タミヤイタレリ 重装甲車Sd.Kfz.234/1 製作記⑤

戦車・装甲車等製作記
アドルフ
アドルフ

タミヤイタレリのSd.Kfz.234/1を作っていきましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は組み立て作業を完了させた。

今回は塗装やマーキング作業を行おう。

レーナ
レーナ

次かその次辺りの記事で完成かな?

アドルフ
アドルフ

おそらく。

筆者はこのキットの次のものに着手しているようですな。

レーナ
レーナ

早く作らないと記事が追いつくよ。

ヴァルダ
ヴァルダ

さて今月はいくつ完成するかな。

 

スポンサーリンク

下地を作る

ヴァルダ
ヴァルダ

Part1の記事でも少し触れたけど、このキットでは2種類の塗装からの選択となる。

いずれも車体はダークイエローの単色塗装。

ただし筆者が今回選んだAパターンはその上から更に白い冬季迷彩が施されている。

アドルフ
アドルフ

時期は1944年から翌年にかけての冬となっていますな。

1945年の1月12日からソ連軍によるヴィスワ・オーデル攻勢が始まっていますから、この辺りでしょうか。

レーナ
レーナ

筆者としてはこの時期は西部戦線のアルデンヌ攻勢、ラインの護り作戦の印象が強いんだよね。

アドルフ
アドルフ

とりあえずまずは下地を塗っていきます。

エッチングパーツが多いのでクレオスのプライマー入りサフを吹きつけていきます。

資材と時間の節約のため、とりあえずエッチングパーツのみピンポイントで塗っていきます。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥301 (2022/10/07 14:35:22時点 Amazon調べ-詳細)

 

レーナ
レーナ

筆者は透明なプライマーも持っているけど、何か明確な使い分けの基準とか或るのかな?

アドルフ
アドルフ

基本的にエッチングパーツが多いとプライマー入りサフを使うことが多いですね。

こちらのほうが着色されているので、塗り忘れ防止にもなるのだとか。

アドルフ
アドルフ

続いて陰色を。

今回はダークイエローの車体色になるので、茶色系をチョイス。

クレオスのマホガニー色サーフェイサーを全体に吹き付けます。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥306 (2022/10/07 13:01:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

ヴァルダ
ヴァルダ

この車輌、特に複雑なサスペンション類の塗装が難しい。

プラ地が見えないように、念入りに塗っていこう。

レーナ
レーナ

今回タイヤとかも全部バラバラにしているから、ちょっと時間がかかるね。

アドルフ
アドルフ

ただタイヤを接着しているとサスペンション類が塗りにくいので・・・・・・。

 

 

本体色の塗装

アドルフ
アドルフ

続いて本体色ですが・・・・・・

その前にタイヤ色を吹き付けておきます。

今回は手元にあった水性ホビーカラーのタイヤブラックを吹きつけておきます。

 

レーナ
レーナ

筆者には珍しい、水性ホビーカラーのエアブラシ吹き。

アドルフ
アドルフ

タイヤブラックのラッカー系塗料が無かったので。

車体は本ブログではお馴染み、ガイアカラーのダークイエロー2です。

あまりに頻繁に使うので筆者も余分に在庫を抱えていますな。

created by Rinker
ガイアカラー
¥570 (2022/10/07 14:12:01時点 Amazon調べ-詳細)

 

ヴァルダ
ヴァルダ

これでしばらくは大丈夫だろう。

今回は基本が単色なので、これでエアブラシ塗装は終了だ。

アドルフ
アドルフ

タイヤ部分の塗り分けは簡易的に行っています。

先に塗ったタイヤブラックを避けるように、ダークイエローを細吹きしています。

多少のはみ出しはウェザリングで誤魔化しましょう。

 

 

筆で細かいところを塗り分ける

アドルフ
アドルフ

続いて細かい装備を塗り分けます。

機銃やら工具類やら・・・・・・。

ヴァルダ
ヴァルダ

エッチングパーツで取り付けに苦労したジェリカンのバンド。

これも塗り分けが必要だ。

バンド本体はカーキ

留め具はシルバーで塗り分ける。

created by Rinker
タミヤ
¥392 (2022/10/07 17:35:25時点 Amazon調べ-詳細)

 

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥120 (2022/10/07 14:54:30時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

あんまり力を入れて塗ると外れるから慎重に・・・・・・。

ヴァルダ
ヴァルダ

留め具のシルバー部分はドライブラシ感覚で塗ると上手くいくかな。

筆に塗料を含む

ティッシュなどでシルバーをほとんどふき取って、わずかに塗料が筆に残った状態にする

軽く擦り付けるように塗る

・・・・・・みたいな。

 

マーキング作業

アドルフ
アドルフ

Part1の記事からの画像使い回しですが・・・・・・

キット付属のデカールがこちら。

バイク用のデカールがほとんどなので、実際に使用するのは少ないですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回の塗装パターンでは砲塔の国籍マークのみだ。

所属不明車輌だけあって、車体にはナンバープレートのデカールも貼り付けない。

今回の戦果

 

レーナ
レーナ

貼り付けるとこんな感じに。

大戦末期だけあってマーキング類が少なくて、ちょっと寂しいかな。

ヴァルダ
ヴァルダ

この後の冬季迷彩で少し表情をつけていこう。

今回はここまで。

次回はその冬季迷彩やウェザリング作業を行う予定だ。

レーナ
レーナ

続きは次回!

この記事で作っているキット

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました