【2021年9月】プラッツ P40重戦車(アンツィオ高校) 製作記①【新製品】

戦車・装甲車等製作記
レーナ
レーナ

模型大隊戦闘日誌、始まるよ!

アドルフ
アドルフ

前回はタミヤの古いほうのIV号駆逐戦車ラングのキットを用いて、IV号駆逐戦車F型を完成させましたな。

今回もまた駆逐戦車系列でしょうか。

ヴァルダ
ヴァルダ

ガンプラでも作ろうかなと思っていたんだけど・・・・・・

筆者が予約していた新作戦車キットが先日届いたのでね。

今回はそれにすることになった。

レーナ
レーナ

また積みか、壊れるなぁ。

ヴァルダ
ヴァルダ

どうも楽天ポイントが失効しそうになったので数ヶ月前に予約したらしいけど、その製品が一度発売延期になって到着が遅れていたとか。

なので急遽このタイミングとなった。

 

スポンサーリンク

今回のお題 プラッツ P40重戦車 アンツィオ高校

ヴァルダ
ヴァルダ

そんなこんなで今回のお題はこちら。

プラッツより

P40型重戦車 アンツィオ高校

だ。

パッケージに書いてある通り、パーツはイタレリ製だ。

アドルフ
アドルフ

本ブログ初のガルパンキットですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

厳密にいえば作りかけ状態で知波単のチハが既に登場しているけどね。

本格的な紹介はP40が始めてだ。

2ステップで済ませる!プラモデルウェザリング作業
レーナあああああああああああああ!アドルフどうしたんですか?大丈夫ですか?黄色い救急車呼びましょうか?レーナいや、筆者のプラモデルウェザリング見ていたんだけどさぁ。種類が多いし、手や作業台...
レーナ
レーナ

そういえば、昨日はドゥーチェの誕生日だったんだよね。

ヴァルダ
ヴァルダ

ガルパンキットはたびたび箱を換えて登場しているけど、このP40は初めてシリーズに登場したようだ。

アドルフ
アドルフ

筆者はタミヤパッケージのイタレリ製品を幾つか持っていたような・・・・・・。

ヴァルダ
ヴァルダ

作りかけで放置したものが1つ。

そして手を付けていないものが2つある。

本当はいずれかがアンツィオ高校仕様になる予定だったようだけど、それは流れることに・・・・・・。

レーナ
レーナ

どうなるかな?

 

P40重戦車とは?

ヴァルダ
ヴァルダ

これは第二次世界大戦期にイタリア軍が開発した重戦車だ。

カーロ・アルマートP26/40ともいう。

アドルフ
アドルフ

調査したところ・・・・・・

  • カーロ・アルマート→戦車
  • P→Pesante(ペサンテ。重いという意味)
  • 26→車輌の重さ
  • 40→1940年に開発開始が始まったことから

日本語で表現するなら、40年式26t級重戦車といったところでしょうか。

ヴァルダ
ヴァルダ

ちなみに重戦車呼ばわりされているが、世界各国と比較すると中戦車クラスともいえる。

レーナ
レーナ

だいたい40t以上になると重戦車扱いされることが多いんだよね。

パンターなんかは中戦車扱いだけど。

ヴァルダ
ヴァルダ

1940年、当時のイタリア軍のほとんどの装甲戦力はL3/33などの豆戦車が占めていた。

これらの車輌は装甲も薄く、装備もマシンガンのみと対戦車戦闘が行える代物ではなかったんだ。

レーナ
レーナ

なんか小さくて可愛い。

アドルフ
アドルフ

筆者はタミヤの刷り込みでイタリアの主力戦車といえばM13/40のイメージがあるようですが、これもまだ生産が始まっていなかったようですね。

ヴァルダ
ヴァルダ

んでリアルドゥーチェであるムッソリーニが他の列強国に引けを取らない戦車を開発するように指示。これが後のP40となる。

アドルフ
アドルフ

1940年に開発開始ですな。

第二次世界大戦自体は1939年9月に始まりましたが、イタリアが参戦したのはドイツ軍がフランス軍を追い詰めていた1940年6月ですね。

ヴァルダ
ヴァルダ

幾つか案はあったけど、最終的に前述したM13/40中戦車を拡大したようなものに決定した。

エンジンの開発やら色々もたついていたので、最初の試作車は1942年にようやく完成。

主砲の違いなどから3号車まで作られる。

ところが試作車を作っている最中にソビエト軍のT-34の情報が入る。

そこで同戦車の傾斜装甲を真似ることになり、試作4号車からは傾斜した装甲を持つようになった。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥1,973 (2021/10/26 15:39:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

レーナ
レーナ

ドイツ軍にも多大な影響を与えたT-34。

イタリア軍も例外じゃなかったんだね。

ヴァルダ
ヴァルダ

主砲も試作4号機で34口径75mm砲が搭載される。

これは後の量産車にも引き継がれる。

ここで量産開始……かと思いきや1943年にイタリアが休戦。

そのため試作車輌はドイツ軍によって接収されることに。

後にアンサルド社で100輌ほどが生産され、これらもドイツ軍によって運用された。

内40輌ほどはエンジンがなかったので、固定陣地して利用されたようだ。

アドルフ
アドルフ

すんなり降伏して・・・・・・と思いきやムッソリーニ救出作戦やらのゴタゴタがあって、北イタリアはドイツの傀儡政権が樹立したんでしたっけな。

レーナ
レーナ

なんかややこしいなぁ。

ところでドイツ軍ってもっと強力な戦車を持っていたはずだけど、イタリア軍の戦車は使えたのかな?

アドルフ
アドルフ

75mm砲、傾斜した前面装甲厚50mmなど数字だけをみるとIV号戦車クラスのものですな。

ただドイツ軍は常に戦車不足だったので、多少物足りなくても使えるものはなんでも使っていたようですね。

ヴァルダ
ヴァルダ

資料によっては「そこそこの評価を下していた」という記述もあるみたいだ。

色々あってイタリア軍戦車の最終形体となったP40。

今回はそれのアンツィオ高校が保有する車輌を作ってみよう。

 

箱の中身をみてみよう

ヴァルダ
ヴァルダ

そんなこんなで早速箱を開けてみる。

ガルパンキットは箱の裏側や内側におまけが付いていることもあるけど、どうややら今回は何も無いようだね。

レーナ
レーナ

初期のキットだと搭乗員たちのプロフィールやら同スケールのイラストが印刷されていたりしたよね。

ヴァルダ
ヴァルダ

中身はこんな感じ。

パーツはイタレリ社のいつも通り、注意書きがびっしりと書かれた袋にパックされている。

ただし今回は成型色が車体色に近いグリーンとなっている。

レーナ
レーナ

未塗装派も楽しめるかな?

・・・・・・と思いきや履帯やゴムリム、工具類は塗らないといけないみたいだね。

なんかドゥーチェも同じようなことを言っているし。

アドルフ
アドルフ

いつもなら説明書の後ろに描かれている車輌解説コミック。

今回は表紙に描かれていますな。

担当はコミカライズ版でお馴染みの才谷屋龍一氏。

レーナ
レーナ

そういえばTV版では適当に片付けられた大洗女子学園VSアンツィオ高校。

同氏のコミカライズ版では後のOVAに先駆けて描かれていたんだよね。

ヴァルダ
ヴァルダ

まだアンチョビの設定がはっきりしていなかったからか、後の作品とは違って純粋な悪役として描かれている。

また副官のカルパッチョはこれが初登場だったりするんだ。

アドルフ
アドルフ

ランナーは4枚。

最近のキットと比較すると少なめですな。

履帯は組み立て式です。

レーナ
レーナ

右上のAランナー、なんか一部不自然に太い部分があるね。

ヴァルダ
ヴァルダ

原型となったイタレリ製品ではマフラーのカバーがエッチングパーツとして付属しており、その太いランナーは冶具となっていた。

アンツィオ高校の車輌にはマフラーカバーが装備されていないからか、今回の製品には当該パーツは付属しない。

アドルフ
アドルフ

その他パーツとしてエッチングパーツ、透明パーツ、デカールですな。

エッチングパーツは前述の通りマフラーカバーは無く、車体側面に取り付けるジェリカンラックのみとなっています。

レーナ
レーナ

この透明パーツは何かな?

アドルフ
アドルフ

どうやらライトのレンズに使うようです。

デカールはアンツィオ高校のマークと黄色いフラッグ、そしてパッケージにも掲載されているアンチョビのカットですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

校章は2枚のみ。

予備がないので失敗は許されない。

アドルフ
アドルフ

・・・・・・これは?

ヴァルダ
ヴァルダ

特典である缶バッジだ。

アンチョビらアンツィオ高校のメンバーが制服に付けている胸章だね。

安全ピンで留めることが出来る。

レーナ
レーナ

これで君もアンツィオ高校の生徒だ!

ヴァルダ
ヴァルダ

塗装は劇中でアンチョビが搭乗する1種類のみ。

特徴的な緑色はMr.カラー319番の薄松葉色もしくはタミヤカラーXF65フィールドグレイで指示されている。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥385 (2021/10/27 02:12:58時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥393 (2021/10/26 18:16:30時点 Amazon調べ-詳細)
アドルフ
アドルフ

黒みが強いというか青みが強いというか、本車はなんとも言えない色をしているんですよね。

よく吟味したほうが良さそうですな。

 

 

次回、製作開始!

ヴァルダ
ヴァルダ

そんなこんなで色々長くなってしまったので今回はここまで。

次回から作業に取り掛かろう。

アドルフ
アドルフ

元になったキット、筆者はタミヤパッケージ版で途中まで組みましたが、なんか異様に組みにくかったとか。

ヴァルダ
ヴァルダ

結構パーツが反っていたり、隙間が出来たりしたらしいからね。

今回のキットを組んでみて当時のままか、何か改良されているのか調べてみたいところ。

レーナ
レーナ

続きは次回!

この記事で紹介しているキット

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました