ハセガワ 九七式司令部偵察機I型 製作記②

航空機等製作記
アドルフ
アドルフ

ハセガワ社の2機セット商品。

百式司令部偵察機とセットになっていた九七式司令部偵察機を作っていきましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は付属品を確認した。

今回は組み立て作業。

コクピット内部をメインに進めていく。

レーナ
レーナ

以前作ったマイクロエース製品と比べたいところだね。

マイクロエース 九七式司令部偵察機1型 製作記①
レーナ 模型大隊戦闘日誌、始まるよ! アドルフ 前回はフジミの彩雲が完成しましたな。 今回は何を作るのでしょうか。 ヴァルダ 今...
アドルフ
アドルフ

今回のハセガワ・以前のマイクロエース。

共に元は別のメーカーから出ていたもの同士ですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

お互い年代物のキットだ。

それでは組み立てを開始する。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

まずは合わせ目消し

アドルフ
アドルフ

手始めに合わせ目消し。

  • 主翼
  • カウリング
  • 主脚

を貼り合わせていきます。

本キットの主脚はスパッツ部分とタイヤ部分が一体整形となっています。

レーナ
レーナ

ちょっと安っぽく感じる人もいるけど、こっちのほうが組み立ては簡単なんだよね。

合わせ目消しについては過去記事参照だよ。

初心者向け? HGUCグフで学ぶ合わせ目消し
アドルフ 最近更新速度が遅いと思ったら今度は一日二回投稿ですか。 ヴァルダ うむ。 また筆者が初心者向けの記事を考えたのでそれをまとめる。 アドル...

 

エンジンの組み立て

アドルフ
アドルフ

コクピットを組み立てたいところですが……

先に構造がややこしそうなエンジンに手を付けておきます。

ヴァルダ
ヴァルダ

エンジンパーツに3本の排気管を取り付ける。

ちょっと位置関係とかがややこしいかもね。

ヴァルダ
ヴァルダ

シリンダー裏側にある凹み部分に合わせて、各排気管パーツを接着する。

エンジン(14番パーツ)は中央の裏側に凸ピンがあり、それが機体との接着時に最上部にくる。

レーナ
レーナ

とりあえず左側から排気管が一本、右側から二本飛び出る格好にして……。

ヴァルダ
ヴァルダ

エンジンは一旦これで置いておく。

コクピットの組み立てに移ろう。

コクピットの組み立て

アドルフ
アドルフ

こちらがコクピットのパーツ。

どうやら原型のマニアホビー製品は70年代には存在したようです。

同じマニアホビー一族である九七艦攻同様、当時としては作りこまれた内部が特徴的です。

ハセガワ 1/72 九七式三号艦上攻撃機 製作記②
アドルフ ハセガワA帯より、九七式三号艦上攻撃機を作っていきます。 ヴァルダ 前回は部品紹介をした。 今回はコクピットを組み立てていこう。 レ...

ヴァルダ
ヴァルダ

組み立てるとこんな感じに。

後部区画にある32番パーツはまだとりつけない。

レーナ
レーナ

なんか覗き窓の上にくるみたいだね、このパーツ。

ヴァルダ
ヴァルダ

胴体側面はカメラ用の穴が最初か開いている。

機器類も再現されているけど、押し出しピン跡もある。

機器類に注意しつつ削って処理しよう。

アドルフ
アドルフ

カメラ部分はクリアーパーツを内部から接着する方式のようですな。

とりあえず塗装の後にとりつけましょう。

コクピットの塗装

ヴァルダ
ヴァルダ

内部があらかた組み終わったので、ここで塗装を済ませる。

九七式司偵は三菱の飛行機。

キットの指定もコクピット色(三菱系)となっているのでそれに合わせる。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥136 (2023/02/07 06:48:01時点 Amazon調べ-詳細)
アドルフ
アドルフ

本機は胴体下に偵察窓があります。

コクピット床裏も塗っておきましょう。

アドルフ
アドルフ

その後は細かいところを塗り分けて計器のデカールを貼り付け。

計器は凸凹していたのでマークセッター・ソフターを使うといいでしょう。

レーナ
レーナ

さっき接着しなかった32番パーツもここで接着。

塗装面が溶けないように、ここはセメダインのハイグレード模型用を使って接着してみたよ。

created by Rinker
セメダイン(Cemedine)
¥364 (2023/02/07 10:08:18時点 Amazon調べ-詳細)

 

偵察窓の加工

ヴァルダ
ヴァルダ

さて、九七式司偵は側面に3つの偵察用窓が開いているんだけど……

このキットの機体はその内の1つが埋められている。

説明書では単純に塗り潰す指示が出ているけど、塗装図やボックスアートでは完全に埋められてモールドすらない。

なので今回はそちらに合わせることに。

アドルフ
アドルフ
  • ちょっとした隙間だった
  • 乾燥時間が短い

ので、今回はタミヤパテ(ラッカーパテ)を使用してみました。

加工後はこんな感じに。

ヴァルダ
ヴァルダ

普通に埋めるだけだと内部にパテ色が浮かんでしまう。

クリアーパーツは内部からコクピット色で塗っておこう。

 

胴体を接着する

アドルフ
アドルフ

内部を軽くウェザリングし、加工が終了したのでいよいよ胴体を貼り合わせます。

胴体下には偵察窓のクリアーパーツを接着しておくのを忘れずに……。

レーナ
レーナ

偵察窓のパーツは押し込むと内部に落ちちゃうから注意してね。

胴体下のはちょうどさっきのコクピットパーツが押さえている形になるから大丈夫だけど。

 

今回の戦果

アドルフ
アドルフ

そのまま主翼パーツも胴体に接着してしまいましょう。

これで大体飛行機の形にはなりましたな。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はここで作業を中断。

次回は残りの部品を組み込んで一気に組み立てを終了する予定だ。

レーナ
レーナ

続きは次回!

この記事で作っているキット

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました