HGUC ゲルググJ 製作記⑤

ガンプラ製作記録
アドルフ
アドルフ

ガンプラHGUCシリーズより、ゲルググJを進めていきます。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は脚部や武器を組み立て、全体の組み立てが完了した。

今回は塗装とマーキング作業を行っていこう。

レーナ
レーナ

筆者がガンプラの再販リストを見てなにか欲しがっているよ。

ヴァルダ
ヴァルダ

筆者は在庫があるから新しいのは要らないだろう。

アドルフ
アドルフ

学生時代に購入して放置したものが相当数ありますからね。

ヴァルダ
ヴァルダ

どうしてもっていうんなら筆者の場合・・・・・・

  • 買ったらすぐ作る
  • 過度な争奪戦には参加しない。あったらラッキー程度に考える

辺りを考えたほうが良さそうだね。

レーナ
レーナ

そういえば、筆者はガンプラの製作速度はあまり速くないね。

寧ろAFVキットのほうが消費されているような。

アドルフ
アドルフ

筆者はガンプラの場合パチパチ組んで仮組み状態で放置することが多いですからね。

スケールモデルは箱の状態で放置なので、箱潰し目的で優先的に作ることが多いのですよ。

ヴァルダ
ヴァルダ

とりあえず・・・・・・

そんな放置品からサルベージしてきたゲルググJを進めていこう。

アドルフ
アドルフ

全てサルベージされるのは何時になるのやら。

スポンサーリンク

下地を作っていく

アドルフ
アドルフ

まずは傷や凹みのチェック、塗装のノリを良くする目的でサーフェイサーを吹き付けます。

使用したのはクレオスの1200番です。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥219 (2021/09/29 00:04:48時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

あれ、いつもの1000番とは違うね。

なんか理由はあるのかな。

アドルフ
アドルフ

単に筆者の気まぐれですな。

紙ヤスリ同様、サフは基本的に数字が大きいものの方が目が細かくなります。

数字の小さいものは粒子が大きく、傷を埋めるのに役立ちます。

数字の大きいものは粒子が細かく、表面を整えるのが得意ですな。

レーナ
レーナ

傷を埋めるのが目的ならここは番号の小さいやつを吹いたほうが・・・・・・。

ヴァルダ
ヴァルダ

続いてちょっと筆者がアレンジ。

腕にストライプを入れてみる。

使ったのはガイアノーツのストーングリーン

これにスクエアの2mm幅マスキングテープを巻く。

created by Rinker
ガイアカラー
¥400 (2021/09/29 08:40:15時点 Amazon調べ-詳細)

レーナ
レーナ

なんか今までにも何回か出てきたような・・・・・・。

アドルフ
アドルフ

筆者流のアレンジで、部隊識別用ということだそうです。

このハイグレードマスキングテープ、値段は高いですがビニール系なので、紙のテープと比べて端がよれにくく幅が均一に保ちやすいのが長所ですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

ここで本体を塗る前に関節・武器を塗る。

使ったのは筆者お馴染みMr.メタルカラーのアイアン。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥768 (2021/09/29 01:17:22時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

今までにもたびたび登場しているね。

アドルフ
アドルフ

とりあえずジオン系MSの関節はこれを使うことが多いですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

本体は陰色を塗っておく。

今回は赤系なので茶色系の陰をつける。

使用したのはクレオスのマホガニーサフ

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥306 (2021/09/28 17:49:05時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

ここ最近AFVキットでもお世話になっているやつだね。

アドルフ
アドルフ

昔の筆者は赤系だろうが黄色系だろうが、なんでも下地は真っ黒にしていましたが・・・・・・。

ヴァルダ
ヴァルダ

黒下地だと発色に影響があったり、なにより色を出すために重ね塗りが必要で作業時間がかかるんだ。

アドルフ
アドルフ

発色が悪いとついつい重ね塗りして塗膜が厚くなり、不恰好な感じにもなりますからね。

レーナ
レーナ

ガンプラあるある

「黒い成型色のキットに黄色の部分塗装をしたら厚塗りで不恰好になる」

ってやつだね。

本体の塗装を行う

ヴァルダ
ヴァルダ

陰色が塗り終わったのでいよいよ本体の塗装をする。

今回はマーキング以外通常のゲルググJ同様、赤系統の色を塗る。

今回使うのはかつてクレオスから発売されていた旧ガンダムカラーセットのゲルググJ用だ。

レーナ
レーナ

なんか懐かしいものが。

アドルフ
アドルフ

一時期筆者が狂ったように集めていたやつですな。

確か約15年前にゲルググJのキットと共に購入していたような。

・・・・・・ところでそのキットと今回のキットは別物のようですが。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回のゲルググJは筆者の3機目となっている。

1機目はオリジナル仕様に改造しようとしたが仕様が定まらずジャンク入れに突っ込まれて放置。

2機目はその時カラーと一緒に購入したが、筆者が白いシン・マツナガ専用機で作ってしまい塗料の出番がなかった。

無事完成したものの、奥底にしまっちゃうおじさんしている。

created by Rinker
シナダグローバル(Shinada Global)
¥2,860 (2021/09/29 00:04:49時点 Amazon調べ-詳細)
アドルフ
アドルフ

シン・マツナガ機・・・・・・。

今ではプレミアムバンダイ限定品で発売していますな。

レーナ
レーナ

とにかく、15年の時を越えてようやく使うんだね。

ヴァルダ
ヴァルダ

ちなみにこのカラー、同じく発売していた旧ガンダムカラーのHGUCシャア専用ザク(旧製品)用とグレー以外の2色は同じだったりする。

なのでそちらでも代用できる。

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥1,100 (2021/09/28 14:02:38時点 Amazon調べ-詳細)
アドルフ
アドルフ

そういえばこの2つのキット、濃淡赤の成型色も同じような感じでしたな。

ヴァルダ
ヴァルダ

先に塗ったマホガニーを残しつつ、セットに含まれた3色を塗っていく。

足裏は塗り分けが必要なので注意。

筆者は面倒だからフリーハンドで吹いて塗り分けているけど。

レーナ
レーナ

やっぱりシャア専用機みたいだね。

現行のシャア専用機用ガンダムカラーでも代用できそう。

アドルフ
アドルフ

この辺はお好みですな。

キットによっては成型色が劇中設定とは少し離れていたり、対応のカラーも成型色に合わせてやはり劇中とは離れているのもありますから。

ヴァルダ
ヴァルダ

とりあえずこれでエアブラシ塗装は終わり。

塗ったパーツを組んでみるとこんな感じになる。

レーナ
レーナ

ちょっと深みが増した感じになったかな?

アドルフ
アドルフ

今回は元の機体と同じ色ですな。

色を変更すると、よりイメージが変わりますが。

ヴァルダ
ヴァルダ

通常のゲルググ同様、グレーとグリーンで塗ってみるのも面白そうだね。

筆塗りとマーキング

アドルフ
アドルフ

続いて細かいところの塗り分けですな。

バーニア内部のモンザレッドを中心に・・・・・・。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥410 (2021/09/28 21:37:05時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

・・・・・・スコープ部分は塗装なんだ。

アドルフ
アドルフ

クリアーパーツ置き換えも考えましたが、このマシンガンのスコープは面が斜めに成型されていて、穴あけが難しそうだったので。

ヴァルダ
ヴァルダ

ここは気が向いたら後から置き換えられる。

なので今回は塗装で済ませよう。

ヴァルダ
ヴァルダ

続いてマーキング作業。

今回は部隊章代わりにタミヤのII号戦車F型から、余剰になっていた第6装甲師団章を流用してみようと思う。

レーナ
レーナ

筆者お得意のミリタリーマーク流用だね。

今回の戦果

アドルフ
アドルフ

そのほかのマークはガンダムデカールから。

主にHGUCジオン用Part1と3から使っています。

created by Rinker
BANDAI SPIRITS
¥554 (2021/09/29 08:40:17時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
BANDAI SPIRITS
¥586 (2021/09/28 21:37:07時点 Amazon調べ-詳細)

ヴァルダ
ヴァルダ

ちなみにゲルググJなどHGUCの0080系キット用にもガンダムデカールは存在する。

こちらはシールとしても付属する劇中登場機のマークが収録されている。

created by Rinker
BANDAI SPIRITS
¥574 (2021/09/28 14:02:39時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

アニメの機体を再現するならこっちだね。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はここで作業を中断しよう。

次回ウェザリングを行って完成となる。

レーナ
レーナ

続きは次回!

この記事で作っているキット

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました