PMモデル メッサーシュミットMe328 製作記①

航空機等製作記
レーナ
レーナ

模型大隊戦闘日誌、始まるよ!

アドルフ
アドルフ

前回はドイツレベルのハインケルHe177A-5グライフ爆撃機が完成しましたな。

今回は……。

ヴァルダ
ヴァルダ

筆者が大型機の製作で思いっきり消耗してしまった。

なので今回は積みの山から、簡素な小型航空機を持ってきて紹介しよう。

アドルフ
アドルフ

ここ最近、積み崩しの航空機製作が相次いでいますな。

ヴァルダ
ヴァルダ

入れ替わりで筆者はまた積みを増やしている。

そちらも処理していきたいところ。

 

スポンサーリンク

今回のお題 PMモデル メッサーシュミットMe328

ヴァルダ
ヴァルダ

今回作るのはこちら。

PMモデルより

メッサーシュミットMe328だ。

レーナ
レーナ

聞いたことのないメーカーの聞いたことない飛行機が。

アドルフ
アドルフ

PMモデルはトルコの首都イスタンブールにあるメーカーだそうです。

Me328とは?

ヴァルダ
ヴァルダ

この航空機は第二次世界大戦期のドイツで開発された戦闘機・爆撃機だ。

パルスジェットエンジンを搭載する予定だったという。

レーナ
レーナ

……そういえばこの飛行機、エンジンらしきものが見当たらないんだけど。

アドルフ
アドルフ

詳しくは後述ですが、どうやら本キットのMe328は試作の無動力グライダー型のようですね。

ヴァルダ
ヴァルダ

1942年頃に構想は出来ていたが、本格的に開発が始まったのは戦況が悪化し始めた翌年からとのこと。

とにかく低予算で作ることを考えたためか、機体は非戦略物資である木製。

動力はV1ミサイルなどでも使われたパルスジェットエンジンが2基。

レーナ
レーナ

滅びの呪文?

アドルフ
アドルフ

それはバルスです。

パルスジェットエンジンはジェットエンジンの一種ですな。

単純な構造で安価な代わりに、騒音や振動が激しいのが欠点と言われています。

ヴァルダ
ヴァルダ

戦闘機型のMe328A、爆撃機型のMe328Bなどが考案されていた。

とりあえず試作機のV1~V10の10機が完成。

V1は動力を持たないグライダーであり、ドルニエDo217E型爆撃機と組み合わせて各種試験を行っている。

アドルフ
アドルフ

今回のキットで作れるのは、このグライダータイプのようですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

ただ結局Me328は試作止まりになってしまった。

  • パルスジェットエンジンの振動で機体本体が破損(当初はエンジンの装着位置が主翼下部。後に胴体横で水平尾翼の下部という案も出た)
  • 高度が高くなるとパルスジェットエンジンの出力が落ちることが発覚
  • パルスジェットの代わりにMe262などで使われたユンカースJumo004ジェットエンジンにする案もあったというが、こちらはコスト面の要求を満たせなくなる。

など、調べたところ説がいくつか出てきた。

 

レーナ
レーナ

なんかいまいちはっきりしないなぁ。

ヴァルダ
ヴァルダ

量産もされていない航空機なので資料も少なく、正直謎が多い。

というか筆者自身も店でこの航空機のキットを購入してからどんなものか調べている有様だ。

レーナ
レーナ

いつ頃購入したのかな?

ヴァルダ
ヴァルダ

詳しいことは筆者も覚えていないけど、おそらく10年近く前だと思われる。

今回はそんな筆者所有の積み山の守護神と化していた、パルスジェットエンジン搭載機の試作グライダーを作っていこう。

 

箱の中身を見てみよう

ヴァルダ
ヴァルダ

箱を開けるとこんな感じに袋にひとまとめになっている。

レーナ
レーナ

ボリュームはなさそうだね。

アドルフ
アドルフ

袋を開けると中身はこんな感じです。

説明書、プラランナー1枚、クリアーランナー1枚、そしてデカール。

レーナ
レーナ

パーツも少ないし、これはすぐ形になりそうだね。

ヴァルダ
ヴァルダ

そのパーツだけど……

モールドは全体的に浅めな凹モールド。

更にパーツ表面は梨地になっており、ザラザラしている。

AFVならまだしも、航空機模型なら少し気になる人もいそうだね。

レーナ
レーナ

ヤスリがけすればツルツルになるけど、今度はモールドが消えそうだね。

アドルフ
アドルフ

キットの組み立て説明書はこの1ページで完結しています。

主翼の長さを選択することで、V1かV2を選んで組み立てます。

ヴァルダ
ヴァルダ

ただ、このV1とV2の区別が少し曖昧だね。

説明書では

  • 主翼が短いのがV1
  • 主翼が長いのがV2

となっているけど箱では

  • 主翼が長いのがV1
  • 主翼が短いのがV2

となってしまっている。

レーナ
レーナ

どっちがどっちなんだろう?

アドルフ
アドルフ

とりあえず筆者は今回長いほうを選択して組み立てる予定です。

 

 

次回、製作開始!

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はここで終了。

次回から組み立て作業に入っていく。

レーナ
レーナ

見た感じ部品は少ないから、そこまで苦労しなさそうだね。

アドルフ
アドルフ

浅いモールドと梨地のパーツ表面。

ここを筆者は修正する予定だそうです。

あまり手がかからないといいのですが。

ヴァルダ
ヴァルダ

どうなるかは実際に組み立ててから確認することになる。

それでは今回はここまで。

レーナ
レーナ

続きは次回!

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました