【2022年11月】HG デミトレーナー(チュチュ専用機) 製作記③【新製品】

ガンプラ製作記録
アドルフ
アドルフ

2022年11月現在絶賛放送中のガンダムシリーズ新作、水星の魔女。

それに登場するチュチュ専用のデミトレーナーを作っていきましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は頭部・胴体・腕部を作った。

今回は脚部に武器、更に別のところから追加調達した武器を作ってみよう。

レーナ
レーナ

何か面白いことはないかな?

アドルフ
アドルフ

ありませんな。

ヴァルダ
ヴァルダ

面白いものはね、自分で作り出すんだ。

それでは今回の作業を始めよう。

 

スポンサーリンク

脚部の製作

 

アドルフ
アドルフ

こちらが本キットの脚部。

ヒザ部分は例によってパチンとはめる構造になっています。

モモ部分は近年の他のガンプラ同様ロール可動機構が採用されています。

ヴァルダ
ヴァルダ

ここは主に肉抜き穴部分にタミヤのエポパテを盛り、整形して平らにしている。

筆者曰く

「足首部分は前回の肩シールド接合部分と並んで特に気になった場所」

とのこと。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥1,044 (2022/12/05 13:00:56時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

足裏はつま先部分だけ埋めているね。

アドルフ
アドルフ

筆者は当初左右も埋めようかと思っていたようですが……

ホイールが装備された真ん中の区画と繋がっているように見えたのでそのままにしたのだとか。

「普通に埋めようとするとパテが真ん中の区画にはみ出る」

「しかしプラ板などで仕切るのも億劫」

などと供述しており……。

ヴァルダ
ヴァルダ

後で関節色に塗り分けるなどしてそれらしくしてしまおう。

ヴァルダ
ヴァルダ

その他は単純なゲート処理やパーティングライン整形に留めている。

これで脚部の製作も終了。

 

武器の製作

アドルフ
アドルフ

チュチュ専用機唯一の手持ち武装である大型ライフル。

普段はフロントアーマーに装着されています。

水色のリード線でバックパック右側から接続されており、設定ではそこからエネルギー供給を受けるようですな。

レーナ
レーナ

なんかガナーザクウォーリアみたい。

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥3,230 (2022/12/05 03:12:10時点 Amazon調べ-詳細)

ヴァルダ
ヴァルダ

このキットは合わせ目がほとんど出ないような構成になっているけど……

唯一このライフル先端部分だけ合わせ目が発生する。

ここに接着剤を流し込もう。

レーナ
レーナ

合わせ目消しには速乾流し込み式のものを使っているよ。

過去記事も参考にしてね。

初心者向け? HGUCグフで学ぶ合わせ目消し
アドルフ 最近更新速度が遅いと思ったら今度は一日二回投稿ですか。 ヴァルダ うむ。 また筆者が初心者向けの記事を考えたのでそれをまとめる。 アドル...

アドルフ
アドルフ

……ただよく見たら完成見本では当該部分もモールド化されていますな。

接着してしまったので、今回はそのまま進めてしまいます。

アドルフ
アドルフ

接着剤を流し込み、溶けたところで合わせ目を貼り合わせて乾燥待ち。

接着剤の量が多いと他の部分にも流れ込むので注意ですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

乾燥時間が必要なので実際は作業の一番最初に行っている。

今回は部位ごとに作業を紹介しているから、ここでまとめているけどね。

レーナ
レーナ

武器の合わせ目はここ以外モールド化されているから消す必要はないみたい。

アドルフ
アドルフ

後は足首同様パテで肉抜き穴埋め。

武器では接続アーム部分と、前回触れたバックパック部分の接続パーツですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

構造を簡略化したキットだからか、どうしてもワンパーツ成型なので裏側に肉抜き穴が出来るみたいだ。

レーナ
レーナ

これでキット内容のものは揃ったみたいだね。

ここから塗装に……。

アドルフ
アドルフ

しかしなにやら筆者が追加装備を用意しているみたいなので、もう少し組み立て作業を続行します。

追加装備を用意する

ヴァルダ
ヴァルダ

筆者がチュチュを見てキャラ的に

「近接武器を持たせたい」

と思ったらしく、仮組み時にどこからかハンマーとチェーンソーを引っ張ってきた。

今回はこの2つを追加装備として用意する。

レーナ
レーナ

「銃なんか捨ててかかってこい!」

てやつかな?

画像ではライフル装備したままだけど。

created by Rinker
¥299 (2022/12/04 21:37:41時点 Amazon調べ-詳細)

ハンマーの製作

アドルフ
アドルフ

まずはハンマー。

どうやらHGBFシリーズの武器セット

「モックアーミーセット」

に含まれていたロケットハンマーですな。

この噴射口からロケットで加速。

敵に叩きつける設定だそうです。

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥1,298 (2022/12/04 17:13:04時点 Amazon調べ-詳細)
ヴァルダ
ヴァルダ

筆者はかつてハイモックとともに購入したものの、放置していた。

丁度いい機会なのでチュチュ専用デミトレーナーに持たせてみよう。

無改造で手に持たせることが出来る。

アドルフ
アドルフ

ハンマーはヘッド部分が真っ二つなので接着剤を流し込み合わせ目消しの準備。

柄は肉抜き穴があります。

今回は真っ直ぐな面なので、パテではなくプラ板を上から接着してフタをしてしまいましょう。

レーナ
レーナ

なんか難しそうな。

アドルフ
アドルフ
  • プラ板を接着
  • 乾燥後、はみ出たプラ板や接着剤を削り落として整形

といった感じです。

合わせ目消しの応用と思っていただければ。

ヴァルダ
ヴァルダ

以前紹介したスパイクを尖らせるのと同じような作業内容となる。

研いで尖って!ガンプラのスパイクシャープ化方法
レーナ 模型大隊戦闘日誌、始まるよ! アドルフ 前回はタミヤの零戦三二型が完成しましたな。 今回は……。 ヴァルダ 突然だが、君...

アドルフ
アドルフ

接着剤乾燥後はヤスリでヘッド・柄ともに整形。

柄のプラ板が接着剤成分で凹んでしまったようですな。

ここはラッカーパテを盛って埋めてしまいます。

ヴァルダ
ヴァルダ

プラ板の肉抜き穴埋めはパテのと違いパーツとパテの間に隙間が出来ないから面が綺麗になる。

反対にプラ材自体の厚みがあるから寸法が変わってしまうけどね。

可動部分なんかだと他の部品に干渉したりすることがあるから注意だ。

アドルフ
アドルフ

これでハンマーの準備は終了ですな。

 

チェーンソーの製作

アドルフ
アドルフ

続いてチェーンソー。

これはコトブキヤウェポンユニットのダイナミックチェーンソーですな。

ゼンマイが内蔵されており、巻くことで刃が回転するようになっています。

ヴァルダ
ヴァルダ

これも筆者が数年前に購入してそのままにしていたもの。

実際は持ち手が3種類付属していたようだけど……紛失したようだね。

グリップが太くそのままではデミトレーナーに装備できないので、仮組み段階ではランナーを差していた。

ヴァルダ
ヴァルダ

内部はこんな感じ。

刃の部分は可動式のため、1つずつパチパチはめ込む構造だ。

その分少々整形に手間がかかるけどね。

アドルフ
アドルフ

筆者が長年放置していた原因が、この合わせ目。

真っ二つになっており目立ちますが、接着してしまうとゼンマイが取り出せず塗装やメンテナンスで不便に。

ヴァルダ
ヴァルダ

あれこれ考える時間がもったいないので、タガネで合わせ目を掘り返しモールド化。

この手に限る。

created by Rinker
スジボリ堂(Sujiborido)
¥9,750 (2022/12/04 17:13:04時点 Amazon調べ-詳細)

アドルフ
アドルフ

持ち手は生き残っていたものを使います。

そのままでは装備できないというのは、持ち手が太すぎるというのがありますが……。

ヴァルダ
ヴァルダ

ここは単純に削って細くする。

デザインナイフや粗めの鉄ヤスリでガシガシ削ってしまおう。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥1,018 (2022/12/05 12:30:02時点 Amazon調べ-詳細)

アドルフ
アドルフ

更に両手持ちできるように、タミヤの3mmプラ棒を13mm~15mmに切り出し各凹みに接着します。

レーナ
レーナ

このパイプカッターはまたダイソー製だね。

筆者は安物を使い倒しているけど、実際は模型用に各社から発売されているみたい。

created by Rinker
ウェーブ(Wave)
¥1,034 (2022/12/05 04:24:36時点 Amazon調べ-詳細)

ヴァルダ
ヴァルダ

チェーンソー側面には本体との接続軸を装着。

3mmプラ棒では細かったので、その辺に転がっていたランナーを適当にカットして接着している。

レーナ
レーナ

何のランナーだろう。

アドルフ
アドルフ

おそらくなんらかの航空機模型のものかと。

だがそのほか一切のことはわかりません。

今回の戦果

ヴァルダ
ヴァルダ

ここの難所は刃のゲート跡。

1パーツにつき3箇所存在する。

数が多いけど、ここを綺麗にしておかないと可動時に引っかかるので注意だ。

アドルフ
アドルフ

この状態で塗装に入るので、組み立てはせずにしておきます。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はここまで。

次回はお楽しみの塗装タイムだ。

レーナ
レーナ

続きは次回!

この記事で作っているキット

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました