ドイツレベル ホルテンGo229 製作記③

※記事内に広告を含む可能性があります

航空機等製作記
アドルフ
アドルフ

ドイツレベルのホルテンGo229(Ho229)を作っていきましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回はコクピット内部を組んだ。

今回はほかの内部パーツを組んでみよう。

レーナ
レーナ

筆者がなんかまた通販サイトを物色しているよ。

アドルフ
アドルフ

タカラトミーの公式がゾイドのアニメを配信していたので、それの影響ですな。

筆者はガンプラやスケールモデルの前にゾイドを作っていたので。

現在はタカラトミー(旧トミー)製品というより、コトブキヤのHMMシリーズをよく見かけますが。

created by Rinker
壽屋(KOTOBUKIYA)
¥9,440 (2024/02/25 05:13:14時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

そのうち復活してここでも作るのかな?

ヴァルダ
ヴァルダ

気になるところだけど、その前に積み処理だ。

ホルテンを進めよう。

 

 

スポンサーリンク

エンジンパーツの取り付け

アドルフ
アドルフ

ホルテンの動力はジェットエンジン。

吸気口と排気口があるので、それぞれ組み立てましょう。

合わせ目は前回接着済みなので、それの整形をしつつ……。

レーナ
レーナ

エンジンは確かユンカースJumo004だっけ。

Me262とかでもお馴染みの。

アカデミー メッサーシュミットMe262C-1a 製作記①
レーナ模型大隊戦闘日誌、始まるよ!アドルフ前回はタミヤのシャーマンイージーエイトが完成しましたな。今回は戦闘機を作るようですが……。ヴァルダ筆者が数年間積んでいた戦闘機キットを作っていこう。レーナ今回のは何年間積んだのかな?ヴァルダ詳しいこ...

アドルフ
アドルフ

そして組み込み。

吸気口は機体前部の23番パーツに接着。

排気口は前回コクピットを組み込んだ4番パーツに接着します。

レーナ
レーナ

奥まった部分はスプレー類の霧が入りにくそう。

この段階で筆塗りしてもいいかもね。

アドルフ
アドルフ

どうもこのキット、内部が外からもある程度見えるようですな。

ある程度……なので、この段階では詳しいことは不明ですが。

 

内部フレームの組み立て

アドルフ
アドルフ

そんなこんなでそれら内部のフレームパーツを組んでいきます。

フレームのほか、武装の30mm機関砲、胴体上部も用意しましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

Go229の武装は30mm機関砲(MK103)×2が計画されていたようだ。

実戦参加した機体としてはヘンシェルHs129やフォッケウルフFw190などが装備している。

サイズと反動が大きかったため、それらの機体はガンパック形式で外付けしていたけど。

アドルフ
アドルフ

既存の航空機では

  • 機首に収めるには大きすぎる
  • 主翼に収めると反動が大きすぎてもげる

……といった理由ですな。

アドルフ
アドルフ

取り付けるとこんな感じに。

一見細かいように見えますが、ここは特に難しい場所ではありませんな。

レーナ
レーナ

この状態でも見栄えがするね。

 

押し出しピン跡を処理する

アドルフ
アドルフ

ここで前回も少し触れた、前輪格納庫にくる押し出しピン跡を処理します。

どうも内部パーツで隠れるわけでもありませんので……。

レーナ
レーナ

2つあるね。

前輪接続部分のは奥まった箇所にあるから難しそうだけど……。

アドルフ
アドルフ

処理後はこんな感じに。

後部のは出っ張っている&平面にあるのでただ削るだけですが……

前輪接続部のは奥まっている部分にある凹んだ跡なので、少し難しいですな。

  • タミヤパテで埋める
  • モデリングチゼルで削る
  • 溶きパテを塗ってごまかす

といった感じにして仕上げています。

created by Rinker
ハセガワ(Hasegawa)
¥1,273 (2024/02/25 02:56:17時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

なんかかなり適当な仕上げに。

ヴァルダ
ヴァルダ

主脚をたたんだ飛行状態で組むのが一番楽かもね。

ちなみに飛行状態で組む際、前輪接続部分を削る必要がある。

そのままだとたたんだ前輪カバーに干渉するからね。

アドルフ
アドルフ

今回は主脚を出した着陸形態で作ります。

今回の戦果

ヴァルダ
ヴァルダ

ここまでできたら胴体の上下と前部を合わせる。

再び接着乾燥待ちだ。

レーナ
レーナ

ようやくそれらしくなってきたね。

アドルフ
アドルフ

現存する実機V3も主翼が失われてこの状態で保管されているようですな。

主翼の断面がキットで再現されているのも、それを意識しているのかもしれません。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はここまで。

裏では乾燥待ちに細かい部品を進めているので、次回はそれの紹介になるだろう。

レーナ
レーナ

続きは次回!

この記事で作っているキット

created by Rinker
ドイツレベル(Revell)
¥1,959 (2024/02/25 17:50:08時点 Amazon調べ-詳細)

【新品・中古】プラモデルを買うなら駿河屋

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました