エアフィックス メッサーシュミットBf110C 製作記⑤

※記事内に広告を含む可能性があります

航空機等製作記
アドルフ
アドルフ

エアフィックスから発売されています、駆逐機Bf110を作っていきましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は風防などを取り付け、全体の組み立てを終えた。

今回は塗装とマーキングをしてみよう。

レーナ
レーナ

だいぶ暖かくなって春らしい気候になってきたかな。

作業中の換気ついでに窓を開けるといい感じに。

アドルフ
アドルフ

夏になる前にエアコンの手入れとかを済ませたいところですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

筆者の部屋の片付けでまた臨時休業になるかもしれない。

とりあえず今回の作業を進めよう。

 

 

スポンサーリンク

塗装図の確認

アドルフ
アドルフ

本キット付属の塗装図はこちら。

ドイツ軍所属機とイタリア軍所属機の2種類が収録されています。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回は珍しいイタリア軍所属機をチョイス。

塗装図の下のものだ。

夜間戦闘に使われたのか、下面が黒く塗られているのが特徴だね。

また所々オリーブドラブで塗りつぶされた箇所もある。

 

 

下地を作る

アドルフ
アドルフ

まずは下地作り。

  • 風防や脚にMr.カラーのRLM02グレーを吹きつけ
  • その後全体にMr.サーフェイサー1000を吹きつけ

という順番で進めていきます。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥374 (2024/04/15 02:30:32時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

「モールドが埋まるからサフは吹かない」

って人もいるみたいだけど……

このキットはかなりモールドが深めに彫られているから、埋まる心配はないね。

 

下面の塗装

ヴァルダ
ヴァルダ

イタリア軍所属機は胴体に白い帯を塗っている。

ガイアノーツのホワイトサーフェイサーを吹きつけ、乾燥後にマスキングをしよう。

created by Rinker
ガイアノーツ(Gaianotes)
¥500 (2024/04/15 03:18:12時点 Amazon調べ-詳細)
アドルフ
アドルフ

実機は通常の塗装から黒い下面色を塗っているように見えますが……

先に下面を塗ったほうがやりやすそうだったので、こちらから。

使用したのはMr.カラーのカウリング色です。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥175 (2024/04/14 17:54:16時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

筆者は夜間迷彩の黒を塗るとき、いつもこの色を使っているよね。

アドルフ
アドルフ

普通の黒よりも少し青みがありますな。

変化をつけたいので、こちらを選んでいるのだとか。

上面の迷彩を塗る

ヴァルダ
ヴァルダ

おそらく上面に追加されたオリーブドラブも実際は通常迷彩の上からの上塗り。

しかしマスキングがしやすそうだったので、先に塗ってしまう。

ただこの色で少し迷ってね。

レーナ
レーナ

なんかあったの?

ヴァルダ
ヴァルダ

エアフィックスのキットはすべてハンブロールカラーの指示となっている。

んで当該色はハンブロール66番、マットオリーブドラブで塗るんだけど……

この色、オリーブドラブという名前の割には妙に青みや黒みが強いようでね。

レーナ
レーナ

筆者の愛用しているMr.カラーの同名色は、もっと黄色とか茶色っぽいというか。

ヴァルダ
ヴァルダ

なので代わりの色を探していた。

ここで筆者は代わりにRLM80オリーブグリーンを発見。

名前も色みもそれらしいので、それで塗ることに。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥386 (2024/04/15 09:27:14時点 Amazon調べ-詳細)
アドルフ
アドルフ

本来はドイツ軍機の熱帯色の斑迷彩に多用されている色ですな。

筆者はあまり使っていませんが……。

ヴァルダ
ヴァルダ

使用頻度が少なくて余り気味だった色だ。

これ幸いと今回使うことに。

ヴァルダ
ヴァルダ

後の上面は通常のドイツ軍機でも多用された色だ。

まずはRLM71ダークグリーン

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥164 (2024/04/15 00:50:29時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

どちらかといえば攻撃機・爆撃機によく使われる色だね。

Bf110は重戦闘機を基本とした多用途機だけど。

アドルフ
アドルフ

Bf110は割と塗装バリエーションが多いですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

そしてマスキングをし、RLM70ブラックグリーンを吹きつけ。

これでようやく迷彩は終了だ。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥374 (2024/04/15 03:15:55時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

あらら、プロペラが片方外れちゃっているよ。

アドルフ
アドルフ

エンジンナセルの内部に軸が引っ込んでしまっていますな。

後でナセルを外して再接着しましょう。

 

テープ剥がしタイム!

ヴァルダ
ヴァルダ

お楽しみのテープ剥がしタイム。

ついでに細かい部分を筆で塗り分けよう。

レーナ
レーナ

オリーブドラブ部分はもう少し黒っぽい感じが良かったかな?

なんかRLM71と被っているような。

アドルフ
アドルフ

しかし黒っぽくするとRLM70や下面色と被るように……。

マーキング!

ヴァルダ
ヴァルダ

そのままマーキングをしてしまう。

キット付属のデカールはこちら。

計器部分は使用済みだ。

レーナ
レーナ

ドイツ軍機だけど鉤十字はついてこないから、別途用意してね。

今回はイタリア軍機にするから大丈夫だけど。

……それにしても細かい注意書きが多いような。

ヴァルダ
ヴァルダ

夜間迷彩で塗り潰されてしまったのか、イタリア軍機では下面の注意書きを一部省略する。

塗装で塗り分けの手間が増えたけど、こっちでは逆に少し手間が省けるんだ。

 

今回の戦果

アドルフ
アドルフ

貼り付けるとこんな感じに。

2017年製のカルトグラフデカールなので、特に問題はありませんな。

デカール軟化剤と合わせれば凹凸も問題なく馴染みます。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥585 (2024/04/14 10:58:50時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥557 (2024/04/15 05:21:06時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

イタリア軍所属機だよね?

主翼のマーキングはドイツ軍所属機っぽいけど。

ヴァルダ
ヴァルダ

胴体の機番や尾翼の白十字部分で、イタリア軍所属をさりげなくアピールしている。

今回はここまで。

次回はウェザリングを施して完成予定だ。

レーナ
レーナ

続きは次回!

この記事で作っているキット

【新品・中古】プラモデルを買うなら駿河屋

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました