タミヤイタレリ 508CMコロニアーレ 製作記①

戦車・装甲車等製作記
レーナ
レーナ

模型大隊戦闘日誌、始まるよ!

アドルフ
アドルフ

前回はタミヤイタレリの8輪重装甲車Sd.Kfz234/1を完成させましたな。

ヴァルダ
ヴァルダ

同じく、タミヤイタレリで前日再販されたものがある。

それを作っていこう。

アドルフ
アドルフ

あれですな。

レーナ
レーナ

なんかあったね。

 

スポンサーリンク

今回のお題 タミヤイタレリ 508CMコロニアーレ

ヴァルダ
ヴァルダ

今回作るのはこちら。

タミヤイタレリより

508CMコロニアーレだ。

正式な商品名は「ドイツ・イタリア軍スタッフカー 508CMコロニアーレ」

アドルフ
アドルフ

先日(2022年1月)の再販品ですな。

公式HPによると初回生産は2013年8月のようですな。

レーナ
レーナ

約9年前ってことかな?

 

 

508CMコロニアーレとは?

ヴァルダ
ヴァルダ

これは第二次世界大戦で用いられた軍用車だ。

開発はイタリアのフィアット社。

純粋な軍用車ではなく1930年代に作られた同社の乗用車、508バリッラをベースに軍用として改められたものだ。

アドルフ
アドルフ

乗用車をベースにした軍用車・・・・・・

ドイツ軍のキューベルワーゲンみたいなものですかな。

ヴァルダ
ヴァルダ

コロニアーレは「植民地仕様」の意味とのこと。

当時欧米の植民地であったアフリカの熱帯地での運用を前提にしたのだろう。

戦闘用車輌ではないので華々しい活躍をしたわけではないが、第二次世界大戦の各戦場でイタリア軍将兵の脚として活躍した。

1943年にはイタリアが休戦するんだけど、それ以降は他のイタリア軍車輌同様ドイツ軍によって接収・再利用させる。

レーナ
レーナ

セモベンテM42とかみたいな。

【2021年10月】タミヤイタレリ セモベンテM42 da75/34(ドイツ軍仕様) 製作記①【新製品】
レーナ 模型大隊戦闘日誌、始まるよ! アドルフ 現在筆者が開催中のハセガワA帯日本機祭り。 その2弾として、雷電二一型が完成しました。 今回も引き続き航空機を・・...
ヴァルダ
ヴァルダ

その場で手に入るからか、主にイタリア戦線に展開していたドイツ軍がこれらの装備を使っていたようだ。

例によって、追加の改修を行ったものも存在する。

アドルフ
アドルフ

この辺りはチェコやフランス製の兵器にも改修を施していますな。

ヴァルダ
ヴァルダ

本場イタリアのメーカーから発売されたイタリア軍用車キット。

再販されたタミヤイタレリシリーズのそれを作ってみよう。

 

箱の中身を確認する

ヴァルダ
ヴァルダ

それでは箱の中身を確認しよう。

箱の中身はこんな感じ。

お馴染みの注意書きびっしりの袋に入っているのがイタレリパーツだ。

レーナ
レーナ

一目でわかるよね。

イタレリ製品はOEMとして他社製品でもこの状態で出てくるし。

ヴァルダ
ヴァルダ

まずはイタレリ製ランナーから。

ランナーは3枚で、内1枚は幌収納時やドイツ軍のノテックライトなど選択式の部品が収まっている。

アドルフ
アドルフ

明らかに後付けしたような感じですな。

 

 

ヴァルダ
ヴァルダ

続いてタミヤ製パーツのランナー。

画像左はイタリア兵。

2体分付属するが、これはカーロ・アルマートM13/40をはじめタミヤのイタリア車輌に付属するものと同一だ。

 

レーナ
レーナ

また君達か壊れるなぁ。

ヴァルダ
ヴァルダ

画像右のランナーはドイツ兵が1体付属。

こちらはランナータグ裏に「49650」と刻印されている。

調べたところ、かつてチェコのCMK社製のフォルクスワーゲンタイプ87とタミヤ製運転手のセットがその品番で発売されていたようだ。

筆者は実際に手に取ったことは無いけど、おそらくその運転手の流用かと思われる。

アドルフ
アドルフ

見た感じ、近年はあまり見かけないキットのようですな。

 

ヴァルダ
ヴァルダ

その他付属品。

窓ガラスはイタレリ製パーツで、打ち抜き済みプラバンとなっている。

これは同じタミヤイタレリのM47パットンに付属したレインガードと同じような感覚だね。

タミヤイタレリ新作 素敵なおまけがついたM47パットンを作る①
アドルフさて、インフィニットジャスティスを作りますか。ヴァルダそのまえにあれだ、アホな筆者がそれと同じく購入してきた新商品プラモを紹介しておかないといけない。アドルフあれですね。ヴァルダうむ、あれだ。...
レーナ
レーナ

デカールは車輌に貼るイタレリ製と兵士に貼るタミヤ製に分かれているね。

・・・・・・タミヤの方は「イタリア軽戦車L6/40」って書いてあるんだけど。

アドルフ
アドルフ

かつてタミヤイタレリシリーズ以前に、タミヤはスケール限定シリーズのほうでイタレリ製のL6/40軽戦車を発売していたようです。

おそらくそれの流用品かと。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥10,400 (2022/05/23 19:26:16時点 Amazon調べ-詳細)
ヴァルダ
ヴァルダ

筆者は同じスケール限定シリーズでP40は購入したけど、L6は持っていないようだね。

こちらもまた再販して欲しいところ。

アドルフ
アドルフ

P40はガルパンの影響か2010年代に一度再販されていますからね。

その後プラッツからそのガルパン・アンツィオ高校仕様でも発売されていますな。

余談ですが今回作るコロニアーレもOVAにてアンツィオ高校が使用しています。

マークに余裕がある方はこちらで作るのもよいかと。

【2021年9月】プラッツ P40重戦車(アンツィオ高校) 製作記①【新製品】
レーナ 模型大隊戦闘日誌、始まるよ! アドルフ 前回はタミヤの古いほうのIV号駆逐戦車ラングのキットを用いて、IV号駆逐戦車F型を完成させましたな。 今回もまた駆逐戦車...

ヴァルダ
ヴァルダ

紙媒体は3枚。

車体の組み立て説明書、兵士の組み立て説明書、そしてTech Tips!

車体の説明書はイタレリのものをそのまま使い回している。

アドルフ
アドルフ

車輌の解説については兵士の説明書に日本語表記がありますな。

ヴァルダ
ヴァルダ

塗装図は車輌の説明書内に記載されている。

このキットでは4種類の塗装から選択出来るようになっている。

イタリア・ドイツ両軍で用いられた車輌だけど、本キットでは伊独それぞれ2種類ずつ収録されている。

アドルフ
アドルフ

それぞれ・・・・・・

  • A イタリア陸軍 第132機甲師団アリエテ 1942年北アフリカ
  • B イタリア陸軍 1943年 バルカン半島
  • C ドイツ空軍 1944年 南フランス・プロバンス
  • D ドイツ空軍 第4空挺師団 1944/45年 北イタリア

となっています。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回は赤十字マークが目立つDの塗装図で進める予定だ。

一見冬季迷彩に見えるけど、兵士側の説明書に書かれている解説によると元から白一色の車輌らしい。

ちなみにこの塗装パターンのみ、幾つかパーツを挿げ替えたりする必要がある。

レーナ
レーナ

どれも個性的だから筆者も迷っていたみたいだね。

もう一個買って来ようか?

アドルフ
アドルフ

他のキットも順番待ちしているので一旦待ったを出しておきましょう。

筆者は他のイタリア戦車と組み合わせられるAのアリエテ師団と迷ったようですが。

 

次回、製作開始!

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はここまで。

次回から作業を開始しよう。

レーナ
レーナ

見た感じ部品は少なそうだけど・・・・・・。

アドルフ
アドルフ

パーツの合い次第ですな。

近年のイタレリ製品はそこまでひどくないみたいですが。

ヴァルダ
ヴァルダ

筆者はスケールモデル初心者時代にタミヤWBシリーズのイタレリ製品、MC.202フォルゴーレで思いっきり躓いたからね。

ガンプラとの違いを思い知ったというか。

レーナ
レーナ

んでも忘れた頃にまた作りたくなるという。

ヴァルダ
ヴァルダ

よくあることだ。

それでは次の作業に備えよう。

レーナ
レーナ

続きは次回!

この記事で紹介しているキット

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました