ハセガワ 九九式襲撃機/軍偵察機 製作記④

※記事内に広告を含む可能性があります

航空機等製作記
アドルフ
アドルフ

ハセガワの九九式襲撃機を進めます。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は風防などを取り付けて全体の組み立て作業を終えた。

今回は塗装とマーキングを行う。

レーナ
レーナ

筆者の作業速度が上がらないね。

アドルフ
アドルフ

実際は軍偵察機型と並行していますからね。

特に塗装は並行するとその分トラブルが発生しやすく。

ヴァルダ
ヴァルダ

「Aの機体にBの塗装を施してしまう」

なんてよくあることだ。

ここで語っている時間が惜しいほど迫っているので、さっさと作業を再開しよう。

 

 

スポンサーリンク

塗装図の確認

アドルフ
アドルフ

今回のキットは2機セットのコンボキット。

3種類の塗装から2つを選んで進めていくことになります。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回は1番の襲撃機と2番の軍偵察機を選んだ。

軍偵察機は後で紹介する。

とりあえず1番の襲撃機で流れを説明していこう。

レーナ
レーナ

見た感じ単色塗装のようだね。

すぐ終わりそう。

 

下地作り

アドルフ
アドルフ

最初は下地作り。

  • 風防にコクピット色(三菱系)
  • 全体にMr.サーフェイサー1000番

の順に塗っていきます。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥595 (2024/02/29 23:12:26時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

ここはいつも通り……。

基本塗装

アドルフ
アドルフ

続いて単色の機体本体色を。

キットの指定であるMr.カラーの明灰白色1を吹き付けます。

プロペラスピナーもこの色なので、一緒に塗っておきましょう。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥374 (2024/02/29 11:05:57時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

あれ、陸軍機なのに海軍機っぽい色を使うんだね。

三菱の機体だからかな?

アドルフ
アドルフ

しかし以前の九七司偵も三菱でしたが、あちらは灰緑色指定……。

ハセガワ 九七式司令部偵察機I型 製作記④
アドルフハセガワの九七式司令部偵察機を作っていきます。ヴァルダ前回は組み立てを終えた。今回は塗装とマーキングを済ませよう。レーナここから先は簡単そうな。アドルフ今回のはシンプルそうな塗装ですからね。ヴァルダサクッと片付けてしまおう。それでは...
レーナ
レーナ

謎だね。

どっちのキットも発売はそこまで古くないから、考証も古くなさそうだし。

ヴァルダ
ヴァルダ

他の部分も一緒に吹きつけ塗装を済ませる。

エンジン・機銃のMr.カラーの黒鉄色ぐらいだけどね。

爆弾は後で筆塗り予定。

これでエアブラシの出番は終了だ。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥374 (2024/02/29 07:31:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

マーキング

アドルフ
アドルフ

続いてデカールを貼り付け。

ご丁寧に塗装ごとに分かれて印刷されています。

今回は1番の塗装なので、最上段のものを使います。

レーナ
レーナ

計器類は実際には使用済みだよ。

今回の戦果

アドルフ
アドルフ

貼り付けるとこんな感じに。

発売から10年近く経っているものですが、特に問題なく貼り付けることができました。

ヴァルダ
ヴァルダ

ついでに筆塗り。

先ほどの爆弾の他、タイヤや翼端灯、プロペラなどを塗り分ける。

レーナ
レーナ

ここも塗り分けが少ないからそこまで苦戦せずに……。

ヴァルダ
ヴァルダ

作業に記事が追いつきかけているので、今回はここで中断。

次回はウェザリングで完成予定だ。

レーナ
レーナ

続きは次回!

この記事で作っているキット

【新品・中古】プラモデルを買うなら駿河屋

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました