タミヤ 1/35 ティーガーI極初期型製作記①

戦車・装甲車等製作記
アドルフ
アドルフ

どうも、本ブログの案内人であるアドルフです。

ヴァルダ
ヴァルダ

同じく、案内人のヴァルダ。

今回も筆者の模型製作を観察していこう。

アドルフ
アドルフ

さて、前回のティーガーが完成したことによって筆者の模型三大勢力を一通り作り終えました。

今後は何を作っていくのでしょうか?

ヴァルダ
ヴァルダ

筆者の気まぐれで決まる。

というわけで、今回はコイツを。

アドルフ
アドルフ

またタミヤのティーガーI型ですか。

・・・・・・箱がないようですが。

ヴァルダ
ヴァルダ

箱なしの中古品だよ。筆者が数年前に購入してしばらく放置していたものだ。確か3年ほど・・・・・・。

アドルフ
アドルフ

仮組みして10年以上放置しているガンプラが多数いるのでそのくらいじゃ驚きませんよ。

ヴァルダ
ヴァルダ

このキット、前回作ったティーガーI初期型のキットをベースにして極初期型のティーガーとしている。

極初期型は各部隊や車輌によって装備に細かい差異がある。キットのはアフリカ戦線で活躍したドイツ陸軍第501重戦車大隊の車輌を再現している。

まず初期型のキットに極初期型の特徴であるフェンダー類、501重戦車大隊車の装備していた雑具箱、放熱用スリットつきのマフラーカバー、そしてアフリカ仕様の制服を着た戦車兵が収まったGランナーが新規で付属する。

反対に砲塔類が収まったEランナーから入れ替わるように黒服の戦車兵や車体前面のパーツが抜かれている。

アドルフ
アドルフ

初期型以降の雑具箱はAランナー付属でこちらは余剰パーツになります。

ヴァルダ
ヴァルダ

とりあえず作戦開始

・・・・・なんだけど先ほど説明したとおり、このキットは前回作った初期型とほとんど変わらないんだ。

筆者も極力同じ方法で組んでいくため申し訳ないけど組立て工程はほとんど省略させてもらうよ。

ヴァルダ
ヴァルダ

逆に前回と違うところだけ細かく解説していく。

今回は戦車兵を乗せてみたいと思うので、砲塔内部も塗装してみる。

ドイツ軍戦車の車内は白塗装で指定されている場合がほとんどなので、このガイアカラーのインテリアカラーをブラシ塗装しておく。

アドルフ
アドルフ

細部は勿論筆で・・・・・・。

砲尾はガンメタル、座席やキューポラのスコープはフラットブラック。いずれもタミヤカラーです。

アドルフ
アドルフ

実際天板をつけてしまうとほとんど見えなくなるので、とりあえず上のほうだけ塗るのでも問題ないと思います。

ヴァルダ
ヴァルダ

ちなみに昔の筆者はあまりにも面倒だったので黒で塗りつぶしていたね。

ヴァルダ
ヴァルダ

さて、残念だけどこの戦車の製作はしばらく進みそうにないんだ。

前回同様別売のエンジングリルを取り付けていたけど、今筆者の手元にはないし、買いに行く暇もないのでね。

アドルフ
アドルフ

最近は鉄道模型やゲンブン先生の劇画も全てamazonで購入ですからね。

・・・・・・amazonでポチるのはどうでしょうか?

ヴァルダ
ヴァルダ

それも考えたんだけど、筆者が余計なものも買いそうなのを懸念しているんだよ。

とりあえず、何らかのタイミングでエンジングリルを確保するまでこのティーガー作成は凍結する。

アドルフ
アドルフ

うーむ・・・・・・。

アドルフ
アドルフ

この記事で作っているもの

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥7,480 (2021/07/26 12:17:26時点 Amazon調べ-詳細)

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました