タミヤ 1/72 三式戦闘機飛燕一型丁①

航空機等製作記
レーナ
レーナ

模型大隊戦闘日誌、始まるよ!

アドルフ
アドルフ

前回はトランペッターのKV-1Eが無事完成して、2021年も終了しましたな。

さて、年が明けた2022年最初の本記事では・・・・・・。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回の最後でも触れたけど、既にタミヤの飛燕が完成している。

今回はそれを作っていこう。

レーナ
レーナ

スケジュールの都合で月、いや年を跨ぐことになっちゃったんだよね。

アドルフ
アドルフ

昨年は購入した直後のガンタンクを作ることになりまして、かなりスケジュールが詰まった感じでしたからね。

今年は少し余裕を持たせた感じで進めていきましょう。

HGUC ガンタンク製作記①
アドルフ年が明けて2021年になりました。読者の皆様、今年もよろしくお願いします。・・・・・・果たしてどれだけいるのか不明ですが。レーナ今年もたくさんプラモを作っていこう。・・・・・・ところで、今日は...
レーナ
レーナ

あれからもう1年かぁ。

 

スポンサーリンク

今回のお題 タミヤ 1/72 三式戦闘機飛燕一型丁

ヴァルダ
ヴァルダ

今年最初のお題はこちら。

タミヤのウォーバードコレクションより

三式戦闘機 飛燕 一型丁

だ。

アドルフ
アドルフ

前回もちらっと出てきていましたな。

レーナ
レーナ

発売は2018年3月。

約4年前のキットだね。

 

三式戦闘機飛燕とは?

ヴァルダ
ヴァルダ

飛燕は大日本帝国陸軍の戦闘機だ。

帝国陸軍唯一の液冷式戦闘機でもある。

アドルフ
アドルフ

以前ハセガワ社の同戦闘機を組みましたな。

ハセガワ 1/72 三式戦闘機 飛燕 製作記①
レーナ 模型大隊戦闘日誌、始まるよ! アドルフ 前回は二式単座戦闘機、鍾馗が無事完成しましたな。 今回も引き続き、ハセガワのA帯シリーズからになるようで・・・・・・。 ...
ヴァルダ
ヴァルダ

あちらでも説明したので、今回は簡潔に。

1940年に陸軍は、液冷発動機ハ40を搭載した重戦闘機キ60と軽戦闘機キ61の試作を川崎航空機に指示。

キ60は不採用になりキ61のみが採用。

このキ61が後に今回作る三式戦闘機飛燕となる。

アドルフ
アドルフ

ハ40はドイツ軍のBf109等に搭載されていたダイムラー・ベンツのDB601をライセンス生産したものですな。

液冷機なので機首を絞って空気抵抗を減らせる代わりに、複雑な構造で生産や整備が難しいのが難点ですが。

レーナ
レーナ

途中でエンジン生産が追いつかなくなって、後に空冷化した五式戦闘機が出てくる・・・・・・ってやつだよね。

created by Rinker
ファインモールド(FineMolds)
¥1,436 (2022/06/26 22:28:47時点 Amazon調べ-詳細)
ヴァルダ
ヴァルダ

飛燕は前述したハ40を搭載した一型改良型のハ140を搭載した二型が存在。

今回作るのは前者だ。

一型は更に武装の違いで甲、乙、丙、丁がある。

今回作るのは丁型。

一型の中では最後に登場した形式で機首に20mm砲×2、主翼に12.7m砲を×2装備している。

機首に20mm砲を搭載した都合上、他の形式と比べて機首が20cm延長されているのが特徴だ。

アドルフ
アドルフ

これもハセガワ製品と同じ形式でしたな。

ヴァルダ
ヴァルダ

以前ハセガワのキットで組み立てた三式戦闘機飛燕。

今度はタミヤのキットで組み立ててみよう。

 

箱の中身を確認しよう

ヴァルダ
ヴァルダ

それでは早速箱を開けてみよう。

中身はこんな感じ。

塗装図の紙媒体が1枚多いから、いつもより多く感じるかな。

ヴァルダ
ヴァルダ

袋の中身はこんな感じ。

プラランナーは2枚。

クリアーランナーは3パーツのみ含まれている。

ポリキャップは2つ付属だけどプロペラ留めに1つのみ使用する。

レーナ
レーナ

ランナーは2枚だけどパーツは少なめ。

事実上1枚だけともいえるかな。

ヴァルダ
ヴァルダ

付属デカールはこんな感じ。

一見多く見えるけど、塗装によって違うものを選ぶから使用数はそんなに多くない。

アドルフ
アドルフ

他のタミヤ純正ウォーバードコレクション同様、計器やシートベルトもデカールになっていますな。

ヴァルダ
ヴァルダ

紙媒体は組み立て説明書兼塗装図、別紙の塗装図、機体解説、TechTips!の4枚。

塗装図について詳しくは後述。

ヴァルダ
ヴァルダ

塗装は3種類。

  • A 飛行第244戦隊 小林照彦大尉搭乗機
  • B 飛行第244戦隊 高島俊三少尉搭乗機
  • C 飛行第19戦隊所属機

となっている。

レーナ
レーナ

どれも塗装が大幅に違うね。

アドルフ
アドルフ

Aパターンはジュラルミン地のシルバー1色。

Bパターンはジュラルミン地の上に緑色の斑迷彩を描いたもの。

Cパターンは下面がジュラルミン地のシルバーで上面は濃緑色。

ヴァルダ
ヴァルダ

塗装パターンだけでなく一部取り付けパーツも異なるので最初にどれを組み立てるか決めておこう。

今回はCパターンで作る予定だ。

レーナ
レーナ

このなかではCパターンが一番簡単そうかな?

反対にBパターンが難しそう。

ヴァルダ
ヴァルダ

ちなみにBパターンの迷彩、これは別売りのオプションとして迷彩デカールが発売されている。

気になる人はこちらを使ってみるのもいいだろう。

次回、製作開始!

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はここで中断。

次回から組み立てに入る。

レーナ
レーナ

実際はもう完成しているのは内緒だぞ。

アドルフ
アドルフ

ですな。

タミヤ純正キットですから、そこまで苦戦はしないでしょう。

レーナ
レーナ

以前作ったハセガワ製と並べたいところだね。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回は以上。

余談 今回の散財のコーナー

レーナ
レーナ

筆者が初詣ついでに補給してきたよ。

アドルフ
アドルフ

予備含めて0.5mm径のドリルが到着しました。

これで今後の作業も安心ですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

外に出ての補給だったので主に資材関連の調達になった。

なんとか積みは2個だけに留まった。

レーナ
レーナ

筆者が楽天やらアマゾンを眺めているのは内緒にしておこう。

アドルフ
アドルフ

今回は以上ですな。

レーナ
レーナ

続きは次回!

この記事で紹介しているキット

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました