イタレリ 15cmパンツァーヴェルファー42型 sWS搭載型 製作記⑥(完成)

戦車・装甲車等製作記
アドルフ
アドルフ

イタレリ社から発売されています、sWSのパンツァーヴェルファー自走ロケット砲を進めます。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回車輌本体の塗装が完了した。

今回はマーキングやウェザリングをして完成させるよ。

アドルフ
アドルフ

そういえば、また密林さんから物資の補充が。

ヴァルダ
ヴァルダ

ハセガワ社の震電だね。

それとトリファクトリーの……

レーナ
レーナ

あっ、ロケットマン!

アドルフ
アドルフ

どこかで見た事ある人の人形ですね。

レーナ
レーナ

金正うn

ヴァルダ
ヴァルダ

さて今回の作業を行おう。

スポンサーリンク

マーキング作業

アドルフ
アドルフ

キット付属のデカールはこちら。

複数ある注意書き類は砲弾に貼り付けるものですね。

ヴァルダ
ヴァルダ

ひたすら貼り付けていく。

デカールの質は良好なので難なく進む。

レーナ
レーナ

キャブ側面の「THOR」が気になるね。

アドルフ
アドルフ

「トール」ですかね。

調べたところ、北欧神話に出てくる雷神の名前だそうです。

時々ゲームとかでも聞く名前ですが、おそらくそれらもこの神由来かと。

部分塗装を行う

レーナ
レーナ

続いて工具などの塗装。

工具の柄はウッドブラウン

アンテナ基部はガンメタル

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥417 (2021/09/29 04:50:45時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
タミヤ
¥165 (2021/09/29 07:51:55時点 Amazon調べ-詳細)

アドルフ
アドルフ

柄の部分は今回更に上からクリアーオレンジを塗っています。

木製のはずが単調に見えたので……。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥387 (2021/09/29 04:49:50時点 Amazon調べ-詳細)

スミ入れ作業を行う

ヴァルダ
ヴァルダ

ここからウェザリング系作業。

まずはスミ入れ兼ウォッシング。

今回はタミヤエナメルのバフを使用。

そのままでは単調だったのでスミ入れ用のブラウンも少々。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥287 (2021/09/28 20:32:16時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥277 (2021/09/28 14:32:23時点 Amazon調べ-詳細)

レーナ
レーナ

この辺は以前完成させたティーガーIIと同じかな。

ドライブラシを行う

レーナ
レーナ

続いてドライブラシ。

黄色系の車体色だから、先ほどのバフをここでも使うよ。

アドルフ
アドルフ

ドライブラシについては過去記事を……。

後の作業に備えて、やや大げさに行っておきます。

チッピング作業とオイル染み

アドルフ
アドルフ

続いてチッピング作業。

ぶつかったり、擦れたりしたような跡を描きこみます。

使用色はウェザリングカラーのグランドブラウン。

軽くドライブラシするような感じで擦り付けて、お手軽に済ませます。

レーナ
レーナ

それとオイル染み。

エナメル塗料の混ぜ物を適当に撒き散らしているよ。

詳しくは過去記事参照。

ヴァルダ
ヴァルダ

画像の時点ではキャブ天面に撒いているけど、後にこれは拭き取っている。

ハッチが開いているときはここは死角になるんじゃないかと思ってね。

雨だれや錆汚れを施す

アドルフ
アドルフ

車体の垂直面には雨だれを。

今回はクレオスのウェザリングライナーを使ってみました。

……ところどころ主張が強すぎたり、曲がってしまっていますが。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥373 (2021/09/29 04:48:26時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

錆部分は筆者がいつも使っているウェザリングカラー3人衆。

これも詳しくは過去記事を……。

足回りを汚す

アドルフ
アドルフ

ここで足回りを汚します。

所属不明の車輌なのでここは好き勝手に……。

レーナ
レーナ

筆者は何にするか迷ったから、とりあえずいつも通り、ウェザリングカラーのグレイッシュブラウンを使用。

それと単調さを軽減するためサンディウォッシュも少々。


created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥704 (2021/09/29 07:48:09時点 Amazon調べ-詳細)

ヴァルダ
ヴァルダ

更に砂埃感が欲しかったので、ウェザリングカラーで濡れている間に粉物を用意。

タミヤのウェザリングマスターAセットを適当に擦りつけているよ。

ロケット砲の汚れを施す

アドルフ
アドルフ

キットのボックスアートに習って、ロケット砲の発射口を汚してみます。

タミヤのウェザリングマスターBセットのスス色を、溶剤で濡らした筆で擦りつけます。

レーナ
レーナ

ちょっとオーバーな感じもするかな。

最初ウェザリングカラーでやろうとして失敗したのもあるけど。

つや消しと最後の調整

ヴァルダ
ヴァルダ

最後にタミヤアクリルのフラットクリヤーを全体に吹き付けて完成させる。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥165 (2021/09/28 19:23:47時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

その直前に起動輪付近にタミヤエナメルのクロームシルバーを擦りつけ。

擦れた感じを再現してみたよ。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥257 (2021/09/28 12:23:31時点 Amazon調べ-詳細)
アドルフ
アドルフ

これで組み立てて完成ですね。

ヴァルダ
ヴァルダ

うむ。

以下、完成品のギャラリーとなる。

イタレリ 15cmパンツァーヴェルファー42型 sWS搭載型 完成!

ヴァルダ
ヴァルダ

実は各ハッチ部分もわずかにヒケがあって、筆者は修正していない。

つや消しをすると目立たないというのもあるけど。

アドルフ
アドルフ

続いてIV号戦車と比較。

レーナ
レーナ

sWS(国防軍重牽引車)というだけあって、大型のハーフトラックだね。

アドルフ
アドルフ

単純に筆者が

「ハーフトラック=Sd.kfz.251」

と思い込んでいるのもありますが。

作ってみた感想のコーナー

レーナ
レーナ

なんか色々苦労したね。

アドルフ
アドルフ
  • 押し出しピン跡が目立つところに多々ある。
  • 大きめのヒケが多数。
  • すんなり合わない部品が幾つかある。
  • 焼止め部分が少々ある。

といったところが主な要因でしょうか。

ヴァルダ
ヴァルダ

ちょっと手がかかるキットではあったね。

最も、筆者が昔あるイタレリ社キットで苦労したことから、同社のキットに身構える傾向があるのも加味しないと。

アドルフ
アドルフ

パーツ数自体は少なく、整形作業さえ済んでしまえば形にはなるのですが。

足回りも転輪数が少なく、パーティングラインも目立たないので処理しやすいです。

レーナ
レーナ

確かランナーは4枚だったけ。

アドルフ
アドルフ

ですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はここまで。

次回は、また新しいキットに手をつけることになるだろう。

レーナ
レーナ

次回も、お楽しみに~。

この記事で作っているキット

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました