけ削って取っておいて・・・・・・。

レーナ
レーナ

なんか面倒そうなことしているね。

アドルフ
アドルフ

キットではただ削って真っ平らにする指示なのですが、どうも実際は元のリベットがあるのでそれを再現したく。

アドルフ
アドルフ

というわけで基部を削った跡地に、基部から切り出したリベット部分を貼り付けます。

多少大きさは違いますが・・・・・・。

ヴァルダ
ヴァルダ

ウェザリングで誤魔化そう。

 

サスペンションの組み立て

アドルフ
アドルフ

続いて足回りに。

35(t)の転輪は2枚重ねのものが片側9個。

細かく数が多いので少し面倒な仕様となっています。

レーナ
レーナ

同じチェコ戦車の38(t)はもっとシンプルなのに。

アドルフ
アドルフ

片側9個の転輪の内1個は独立懸架。

後の8個は4個ずつボギーで懸架されます。

ヴァルダ
ヴァルダ

ボギー部分は4パーツ構成。

一部押し出しピン跡があるけど、これは浅いので軽く削って処理してしまおう。

アドルフ
アドルフ

ボギーは板バネパーツや転輪を挟み込むようにして組み立てます。

とりあえず内部に組み込む部品を先に接着して・・・・・・。

ヴァルダ
ヴァルダ

転輪パーツは後でスライドして組み込めるから後回し。

とりあえずボギー本体を接着して組み立て終える。

あまり部品の合いがよくないので、クリップで抑えつつ接着する。

レーナ
レーナ

転輪が片側8個でボギー1つに4個付くから・・・・・・

後4つ作ればいいのかな?

ヴァルダ
ヴァルダ

接着剤が乾いたら転輪をスライドして組み込む。

最初転輪の軸が長くて組み込み後ボギーが広がって歪んでしまったので、一度転輪軸は短くカットして調整している。

アドルフ
アドルフ

あまり広がるとせっかくの接着部分が剥がれる可能性もありますからね。

ヴァルダ
ヴァルダ

転輪ははめ込むだけでもいいけど作業中にポロポロ取れたり、回転して塗装時に支障が出そうだった。

なので今回は軸部分で接着固定してしまっている。

 

起動輪・誘導輪の組み立て

ヴァルダ
ヴァルダ

他には起動輪・誘導輪を組み立てる。

35(t)は誘導輪も歯が付いているのが特徴だ。

元が古いキットで精度が悪いのか、ここは接着面が平面ではないので接着する角度に注意しよう。

レーナ
レーナ

接着部分に多少遊びがあるから、左右の歯が互い違いにならないようにするのも必要だね。

接着したら完全乾燥する前に履帯パーツの上でチェックするといいかも。

 

今回の戦果

アドルフ
アドルフ

その他上部転輪や基部パーツも用意するとこんな感じに。

結構時間がかかりましたな。

ヴァルダ
ヴァルダ

新発売とはいえ実際は古いキットにディティールアップパーツを加えて、ブランド名義を変更しただけのものだ。

残念ながらあまり精度はよくない。

アドルフ
アドルフ

ただ当時は35(t)系列のキットはこのスペシャルアーマーキットの元になった、CMK製品しかなかったという。

ヴァルダ
ヴァルダ

タミヤ箱のキットなど含めて、長らくCMK製品の独壇場だった。

2010年代になってからようやくアカデミーとブロンコが発売してきた感じだ。

created by Rinker
アカデミー(Academy)
¥3,197 (2022/10/07 16:28:56時点 Amazon調べ-詳細)
アドルフ
アドルフ

アカデミーは以前筆者が作っていましたが、ブロンコはまだでしたね。

アカデミー 35(t)製作記①(完成)
アドルフさて、前回アカデミーOEMのエアフィックス製品。35(t)軽戦車が完成しました。今回は何をするのでしょうか。ヴァルダ丁度いい機会なので……エアフィックス製品の元となった、オリジナルのア...
ヴァルダ
ヴァルダ

どうも筆者の苦手なフルインテリアらしく、それで購入を戸惑っているらしい。

とりあえずスペシャルアーマーの本キットはここで一度作業を中断。

次回はこの足回りの部品や、履帯を組み込むことになるだろう。

レーナ
レーナ

続きは次回!

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました