エアフィックス Bf109 E-7型 製作記④(完成)

航空機等製作記
アドルフ
アドルフ

エアフィックス社から発売されています、メッサーシュミットBf109 E-7型を作っていきます。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は塗装やマーキングが終了した。

今回は残りの作業を行って完成させる。

レーナ
レーナ

無事完成しそうだね。

アドルフ
アドルフ

筆者は航空機模型にはあまりウェザリングをしませんからね。

ヴァルダ
ヴァルダ

塗装作業さえ終わればあとはすんなり進むのさ。

スポンサーリンク

スミ入れ

レーナ
レーナ

まずはいつも通りスミ入れ。

タミヤのスミ入れ用を使うよ。

アドルフ
アドルフ

タイヤなど黒いところはグレーを。

それ以外はブラックを使います。

このキットはモールドが深めなので、いい感じに流れてくれます。


created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥295 (2021/06/15 10:17:07時点 Amazon調べ-詳細)

銀色の塗装剥げを描きこむ

アドルフ
アドルフ

続いて銀色の塗装剥げ。

コクピット周辺を中心に、タミヤエナメルのクロームシルバーで……。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥352 (2021/06/14 21:45:01時点 Amazon調べ-詳細)
ヴァルダ
ヴァルダ

いずれの作業も、筆者としては粗の誤魔化し的な意味合いが強い。

特に筆者の作るメッサーシュミットは細かいデカールで失敗していることが多いからね。

排気管周りを汚す

レーナ
レーナ

そして排気管汚れ。

排気管のサビはクレオスのウェザリングカラー

ススはタミヤのウェザリングマスターBセットだね。



created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥373 (2021/06/15 20:07:39時点 Amazon調べ-詳細)

アドルフ
アドルフ

今回もいつもの3点セットで汚しが完結しましたな。

詳しくは過去記事参照です。

簡単な修正をして完成させる

ヴァルダ
ヴァルダ

側面の国籍マーク。

黄色帯が透けて見えたので、ここは上から白く塗って誤魔化す。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥387 (2021/06/15 15:16:46時点 Amazon調べ-詳細)
アドルフ
アドルフ

簡単に修正ですな。

レーナ
レーナ

後はつや消し。

タミヤアクリルのフラットクリヤーをエアブラシで吹き付けるよ。

アドルフ
アドルフ

エンジン部分はタミヤウェザリングマスターのCセット付属のガンメタを擦りつけて、軽く光らせます。

アドルフ
アドルフ

お疲れ様です。

これでメッサーシュミットBf109 E-7型が完成です。

レーナ
レーナ

……なんか右側からは問題なかったけど、左側から見たときに機首と側面の黄色が合っていないね。

ヴァルダ
ヴァルダ

とりあえず完成品を見てみよう。

以下、ギャラリーだ。

エアフィックス メッサーシュミットBf109 E-7型 完成!

アドルフ
アドルフ

続いて前回作ったT-1型と。

レーナ
レーナ

T-1型は主翼を延長したというけど、並べてみると改めてわかるね。

ヴァルダ
ヴァルダ

翼面荷重を減らして、虚弱な主脚のこの機体でも空母への着艦を容易にする狙いだったらしい。

レーナ
レーナ

……最初から他の戦闘機を使えばよかったんじゃないの?

ヴァルダ
ヴァルダ

この戦闘機しかいなかったんだ。

戦闘機についてはこれでもマシだ。

雷撃機にいたっては複葉機のフィーゼラーFi167を使用予定だったんだから。

アドルフ
アドルフ

……これは?

ヴァルダ
ヴァルダ

筆者がその辺を漁っていたのでね。

せっかくだから今まで筆者が製作したBf109と並べて撮影した。

アドルフ
アドルフ

見た感じ、大半がE型かG型のようですな。

唯一最前列の一番左に初期のB型がいますね。

レーナ
レーナ

型の偏りがすごいね。

アドルフ
アドルフ

ほとんどがハセガワかタミヤのキットというのが原因ですな。

こうなるとF型やK型が欲しくなるところ。

確かファインモールドから……。

created by Rinker
ファインモールド(FineMolds)
¥8,640 (2021/06/15 06:13:10時点 Amazon調べ-詳細)

作ってみた感想のコーナー

レーナ
レーナ

比較的新しいキットで、カッチリした感じ。

特に深めのモールドでスミ入れがしやすいかな。

ヴァルダ
ヴァルダ

彫り直さなくてもスイスイ流れてくれる。

おかげでシャープな雰囲気に。

アドルフ
アドルフ

ただ合いがタイトで一部パーツがはめ込みにくい部分がありましたな。

その場合はパーツの周りを軽く削ってやる必要があります。

ヴァルダ
ヴァルダ

そこさえ乗り越えれば組み立ては難しくないね。

筆者は照準器を紛失して長期間放置していたけど。

アドルフ
アドルフ

それは単なる不注意ですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はここまで。

次回はまた別のキットを作ってみよう。

レーナ
レーナ

次回も、お楽しみに~。

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました