イタレリ Bf110G-4製作記④

航空機等製作記
ヴァルダ
ヴァルダ

やってしまったようだね。

アドルフ
アドルフ

やってしまいましたなぁ。

レーナ
レーナ

何やっちゃったのさ。

アドルフ
アドルフ

詳しくは後述です。

とりあえず、イタレリのBf110G-4の続きとなりますよ。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は組み立てが完了した。

今回は塗装から始める。

スポンサーリンク

塗装下準備を行う

アドルフ
アドルフ

まずは風防に機内色のRLM02グレーを吹き付けます。

アドルフ
アドルフ

その後、合わせ目部分などに対してサーフェイサーを吹き付けます。

不自然な部分だけでも発見・修正するように……。

レーナ
レーナ

主翼後部はあんまり弄っていないはずだけど……。

なんかあったの?

アドルフ
アドルフ

アホな筆者が流し込み接着剤で叩き割ったんですよ。

機体を塗ってみよう

アドルフ
アドルフ

今回は箱裏の塗装図上から2番目

ハインツ・W・シュナウファー少佐機で仕上げてみたいと思います。

他の機体がモットリング系の塗装ですが、本機はスプリッター迷彩となっています。

レーナ
レーナ

まずはRLM76ライトブルーを全体的に塗装。

機体のほとんどがこの色みたいだね。

ヴァルダ
ヴァルダ

側面や尾翼、エンジンナセルの付け根をマスキングしつつ、2色目を吹き付ける。

先に塗ったのはRLM75グレーバイオレット

レーナ
レーナ

アンテナが取れているよ。

ヴァルダ
ヴァルダ

ああ、ここでとれたんだ。

・・・・・・ここでね。

レーナ
レーナ

なんか今日は変だね。

アドルフ
アドルフ

更にマスキングしつつ、3色目と4色目。

先に上面色のRLM74グレーグリーンを吹き付けます。

こちらが吹き終わりましたら、エンジンナセルをマスキング。

プロペラスピナーに、つや消しホワイトを吹き付けます

レーナ
レーナ

白は筆塗りだと隠ぺい力が低いから、ここはエアブラシ吹きだね。

ヴァルダ
ヴァルダ

お楽しみのマスキング剥がしタイム。

テープを剥ぐと、こんな感じに。

アドルフ
アドルフ

スプリッター迷彩の難点は、テープを貼るのに時間がかかるところですね。

ただ貼るだけなのに、数時間かかってしまいます。

部分塗装とマーキング

ヴァルダ
ヴァルダ

ここまで来たらエアブラシを片付けて、筆で部分塗装。

プロペラ部分はほとんどのドイツ機ではRLM70ブラックグリーンなんだけど・・・・・・

今回は何故かRLM71ダークグリーンで指示されていた。

アドルフ
アドルフ

ここで間違えて自作、とりつけた着陸灯を外してしまいます。

反対に、その他部品は接着してしまいます。

・・・・・・レーダーアンテナが1本足りないですね・・・・・・。

レーナ
レーナ

レーダーが気になるけど、とりあえず先にマーキング作業。

このキットには垂直尾翼の鉤十字が入っていない。

筆者の手持ちから探したところ・・・・・・

フジミのBf110で余剰品があったから、今回はそれを使おう。

created by Rinker
¥2,342 (2021/10/17 19:17:44時点 Amazon調べ-詳細)
アドルフ
アドルフ

筆者がはるか昔に作ったものでしたな。

勿論、奥底にしまっちゃうおじさんしてしまいましたが。

created by Rinker
シナダグローバル(Shinada Global)
¥2,860 (2021/10/17 11:34:10時点 Amazon調べ-詳細)
ヴァルダ
ヴァルダ

このキット、筆者が気に入ったのかもう一つ中古で確保してあるんだよね。

いつになったら完成するのか……。

残念、筆者の作戦はここで終わってしまった!

アドルフ
アドルフ

マーキングをしたのですが・・・・・・

これ以上は先に進めません。

レーナ
レーナ

あー。

冒頭のあれはこれだね。

レーダーのことだね

ヴァルダ
ヴァルダ

紛失したレーダーが出てこないので、今回の作業はここで一旦中止。

レーナ
レーナ

どうする?

アドルフ
アドルフ

レーダーが出てきたら先に進みますが……

出てこなかった場合このキットは保留になります。

その場合は他のキットを先に処理します。

レーナ
レーナ

ああ、残念なことに。

ヴァルダ
ヴァルダ

不本意ながら今回はここまで。

次回はどうなるか・・・・・・。

レーナ
レーナ

追記 部品が見つかったので作業再開したよ!

この記事で作っているキット

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました