HG ハインドリー 製作記①

※記事内に広告を含む可能性があります

ガンプラ製作記録
レーナ
レーナ

模型大隊戦闘日誌、始まるよ!

アドルフ
アドルフ

前回はタミヤの新作、IV号駆逐戦車/70(A)が完成しましたな。

今回は……。

ヴァルダ
ヴァルダ

筆者が先日物資の補給に行った際にガンプラを購入してきた。

今回はそれの仮組み・紹介をする。

レーナ
レーナ

なんか箱があるね。

月末なのに新しい購入品が……。

アドルフ
アドルフ

そういえば本日は月末でしたな。

恒例の集計はこの記事の最後に載せておきましょう。

 

スポンサーリンク

今回のお題 HG ハインドリー

ヴァルダ
ヴァルダ

今回作るのはこちら。

ガンプラの水星の魔女HGシリーズより

ハインドリーだ。

アドルフ
アドルフ

現在絶賛放送中の水星の魔女。

ここでそのガンプラを作るのはチュチュ専用デミトレーナー以来ですな。

【2022年11月】HG デミトレーナー(チュチュ専用機) 製作記①【新製品】
レーナ 模型大隊戦闘日誌、始まるよ! アドルフ 前回はタコムから新発売された超重戦車、VK168.01(P)が完成しました。 今回は……。 ヴァルダ 先日筆者が購入してきたガンプラの新作があ...
【2022年12月】HG デミトレーナー用拡張パーツセットをチュチュ専用機と楽しむ① 【新製品】
レーナ 模型大体戦闘日誌、始まるよ! アドルフ 前回はHGUCのケンプファーが完成しましたな。 今回は…… ヴァルダ 新製品レビューといこう。 今月発売の新製品が手元にあるからね。 ...
ヴァルダ
ヴァルダ

このキットはHG水星の魔女シリーズ第16弾として2023年2月に発売された。

価格は2023年5月現在税込み1760円となっている。

レーナ
レーナ

グラスレー社のMSだね。

そういえばこの機体、本編で出てきたっけ?

アドルフ
アドルフ

設定自体は早期に公開されていましたが……

初登場は2期に入ってから。

14話のオープンキャンパスでの模擬戦、ランブルリングでグラスレー寮のサビーナ&レネが搭乗していたぐらいですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

14話の放送日が2023年の4月16日。

キットのほうが映像に登場するよりも早く発売してしまっている。

 

箱の中身を確認する

ヴァルダ
ヴァルダ

とりあえず開封。

中身はこんな感じとなっている。

レーナ
レーナ

ネタバレを防ぐためかな。

パイロット関係の情報は一切載っていないね。

アドルフ
アドルフ

ランナー紹介。

まずはAランナー。

ハインドリーの特徴であるブルーグリーンの成型色ですな。

主に前腕や胴体、頭部や武器の部分が収まっています。

ヴァルダ
ヴァルダ

真ん中の胴体と前腕パーツ以外はおそらくこのキット専用。

スイッチで分けられている。

レーナ
レーナ

スイッチ?

アドルフ
アドルフ

ランナーをよく見ると、Tの字型にズレており「-」状の出っ張りが浮かんでいる箇所がありますよね。

これがスイッチですな。

金型流用をするバリエーション機ではここを切り替えて、成型する部品としない部品を選んでいるようです。

ヴァルダ
ヴァルダ

先日ハインドリーのバリエーション機であるハインドリーシュトルムが発売されたようだけど……。

ハインドリーのパーツが流用されているはず。

筆者はまだ購入していないけど。

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥1,782 (2024/02/23 13:07:23時点 Amazon調べ-詳細)

アドルフ
アドルフ

続いてBランナー。

ここは手足のブルーグリーン部分ですな。

レーナ
レーナ

ここもスイッチがあるね。

ランナーの左下部分に不自然な空間があるけど、ここにバリエーション機のパーツが入りそうな。

ヴァルダ
ヴァルダ

Cランナーはグレーバイオレット成型。

主に関節部分のパーツとなっている。

アドルフ
アドルフ

関節ですが、近年よく見られるプラ系の素材。

ABSではありませんな。

ヴァルダ
ヴァルダ

後は小さいランナー類なのでまとめて紹介。

右から

  • Dランナー
  • E1ランナー
  • Fランナー

となっている。

レーナ
レーナ

Dランナーはクリアーパープルで、主にセンサー類のパーツ。

E1とFランナーは武器やバックパックのパーツだね。

アドルフ
アドルフ

付属のシールはこちら。

センサー類のほか、細かい白い部分をこれで補います。

今回は仮組みなのでまだ貼り付けませんが。

レーナ
レーナ

筆者のことだし、白い部分は塗装になるかな。

ヴァルダ
ヴァルダ

説明書はこんな感じ。

特徴的な機体色のレシピもばっちり載っている。

アドルフ
アドルフ

よもぎ色やあずき色は筆者の愛用するMr.カラーやガイアカラーにはありませんな。

何か近似色を探してこないと……。

 

頭部の組み立て

ヴァルダ
ヴァルダ

とりあえず仮組みをしてみよう。

まずは頭部から。

わずか5パーツで構成される。

早速クリアーパーツを組み込む指示が出ているね。

アドルフ
アドルフ

シールはセンサー部分に貼る1番と、白い部分を補う2・3番。

仮組みなので今回は貼り付けずに進めます。

 

レーナ
レーナ

組み立てるとこんな感じに。

学園での決闘では

「相手のブレードアンテナを折れば勝利」

っていうルールだけど……

この後頭部のがアンテナかな?

アドルフ
アドルフ

なんか奥まっていてほかの機体よりも折りにくそうですな。

 

 

胴体の組み立て

ヴァルダ
ヴァルダ

続いて胴体。

まずはフレーム部分から組んでしまう。

ここでもうひとつのセンサーパーツ、D1を取り付け。

これでDランナーの部品は全部使うことになる。

レーナ
レーナ

ランナー回収ボックス行きかな。

アドルフ
アドルフ

フレームの組み立てが完了です。

以前のチュチュ専用デミトレーナー同様、ボールジョイント付きのL字型肩関節が特徴的ですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

更に外装を取り付け。

他の水星シリーズの機体同様、腰部スカートのないスタイルが特徴的だ。

レーナ
レーナ

筆者はザクとかばっかり組んでいるから、ちょっと新鮮に感じているそうな。

 

アドルフ
アドルフ

胸部の十字部分も白いシールで補う必要があります。

とりあえず今回はスルーで。

 

ヴァルダ
ヴァルダ

これで胴体は組み立て完了。

股関節下にはスタンド接続用の丸穴が開いている。

レーナ
レーナ

腰部背面にも穴があるけど……

ここはこのキットでは何も取り付けないみたいだね。

改造用か、それともスタンド接続用か……。

腕部の組み立て

アドルフ
アドルフ

続いて腕部。

左右で組み立て指示が独立していますが……

筆者は一気に両方組んでしまいます。

レーナ
レーナ

筆者は説明するために一度に部品を全部切り出しているけど……

番号がわかんなくなるから、よい子は真似しちゃダメだゾ。

アドルフ
アドルフ

基本的にプラモデルは

  • 1ステップで使うパーツだけ切り出す
  • 1ステップ分の部品を組み合わせる
  • 組み合わせ終わったら、次のステップの部品を切り出す

といった流れです。

ヴァルダ
ヴァルダ

組み立てていくとこんな感じ。

デミトレーナー同様、関節類はほとんどがCの字状のパーツをパチンとはめ込む形式。

後ハメ加工のために切り刻む必要はなさそうだ。

アドルフ
アドルフ

手首は握り手が左右1対ずつ。

開いた手は付属しません。

脚部の組み立て

ヴァルダ
ヴァルダ

続いて脚部。

ここは左右ともに同じ番号の部品を使う。

股関節部分など一部取り付け向きを変えるだけだ。

レーナ
レーナ

組み立てるとこんな感じに。

ここは合わせ目がモールドに沿って目立たないようになっているね。

丸っこい足首がいい感じ。

アドルフ
アドルフ

足首はツメの形から、少し鳥っぽい感じもしますな。

アドルフ
アドルフ

ここまでで

  • 頭部
  • 胴体
  • 腕部
  • 脚部

がそろいました。

説明書ではここで各部組み合わせの指示が出ていますので、合わせてしまいましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

組み合わせるとこんな感じに。

新品で関節が少し固めに感じるけど、動かしていれば馴染んでくるだろう。

レーナ
レーナ

足裏の面積が狭いから、少し立たせるのが難しいかな?

とりあえず残りの部品を……。

アドルフ
アドルフ

ちなみにこの時点では左の袖口パーツの向きが間違っています。

仮組み完了直後に筆者が気づき、修正しています。

ヴァルダ
ヴァルダ

袖口の穴はシールドの取り付け用。

これが外側を向いている必要がある。

バックパックの組み立て

アドルフ
アドルフ

本体の部品はこれで最後。

バックパックですな。

基部に筒状のスラスターを3基組み合わせる格好となっています。

レーナ
レーナ

組み立て完了。

かなりシンプルな形だね。

スラスターは真っ二つだけど、これはモールドを兼ねているっぽいね。

アドルフ
アドルフ

ただ真ん中のスラスターパーツは合わせ目を兼ねたモールドがかなり浅くなっていますな。

これはどういうことなのか……。

ヴァルダ
ヴァルダ

とりあえず本体に取り付け。

左右のスラスターは合わせ目とモールドが兼ねている感じで間違いなさそうだ。

真ん中のは公式の見本でも合わせ目が消されていたり残っていたりとイマイチはっきりしない。

後で本格的に作るまでにどうするか考えておこう。

武器の製作

アドルフ
アドルフ

最後に武器ですな。

付属の装備はランタンシールドとラウンドシールドのみです。

ヴァルダ
ヴァルダ

組み立てるとこんな感じに。

どちらも単純な形をしている。

ランタンシールドはシールド取り付け軸部分で回転するようになっており、ランス部分の向きを変えることができる。

 

HG ハインドリー 仮組み完了!

アドルフ
アドルフ

お疲れ様です。

これでハインドリーの仮組みが完了しました。

ヴァルダ
ヴァルダ

早速見てみよう。

 

仮組み品簡易レビュー

アドルフ
アドルフ

まずは前後から。

手足の形など、同じグラスレー社製のベギルペンデと似たような形をしていますな。

レーナ
レーナ

ただ装備がごちゃついていない分、ハインドリーのほうがよりシンプルな印象だね。

アドルフ
アドルフ

可動範囲など。

ヒジやヒザは約100度曲がります。

簡易的な構造ですが、その割には曲がるほうかと。

ヒザ立ちも余裕です。

レーナ
レーナ

肩関節も問題ない感じ。

ただ少し外れやすいかな。

筆者のはまだ新品で関節が硬いというのもありそうだけど。

アドルフ
アドルフ

武器は右手のランタンシールドと左手のラウンドシールドのみ。

ラウンドシールドはグリップが可動し、前に構えるようなポーズにもできます。

レーナ
レーナ

ランタンシールドは

  • シールド
  • ランス
  • ハンドガン

が一体化した武器。

ランスの向きを変えて、ハンドガンを前面に構えることもできるよ。

アドルフ
アドルフ

ちなみにランタンシールド、現実には16~17世紀のイタリアで作られたそうです。

ハインドリーのもの同様盾からスパイクが突き出しているほか……

名前のとおりランタンが仕込むことができて、灯りを使った目くらましも可能だったとか。

レーナ
レーナ

筆者の撮影した画像にこんなのが……。

ヴァルダ
ヴァルダ

どうもランス部分を持つと勘違いしてそのまま撮影したようだ。

設定上ではハンドガン使用時もランス使用時もハンドガンのグリップを握ったままが正しい。

アドルフ
アドルフ

見本の写真だとハンドガングリップとランス部分が重なっており、それで筆者が勘違いしたようですな。

レーナ
レーナ

同じことをやった人はいるかな?

アドルフ
アドルフ

ちなみにこのランス、設定では電磁射出式のようですな。

いわゆるパイルバンカー的なものでしょうか。

 

 

次回、製作開始!

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はここまで。

次回から本格的な製作を始めよう。

レーナ
レーナ

合わせ目消しが必要な箇所は少ないように見えるね。

各部の細かい調整ぐらいかな、やることは。

ヴァルダ
ヴァルダ

おそらく。

これで終了……の前に集計作業をしよう。

月末恒例 今月の戦果

アドルフ
アドルフ

2023年5月の戦果は……

  • 購入 2(IV号駆逐戦車/70A、ハインドリー)
  • 完成 6(PZL.23カラシュ、Bf110C-2/C-4、Bf110E/E-2TROP×2、ギャン、IV号駆逐戦車/70A)

ですな。

レーナ
レーナ

積みは差し引き4個消費。

今回は航空機率高めだね。

アドルフ
アドルフ

同じものが並ぶと壮観です。

ただその分同じような内容の作業が繰り返されるので、モチベーションの維持が難しくなるのですが。

レーナ
レーナ

記事もダイジェスト版が続いて作業に追いつき、途中臨時休業していたね。

ヴァルダ
ヴァルダ

本当に今回はここまで。

次回は来月に持ち越しとなったハインドリーの続きとなる予定だ。

レーナ
レーナ

来月も、お楽しみに~。

【新品・中古】プラモデルを買うなら駿河屋

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました