HGUC ザクII改 製作記②

※記事内に広告を含む可能性があります

ガンプラ製作記録
アドルフ
アドルフ

ガンプラのHGUCシリーズより、ザクII改を作っていきましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は簡単な仮組み品紹介をした。

今回は作業開始。

脚部と胴体に手を加えてみよう。

アドルフ
アドルフ

記事が筆者の作業に追いつきそうです。

レーナ
レーナ

ここ最近そればっかりじゃない?

アドルフ
アドルフ

先日の製作技法系記事で一気に進んでしまいましたからね。

ヴァルダ
ヴァルダ

進めるところまで進めよう。

それでは作戦開始。

 

 

スポンサーリンク

脚部の組み立て

アドルフ
アドルフ

とりあえず脚部から。

股関節との接続は旧来のボールジョイント方式です。

このころのHGザク系キットとしては珍しく足首に関節があり、可動範囲は良好です。

レーナ
レーナ

足首関節のおかげで、足の甲も独立しているのが特徴的だね。

少し前の旧ザクとかはまだ一体成型だったし。

HGUC ザクI(旧ザク) 製作記①
レーナ 模型大隊戦闘日誌、始まるよ! アドルフ 前回は月末の集計に無事パンター中戦車が滑り込みましたね。 月が変わって3月となりましたが、今回は何を作りますかな。 ヴァルダ 3月9日のザクの...

ヴァルダ
ヴァルダ

とりあえず合わせ目を処理する。

従来のザク系キットはパーツの前後に合わせ目が来ていたけど、このキットのスネとモモは左右に合わせ目が来る。

レーナ
レーナ

ディティール面をつぶさないように配慮したのか、何かちょっとバンダイの実験的な感じもするよね。

ヴァルダ
ヴァルダ

とりあえず合わせ目消し。

スネとモモはフレーム部分を挟み込んでそのまま接着してしまう。

モモ側のみ、先に挟み込む関節のパーティングラインを処理してから接着しよう。

レーナ
レーナ

後ハメとかはしないんだ。

ヴァルダ
ヴァルダ
  • いい方法が思いつかなかった
  • 塗り分けの利便性よりも関節強度低下の問題が大きそうだった

ので、今回はそのまま挟み込み。

マスキングか筆塗りで塗り分けはどうにかする予定だ。

アドルフ
アドルフ

合わせ目消しに関しては過去記事を参照に。

初心者向け? HGUCグフで学ぶ合わせ目消し
アドルフ 最近更新速度が遅いと思ったら今度は一日二回投稿ですか。 ヴァルダ うむ。 また筆者が初心者向けの記事を考えたのでそれをまとめる。 アドルフ 何をするのやら……。 合わせ目消し...

 

 

 

ヴァルダ
ヴァルダ

接着剤の乾燥後に各部の整形作業をして、脚部の組み立ては終了とする。

レーナ
レーナ

ヒザ関節の合わせ目は消さなくても、スジ彫りでモールド化もありかもね。

スジ彫りで思い出したけど、スネ左右はラインチゼルでスジ彫りを強化しているよ。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥3,087 (2024/07/25 17:17:06時点 Amazon調べ-詳細)

 

腰部の組み立て

アドルフ
アドルフ

続いて胴体。

筆者が肩関節を破損させた箇所ですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

引き出し式の肩関節軸が斜めになっているのが特徴的だ。

もっともそのせいで合わせ目が変な位置にあったり、関節自体の強度があまり高くないのが気になるところだけどね。

アドルフ
アドルフ

先に腰部から手をつけます。

フロントスカートは例によって一体成型。

接続軸の真ん中を切断して、独立可動化改造を施してやりましょう。

レーナ
レーナ

定番工作だね。

腰部のフレーム部分は合わせ目をタガネで掘り込んでモールド化しているよ。

created by Rinker
スジボリ堂(Sujiborido)
¥7,980 (2024/07/25 03:22:37時点 Amazon調べ-詳細)

ヴァルダ
ヴァルダ

右腰の手榴弾は3個まとめて一体成型。

ここは1個ずつ切り出して独立させている。

取り付け穴がゆるくなるので、内部に瞬間接着剤を薄く塗って渋みを与えておこう。

created by Rinker
コニシ(KONISHI)
¥366 (2024/07/25 08:09:01時点 Amazon調べ-詳細)

 

胸部の組み立て

アドルフ
アドルフ

さて問題の胸部。

まずは折れた関節の残骸を取り外して、ポリキャップ部分のみ挟みこみながら接着。

合わせ目消しの準備を整えます。

ヴァルダ
ヴァルダ

肩口の上下には丸い凹みが多数並んでいる。

ここはそれぞれ0.5mm径と1.0mm径の穴を開けた。

ついでに赤いコクピットハッチが取り出しやすいよう、黒いA10番パーツの裏側に穴を開けている。

これで後ろから真鍮線などを使って外しやすくなるんだ。

レーナ
レーナ

こまごまと……。

肩関節の修復を行う

アドルフ
アドルフ

バックパックは単純に整形作業のみ。

さて問題の肩関節が残りましたな。

ヴァルダ
ヴァルダ

普通に接着してもまたすぐに破損しそうだったので、別の接続方法に変えよう。

ヴァルダ
ヴァルダ

手始めにポリキャップに塗料を塗って、乾かないうちに関節パーツにスタンプ。

大体写っていれば大丈夫だ。

レーナ
レーナ

何をするのかな?

ヴァルダ
ヴァルダ

アタリをつけた中心部にピンバイスで穴あけ。

とりあえず小さい口径のものを使う。

ヴァルダ
ヴァルダ

穴あけができたら表裏両側の接続ピンパーツを切り取ってしまう。

切り取って平らになったら先ほどの穴を3.0mm径に広げる。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥1,250 (2024/07/25 18:58:42時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

元の軸を切り取ったから、もう戻れないね。

アドルフ
アドルフ

一気に進めましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

そして軸となる3mm径プラ棒を用意、適当な長さにカットする。

これで部品はそろった。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥850 (2024/07/25 22:29:07時点 Amazon調べ-詳細)

ヴァルダ
ヴァルダ

プラ棒をポリキャップに接続し、加工した肩関節をカバーとして被せる。

これで修復完了だ。

アドルフ
アドルフ

単純な棒軸関節なのでそこまで可動範囲は広くありませんが……

強度的には問題ないですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

ただこのプラ棒、腕を取り付けたところ少し緩かった。

瞬間接着剤を塗って調整するか、パーティングラインががっつりついたランナーを流用したほうがよさそうだ。

ヴァルダ
ヴァルダ

腰部と組み合わせるとこんな感じに。

胴体の組み立てはこれで終了だ。

レーナ
レーナ

とりあえず肩関節は何とかなったみたいだね。

ヴァルダ
ヴァルダ

ボールジョイント化とかも考えたけど……

完成しなくなる可能性が高かった。

今回はこれで進めよう。

 

今回の戦果

アドルフ
アドルフ

先ほどの脚部との組み合わせてこんな感じに。

まだまだ先は長いです。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はここまで。

本キットには肩関節のほかにも、筆者が気になるところが多数ある。

次回以降は残る箇所を進めていく予定だ。

レーナ
レーナ

続きは次回!

この記事で作っているキット

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥2,890 (2024/07/25 08:48:40時点 Amazon調べ-詳細)

【新品・中古】プラモデルを買うなら駿河屋

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました