HG ブレイズザクファントム(レイ・ザ・バレル専用機) 製作記④

※記事内に広告を含む可能性があります

ガンプラ製作記録
アドルフ
アドルフ

SEEDHGシリーズのブレイズザクファントムを作っていきましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は脚部を進めた。

今回は腕部を作り、本体を形にしよう。

レーナ
レーナ

また腕だけで1記事も使っている。

アドルフ
アドルフ

ザクウォーリア・ファントムで最大の難所ですからね。

何より昔の筆者が適当なことをしているので、その後始末も兼ねることに。

ヴァルダ
ヴァルダ

筆者の苦手なパテ埋め処理だ。

とにかく作業を再開しよう。

スポンサーリンク

腕の製作

アドルフ
アドルフ

これがザクファントムの腕ですな。

見ての通り、昔の筆者がポリパテを盛り付けてそのままの状態なのですが。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥1,430 (2024/04/19 05:30:23時点 Amazon調べ-詳細)
ヴァルダ
ヴァルダ

元になったザクウォーリアは左肩にのみシールドを装備していたけど、指揮官仕様のザクファントムは両肩にシールドを装備している。

ただシールド裏には目立つ肉抜き穴があり、それを処理する手間も2倍になってしまっているんだ。

レーナ
レーナ

んで昔の筆者はパテを盛ったものの、整形ができず放置して現在に至ると。

アドルフ
アドルフ

缶詰を発明したものの、開け方が思いつかなかったようなノリですな。

レーナ
レーナ

ローラースケートを発明した人はブレーキのかけ方が思いつかず大怪我をした、とか聞いたような。

合わせ目部分を接着する

アドルフ
アドルフ

とりあえず合わせ目部分を接着してしまいます。

二重になった肩周りは後ハメも考えましたが……

同じ色同士なのでそのまま挟み込んでしまっています。

あらかじめ内側を暗い色で筆塗りしておくとよいかと。

レーナ
レーナ

合わせ目消しについてはいつもの過去記事を参考にしてね。

プラ板で合わせ目を消す

アドルフ
アドルフ

前腕は一段奥まったところに合わせ目が来ます。

それらは前回同様、上から薄手のプラ板を貼り付けることで合わせ目を隠してしましましょう。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥600 (2024/04/19 12:01:41時点 Amazon調べ-詳細)
ヴァルダ
ヴァルダ

プラ板で隠す方法は平面を出しやすいのが利点だ。

ただ貼り付けるだけなら加工がしやすく寸法面の変化が少ない、なるべく薄手のものを使うのがおススメ。

スパイクを尖らせる

アドルフ
アドルフ

肩のスパイクは安全基準の都合か、先が丸まっています。

筆者は当初ビルダーズパーツに置き換えも考えたみたいですが……

手持ちが足りなく断念することに。

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥550 (2024/04/19 22:02:24時点 Amazon調べ-詳細)
ヴァルダ
ヴァルダ

キットのスパイクは金型の抜きの都合か、それとも意図的なのか角度がついている。

このあたりも改造時に少し影響が出そうだ。

ヴァルダ
ヴァルダ

とりあえず今回はキットのものを生かして、プラ棒を使い尖らせる。

これは過去記事で詳しく解説しているので、そちらを参考にしてほしい。

レーナ
レーナ
  • 元のスパイク先端を切り取って平らにする
  • プラ棒を平らにしたスパイク先端に接着する
  • スパイクの角度に合わせてプラ棒を削る

みたいな。

肉抜き穴を埋める

アドルフ
アドルフ

さて残るは問題のシールド肉抜き穴。

とりあえず放置されたパテ部分を削って均していきます。

レーナ
レーナ

こういうのってパテとパーツ部分に隙間ができやすいんだよね。

ある程度削ったら500番のサーフェイサー、溶きパテを塗って隙間埋めを……。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥813 (2024/04/19 07:55:19時点 Amazon調べ-詳細)
アドルフ
アドルフ

予備マガジン部分も埋めて整形。

時間がかかりますな。

ヴァルダ
ヴァルダ

特にシールド下部の一段奥まった部分が最大の難所

ここは設定上だと内側の部分とツライチにしてやる必要があるだけど……

奥まっているせいでパテを削って平らにするのが難しいんだ。

アドルフ
アドルフ

パテよりもプラ板を切り出して貼り付けたほうが楽そうですな。

以前の筆者がパテを盛ってしまったので、今回はこれで進みますが。

アドルフ
アドルフ

紫パーツのツメ部分は一度切り取り、白パーツ側に貼り付けてしまっています。

ここは一度取り付けると外すのに苦労するので注意ですな。

無理に外そうとすると結局ツメの根元から折れてしまったり

レーナ
レーナ

ただ抑えがなくなるからやっぱり紫パーツがシールド本体から浮きやすいというか。

設定だと合わせ目部分がないから、整形して上げたほうがいいね。

アドルフ
アドルフ

筆者自身はそこまで気にしていないので、そのままにしておきます。

なにより肉抜き穴の処理でそれどころじゃないという。

アドルフ
アドルフ

筆塗りのサーフェイサーでは均一かわかりにくいので、一度1000番の缶サーフェイサーを吹き付けますが……

あれだけパテ埋めとヤスリがけをしたのに、まだ隙間が見えますな。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥766 (2024/04/18 22:59:44時点 Amazon調べ-詳細)
ヴァルダ
ヴァルダ

ちょっと塗っただけではまったく隙間が埋まらないので……

筆者が濃い目に調整した500番のサーフェイサーを吹き付けて処理。

強引に進めることに。

アドルフ
アドルフ

ちなみに厚塗りするとその分乾燥に時間がかかります。

この後の組み立て時に筆者が指紋をつけてしまい、結局またヤスリからやり直すことに。

ヴァルダ
ヴァルダ

ついでに言うと溶剤成分が揮発しヒケて、結局また隙間が浮き出たり。

この後筆者はそれも調整している。

また厚塗りするとその分モールドが埋まりやすい。

あらかじめ彫り直しておくといいだろう。

レーナ
レーナ

なんかグダグダだなぁ。

というか予備マガジンが1個増えているね。

アドルフ
アドルフ

突撃銃に取り付ける予備じゃないマガジンですな。

せっかく穴を埋めたわけですが、シールドに取り付けると裏側はほとんど見えなくなります。

一番整形の出来がいいのを突撃銃につけて、それ以外はシールドに取り付けるのが楽かと。

アドルフ
アドルフ

これでようやく腕部の組み立てが完了です。

作業時間の大半は肉抜き穴の処理だったような……。

レーナ
レーナ

どうも筆者はパテ埋めが苦手のようだね。

プラ板で埋めたほうがよかったかも。

今回の戦果

アドルフ
アドルフ

そんなこんなで本体はこんな感じに。

レーナ
レーナ

あの謎パテが整形されて、ようやくすっきりした感じになったね。

ヴァルダ
ヴァルダ

パテ埋め箇所の整形でだいぶ筆者が消耗したので、今回はここまで。

次回は武器やバックパックになるだろう。

レーナ
レーナ

続きは次回!

この記事で作っているキット

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥2,479 (2024/04/19 19:04:38時点 Amazon調べ-詳細)

【新品・中古】プラモデルを買うなら駿河屋

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました