アカデミー 駆逐戦車ヘッツァー(初期型) 製作記⑥

戦車・装甲車等製作記
アドルフ
アドルフ

アカデミー社より発売されています、ヘッツァー初期型を作っていきます。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は残っていた細かい部品を取り付け、全体の組み立てを終えた。

今回は塗装とマーキング作業となる。

レーナ
レーナ

お楽しみの塗装作業。

ここからはほぼいつもどおりかな。

アドルフ
アドルフ

おそらく。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回は単色塗装の予定だ。

サクッと片付けてしまおう。

それでは作業を再開する。

 

 

スポンサーリンク

塗装図の確認

アドルフ
アドルフ

このキットに収録されている塗装は3種類。

  • 単色塗装
  • 2色迷彩
  • 3色迷彩(ポーランド国内軍鹵獲車フファット号)

となっています。

画像2枚目の右側は塗装図ではなく、同社の関連商品ですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はボックスアートと同じ単色塗装で作ってみよう。

下地を作る

アドルフ
アドルフ

手始めにサーフェイサーで下地を作ります。

今回はプライマー入りのサーフェイサーを使用。

金属パーツや押し出しピン跡を埋めたパテ部分に吹き付けます。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥301 (2023/02/07 04:02:41時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

プライマー入りのサーフェイサーって、塗るとちょっと膜っぽくなるというか。

厚塗りには注意だよ。

アドルフ
アドルフ

続いて本格的な下地を。

クレオスの1000番サーフェイサー、マホガニー色で全体を塗ります。

奥まった部分も忘れずに吹き付けて……。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥306 (2023/02/07 15:48:14時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

いつものやつだね。

足周りは履帯やゴムリム部分にモデルカステンの履帯色を吹きつけ。

こっちも奥まった部分を塗り残さないように……。

created by Rinker
モデルカステン(Model Kasten)
¥1,208 (2023/02/07 16:20:23時点 Amazon調べ-詳細)

 

車体色を塗る

アドルフ
アドルフ

そして本体色。

いつものようにガイアカラーのダークイエロー2を塗装。

装甲面の端や奥まった部分には、下塗りのマホガニーを残すようにします。

created by Rinker
ガイアカラー
¥582 (2023/02/07 12:48:04時点 Amazon調べ-詳細)
ヴァルダ
ヴァルダ

今回はダークイエローの単色塗装。

ヘッツァーは面が広いので、単調にならないように塗りたいところ。

多少マダラっぽいほうがそれらしく見えるかもしれない。

 

マーキング作業

アドルフ
アドルフ

続いてマーキング。

付属のデカールはこんな感じです。

レーナ
レーナ

ほとんど国籍マークだけでものすごくシンプルというか。

ポーランド国内軍の車輌は個性的だけど。

ヴァルダ
ヴァルダ

フファット号は1944年8月のワルシャワ蜂起時にポーランド国内軍によって鹵獲された個体だ。

本車輌を鹵獲した下士官の名前が由来と言われている。

アドルフ
アドルフ

貼り付けるとこんな感じ。

ドイツ軍仕様の単色塗装の場合、車体左右の国籍マークだけですな。

2色迷彩のものはマーキングすらありません。

ヴァルダ
ヴァルダ

デカールは平面に貼る上に透明のニス部分も少なめ。

問題なく貼り付けられるだろう。

今回の戦果

アドルフ
アドルフ

後は各部細かいところの塗り分け。

外付けの工具類が少ないので比較的作業はしやすいですな。

レーナ
レーナ

カニ眼鏡部分だけ注意かな?

力が加わると取り付け部分が折れやすいから気をつけてね。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回は少し短いけどここまで。

次回はウェザリングをして完成予定だ。

レーナ
レーナ

続きは次回!

この記事で作っているキット

created by Rinker
アカデミー(Academy)
¥2,299 (2023/02/07 19:56:23時点 Amazon調べ-詳細)

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました