ハセガワ 1/72 二式複座戦闘機屠龍甲 製作記④

※記事内に広告を含む可能性があります

航空機等製作記
アドルフ
アドルフ

ハセガワのキ45改こと二式複座戦闘機、屠龍を作っていきましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は主翼と胴体の接合面を整形し、全体の形を整えた。

今回は風防を取り付けて全体の組み立てを終了し、そのまま塗装とマーキングも済ませてしまおう。

レーナ
レーナ

今回は一気に進むみたいだね。

アドルフ
アドルフ

そのおかげで筆者の作業に記事が追いつきそうなのですが。

ヴァルダ
ヴァルダ

これはまた近々臨時休業になるだろう。

それでは作業を再開する。

スポンサーリンク

風防などクリアーパーツの取り付け

アドルフ
アドルフ

手始めに風防を取り付け。

その前に合わせ目の整形時に削った箇所を塗り直しておきましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

照準器はクリアーパーツ。

ただほとんどは塗りつぶしてしまう。

それとクリアー部分はほとんど残らない上に接着箇所から離れているので、瞬間接着剤で接着してしまっている。

この距離なら白く曇らないだろう。

アドルフ
アドルフ

風防は3パーツ構成。

それと各部に取り付けるクリアーパーツを用意します。

胴体後部上下に取り付けるF1番パーツ×2はかなり小さいので、紛失に注意しましょう。

レーナ
レーナ

F1パーツは画像下段右側の小さいやつだよね。

1つしか写っていないんだけど。

アドルフ
アドルフ

筆者がこの時点では1つしか使わないと思い込んでいたようです。

塗装直前になってから追加で用意していますな。

アドルフ
アドルフ

風防3つは隙間も発生せずピタリとはまります。

ここは好ポイントですな。

レーナ
レーナ

後部風防は開放されているね。

塗装時に吹き込まないといいんだけど。

アドルフ
アドルフ

その後はクリアーパーツ類のマスキング。

機首先端のR1番パーツや先ほどのF1番パーツは丸くて小さいパーツです。

テープでは難しいので、マスキングゾルでも塗って処理しましょう。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥663 (2024/05/22 06:28:43時点 Amazon調べ-詳細)

組み立て完了!

アドルフ
アドルフ

風防はテープを切り刻んでマスキング。

窓枠数はそんなに多くない上に窓が大きいので比較的容易です。

後部座席はテープだけでなく、丸めたキムワイプも突っ込んでおきます。

created by Rinker
日本製紙クレシア(NIPPON PAPER CRECIA)
¥599 (2024/05/21 19:55:07時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

「双発機は組みにくい」

って筆者は敬遠していたようだけど、今回はそんなに苦戦しなかったかな?

胴体と主翼の接合面整形で時間がかかったぐらいで。

ヴァルダ
ヴァルダ

そのまま塗装に入ってしまおう。

塗装図の確認

ヴァルダ
ヴァルダ

キットに付属の塗装図はこんな感じ。

商品名通りいずれも飛行第13戦隊の所属機で、迷彩の有無で2種類から選択する。

今回は塗装図1の迷彩なしパターンで進める。

アドルフ
アドルフ

迷彩ありのパターンは後日別の屠龍で作る予定ですな。

下地の塗装

アドルフ
アドルフ

手始めに下塗り系から。

  • 風防の下塗り→Mr.カラーのRLM79サンドイエロー
  • 全体の下塗り→Mrサーフェイサー1000
  • 黄色帯下塗り→ガイアノーツのサーフェイサー・エヴォホワイト
  • 黄色帯→Mr.カラーの黄橙色(オレンジイエロー)

ですな。

黄色帯はデカールが付属しますが、今回は塗装で済ませてしまいます。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥374 (2024/05/21 20:11:48時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

ついでに小物類も塗装。

  • プロペラ→Mr.カラーの赤褐色
  • 主脚・尾輪→Mr.カラーのシルバー

だよ。

ヴァルダ
ヴァルダ

この辺りで隙間ができていたエンジンの付け根を少し整形している。

なので本体のサーフェイサー吹きの最中に、小物類を塗っていたり。

レーナ
レーナ

なんか文字だけだとややこしいなぁ。

アドルフ
アドルフ

筆者が別の屠龍を進めています。

覚えていれば、そちらで解説する可能性がありますな。

本体色の塗装

アドルフ
アドルフ

黄色帯をマスキングして、機体色を塗ります。

本体色は日本陸軍機ではお馴染み、Mr.カラーの灰緑色です。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥374 (2024/05/22 00:48:05時点 Amazon調べ-詳細)
ヴァルダ
ヴァルダ

迷彩は施さないので、これでエアブラシ塗装は終了だ。

レーナ
レーナ

黄色帯のマスキングを剥がすとこんな感じ。

……ちょっとがたついているかな。

アドルフ
アドルフ

筆者が黄橙色を厚塗りしていた上に、急いでマスキングをしましたからね。

おそらく塗装面が完全に乾く前にテープを貼り付けてしまったのでしょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

後で銀はげ汚しなどをしてそれらしくしよう。

マーキング!

アドルフ
アドルフ

キット付属のデカールはこんな感じです。

尾翼の部隊マーク以外はシンプルな内容ですな。

レーナ
レーナ

中古品だけどツルツルした表面で質的には問題なさそうだね。

ヴァルダ
ヴァルダ

貼り付けるとこんな感じに。

マークソフターなどのデカール軟化剤を使えば、モールド部分にも馴染んでくれる。

ただデカールの分浅くなるので、デザインナイフなどでモールドに沿って切れ込みを入れておくといいだろう。

レーナ
レーナ

中古品だけど崩れたりはしなくて大丈夫だったね。

今回の戦果

アドルフ
アドルフ

その後はタイヤやピトー管など、各部の細かい塗り分け。

だいぶそれらしくなりましたな。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はここで中断。

次回はウェザリングをして完成予定だ。

レーナ
レーナ

続きは次回!

【新品・中古】プラモデルを買うなら駿河屋

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました