【2021年10月】タミヤイタレリ セモベンテM42 da75/34(ドイツ軍仕様) 製作記⑦【新製品】

戦車・装甲車等製作記
アドルフ
アドルフ

タミヤイタレリシリーズの新作、セモベンテM42 da75/34を作っていきます。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は車輌の塗装作業が完了した。

今回は兵士たちの塗装を進めていこう。

レーナ
レーナ

次で完成するかな?

アドルフ
アドルフ

前回の塗装やり直しでだいぶ時間を使いましたからね。

また記事が作業に追いつきそうです。

ヴァルダ
ヴァルダ

ただ、次のキットが既に完成している。

なのでこのセモベンテが完成すればしばらくは安泰だ。

レーナ
レーナ

そうなると今度は筆者が気を抜いて結局追いつかれるという。

アドルフ
アドルフ

パーキンソン第1の法則ですな。

「仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する」

時間があればあるほど、作業を無駄に引き延ばしてしまうというか。

レーナ
レーナ

敢えて締め切りを作ってみるとサクッと仕上がるかも。

スポンサーリンク

肌部分の下地を作る

アドルフ
アドルフ

まずは顔や手など、肌の部分から塗っていきます。

下地にはグレーのサーフェイサーをエアブラシ吹き。

そのままガイアノーツのフレッシュピンクを吹き付けてしまいます。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回の兵士たちは手袋を付けていない。

手の部分を塗り忘れないように・・・・・・。

 

肌部分の塗装

アドルフ
アドルフ

その後は先に目を塗ってみましょう。

爪楊枝でフラットホワイトクリアーブルーと色を乗せていきます。

それが出来ましたら肌の窪みにブラウンを置いていきます。

レーナ
レーナ

後の色で馴染ませていくから、先に置く色は多少雑でも大丈夫。

ちなみにここで使っている色は全部タミヤエナメルだよ。

ヴァルダ
ヴァルダ

その後はハイライトを作って置いていく。

ベースはピンクで、それにフラットフレッシュホワイトを混ぜて調整していこう。

ここも全てタミヤエナメルだ。

アドルフ
アドルフ

今回はイタリア戦線ですな。

アフリカ戦線よりも日差しが弱いと判断して、肌の色もやや明るめにしています。

【2021年7月】タミヤ IV号戦車G型(初期生産車) 製作記⑧【新製品】
アドルフタミヤMMシリーズ新作、IV号戦車G型(初期生産車)を進めていきます。ヴァルダ前回は車輌の塗装が終わった。今回は細かい塗り分けから再開しよう。アドルフうーむ、作るべきものがいっぱいですな。...

 

服の塗装

アドルフ
アドルフ

続いて服の塗装に移ります。

服装の塗装は主にアクリル塗料ですな。

まずは面積の多い軍服から。

タミヤアクリルのフィールドグレイを塗っています。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥397 (2021/12/05 14:41:26時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

なんだろう、これだけだとすごい作業服感が。

・・・・・・どこかで見たことあるのは気のせいかな?

ヴァルダ
ヴァルダ

同志金正日。

レーナ
レーナ

それだ!

created by Rinker
CoolDesignz
¥2,000 (2021/12/06 02:19:21時点 Amazon調べ-詳細)

アドルフ
アドルフ

その後は細かい塗り分けを。

ここも基本的にアクリル塗料ですが、該当色が筆者の手持ちに無いものはラッカー塗料を使っています。

砲弾のゴールド部分なんかがそれですね。

ヴァルダ
ヴァルダ

ヘルメットの紐部分は顔にタミヤエナメルで直接描いてしまっている。

装備の塗り分けが出来たらここで砲弾、双眼鏡、ヘルメット、帽子などは接着してしまっている。

ヴァルダ
ヴァルダ

その後はタミヤエナメルでウェザリング。

フラットブラックでスミ入れ。

明灰緑色でドライブラシ。

ヘルメットにはシルバーで塗装剥げを施して金属感を出している。

アドルフ
アドルフ

一旦兵士たちはこれで終了ですな。

レーナ
レーナ

まだちょっと記事に余裕がありそうだね。

このまま車輌も少し進めちゃおう。

 

 

デカールを貼り付ける

レーナ
レーナ

キット付属のデカールはこんな感じ。

割と標準的というか。

アドルフ
アドルフ

今回の塗装では国籍マーク、前述マーク、部隊マーク、そして「Heidi3」の愛称ですな。

Heidiはハイディ、女性名ですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

某アルプスの少女のハイジも、厳密にはハイディらしい。

今回のお題

ヴァルダ
ヴァルダ

最後に筆塗りでの部分塗装。

今回はやり直し時に転輪のゴムリムもグリーンで塗り潰してしまったので、タイヤブラックで塗り分けおう。

アドルフ
アドルフ

内部の塗り分けがあるので、いつもより手間がかかりますな。

ヴァルダ
ヴァルダ

無理せず筆が入る部分だけ塗り分けておく。

今回はここまで。

次回、ウェザリングをして完成予定だ。

レーナ
レーナ

続きは次回!

この記事で作っているキット

 

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました