タミヤ 1/35 III号戦車N型製作記①

戦車・装甲車等製作記
アドルフ
アドルフ

どうも、筆者に代わって本ブログの案内を担当しているアドルフです。

ヴァルダ
ヴァルダ

同じく、アホな筆者に代わって本ブログの案内を担当するヴァルダだ。

アドルフ
アドルフ

ヴァルダ殿、前回は新たな戦車を生産する予定が部品の補給の都合で止まってしまいましたが。

ヴァルダ
ヴァルダ

仕方がないので部品の補給があるため代わりのものの生産を進めよう。

今回そのティーガーの代役として進めることになる戦車はこちらだ。

ヴァルダ
ヴァルダ

タミヤより「III号戦車N型」だ。

アドルフ
アドルフ

ティーガーに比べるとやや知名度は低いですが、元々ドイツ軍の主力を務めていた戦車なんですよね。

ヴァルダ
ヴァルダ

うむ。III号戦車は機甲部隊の主力として対戦車戦を行うことを想定していた。

ところが戦争序盤は数が足りず、中盤には数が揃ってきたものの戦闘能力が不足、攻守ともに改良に限界が来たため長砲身に換装したIV号戦車やIII号突撃砲に対戦車戦闘の役目を譲ることになる。

ここで上記二車種が元々装備していた短砲身の75mm砲が余剰に。そこで同じくいらない子となっていたIII号戦車に装備させて火力支援車輌としたのがIII号戦車のN型なんだ。

アドルフ
アドルフ

元々火力支援を担当していたIV号、III突が対戦車戦を担当するようになりました。

入れ替わるようにIII号戦車は対戦車任務から歩兵や陣地を蹴散らす火力支援任務に。

ヴァルダ
ヴァルダ

火力支援用とはいっても成形炸薬弾を用いてある程度の対戦車戦闘も可能だとか。

さて、実車の解説はこれくらいにしてキットを見ていこう。

スポンサーリンク

キットの中身

ヴァルダ
ヴァルダ

車体の成型色はベージュ。履帯は接着可能なベルト式。

後に詳しく見ていくけど、マーキングは4種類。金属砲身とエッチングパーツも最初から同封されている。

塗装パターン

ヴァルダ
ヴァルダ

今回も塗装パターンによって一部選択が必要なパーツがあるので先にどの塗装で仕上げるか決め手から組立てに入る。

Aパターンはジャーマングレーに冬季迷彩を施したもの。

Bパターンはアフリカ戦線向けの二色迷彩。この塗装はマーキング違いでさらに二種類から選べる。

Cパターンは大戦後期にメジャーなダークイエローの下地にグリーンとブラウンを塗った三色迷彩。

今回はBパターンを選択する。

アドルフ
アドルフ

ちなみに筆者は以前このキットを組んだことがありそのときはAパターンを選択しました。

そのうちまた買ってきて残るCパターンでも作りそうですな。

砲塔の組立て

ヴァルダ
ヴァルダ

それでは作戦開始。

説明書では足回りから組むようになっていたけどアホな筆者は指示を無視して砲塔から組んでいく。

このキットは2008年ごろに発売されたんだけど完全な新作ではなく既存のIII号戦車シリーズの部品にこのFランナーを追加して発売したんだ。

アドルフ
アドルフ

こちらも同じく砲塔の部品が収まったCランナー。

上記2枚のランナーを主に使って砲塔を組んでいきます。

ヴァルダ
ヴァルダ

Cランナーは先に発売されていたL型からの流用。

勘のいい人なら気付いているかも知れないけど、実はこのN型のキット、デカール以外はL型のキットにそのままFランナーと金属部品を追加したものなんだ。

だからN型キットなのにL型として組むことも出来たりする。

アドルフ
アドルフ

寧ろ金属パーツがつく分お得かもしれない・・・・・・。

ヴァルダ
ヴァルダ

あまり深いことは考えずに組んでいく。

写真には撮り忘れていたけど砲身根本は上下に真っ二つなので合わせ目消しが必要。

アドルフ
アドルフ

砲塔での最初のディティールアップパーツはこちら。

AランナーのA31パーツ。これはクレーンなどで吊り下げるためのフックパーツなのでこれを簡単な方法でよりフックらしい形状にしましょう。

アドルフ
アドルフ

やり方は簡単、まず0.5mm径のピンバイスで開口。

アドルフ
アドルフ

そしてフックの下側にCの字状になるようにデザインナイフで切り欠いてやります。

アドルフ
アドルフ

改造したフックを砲塔にとりつけて前から見るとこんな感じに。

アドルフ
アドルフ

簡単ディティールアップをもう一つ。砲身と防盾の部分に隙間が出来ていますのでこれを埋めます。

アドルフ
アドルフ

面倒なので流し込み接着剤で柔らかくして埋めようと試みましたが隙間は埋まらず。

アドルフ
アドルフ

仕方がないので以前のティーガー同様、伸ばしランナーを流し込み接着剤で柔らかくした後ピンセットで突っついて埋める方法で仕上げました。

ヴァルダ
ヴァルダ

ある程度形になったらここで金属パーツを。

付属するのはIII号N型のトレードマークである短砲身75mm砲とエンジングリル等エッチングパーツ。

ヴァルダ
ヴァルダ

砲身基部は塗装パターンによって選択する必要がある。

また砲身は金属製のほかにプラ製のも付属する。

「金属パーツの扱いが苦手だ」「金属砲身を他のキットに使いたい」という人なんかはプラ砲身を使うといいかもね。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回は戦車兵の人形を乗せる予定なので大体組み終わったら内部の塗装。

基本色はガイアノーツのインテリアカラー。

アドルフ
アドルフ

細かいところはタミヤカラーのカーキ、ガンメタル、ブラックで塗り分けます。

アドルフ
アドルフ

塗り終わりましたら砲塔上下を貼り合わせます。

その後スミ入れ。今回はタミヤエナメルのブラウンで軽く。

ヴァルダ
ヴァルダ

ハッチ類はとりあえず接着せず保留。

砲塔の組立てが終わったところで今回の作業は中断にしよう。

この記事で作っているキット

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました