エアフィックス メッサーシュミットBf110E/E-2TROP 製作記(おまけ)

※記事内に広告を含む可能性があります

航空機等製作記
レーナ
レーナ

模型大隊戦闘日誌、始まるよ!

アドルフ
アドルフ

前回はエアフィックスのメッサーシュミットBf110Eが完成しましたな。

少し日が開いたわけですが……。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回作ったエアフィックスのBf110E/E-2TROP。

以前も少し触れたけど、筆者はこのキットを2つ保有していた。

せっかくの機会なので、今回はその2機目を作ってしまう。

レーナ
レーナ

少し更新が止まっていたのはもしかして……。

ヴァルダ
ヴァルダ

うむ。

前回作ったキットとまったく同じものなので、ダイジェスト版となる。

1機目と異なる箇所だけ掻い摘んで紹介し、一気に完成まで進めてしまおう。

エアフィックス メッサーシュミットBf110E/E-2TROP 製作記①
レーナ模型大隊戦闘日誌、始まるよ!アドルフ前回はエアフィックスのBf110C-2/C-4の2機目が無事完成しましたな。今回は……。ヴァルダここ最近エアフィックスのBf110が続いている。更に続く予定だ。もう少し付き合ってほしい。レーナあれ?...

 

アドルフ
アドルフ

詳しいキット内容については、前回作った1機目を参考にしていただければ幸いです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

ダイジェストで組み立てを進める

ヴァルダ
ヴァルダ

それでは組み立てを始める。

とはいっても、先ほど語ったとおり1機目のE型やそれ以前に作ったC型とほぼ同じ構成だ。

詳しくはそれらを参考にしてほしい。

エアフィックス メッサーシュミットBf110E/E-2TROP 製作記②
アドルフ筆者の積み山から掘り出してきた、エアフィックスのBf110Eを作っていきましょう。ヴァルダ前回はパーツの確認を行った。今回は組み立て作業開始。一気に機体を組んでしまおう。レーナこの流れは……。アドルフこのキット、前回のパーツ一覧から...

 

エアフィックス メッサーシュミットBf110C 製作記②
アドルフエアフィックスから発売されています、メッサーシュミットBf110Cを作っていきましょう。ヴァルダ前回はパーツ紹介をした。今回から組み立て開始。各部の貼り合わせをしてコクピット内部も塗り分けよう。レーナ筆者が大量に保有しているBf11...

アドルフ
アドルフ

今までのキットと異なる部分が、この尾部。

通常タイプのもののほか、大型化されたものがセットされています。

今回はこちらを使ってみましょう。

内部の凸ピンが原因で部品表面には凹みができているので、ここはパテで埋めておきましょう。

レーナ
レーナ

調べたところ、この大型化された尾部には救命いかだが搭載されているみたいだね。

 

アドルフ
アドルフ

取り付けるとこんな感じ。

後方に大きく飛び出しているのが特徴的ですな。

 

ヴァルダ
ヴァルダ

爆弾や増槽は1機目のE型同様。

ただ今回は胴体下部にも増槽を搭載している。

このパーツは以前C型の際に一度組み立てたね。

エアフィックス メッサーシュミットBf110C-2/C-4 製作記②
アドルフエアフィックスから2010年ごろに発売された、メッサーシュミットBf110C-2/C-4のキットを作っていきましょう。ヴァルダ前回は箱の中身を確認した。今回は一気に組み立ててしまおう。レーナなんとなく予想はしていたけど、ダイジェスト...

 

アドルフ
アドルフ

あらかじめ組み立て前に胴体下部に穴あけをするのを忘れずに。

これで組み立て終了。

塗装に入りましょう。

 

塗装図の確認

アドルフ
アドルフ

キット付属の塗装図はこちら。

1機目は上のAパターンで作ったので、今回は下のBパターンで仕上げてみましょう。

レーナ
レーナ

こっちは胴体側面にもブルーが回りこんでいるのが特徴だね。

ほかにもAパターンは黄色帯と白帯だったのに対して、こっちは白帯のみという。

ヴァルダ
ヴァルダ

ここで作業前に筆者が愛用している防毒マスクのフィルターを交換する。

画像左が交換前。

右が交換後。

created by Rinker
重松製作所
¥1,343 (2024/05/21 15:21:13時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

うわぁ、だいぶ汚れているね。

アドルフ
アドルフ

約半年ぶりに交換しますな。

この辺りは使用頻度に応じて……。

 

 

下地を塗る

ヴァルダ
ヴァルダ

まずは下地から。

とはいっても、ほとんどが1機目と同じだ。

主な流れや使用塗料はそちらを参考にしてもらいたい。

エアフィックス メッサーシュミットBf110E/E-2TROP 製作記③
アドルフエアフィックスのBf110Eを作っていきましょう。ヴァルダ前回は部品を切り出して組み立て作業を一気に終えた。今回は塗装とマーキングを行う。レーナ筆者の作業に記事が追いついたみたいだね。アドルフそのようですな。なのでしばらく記事の更新...
レーナ
レーナ

強いて言うなら

  • 黄色帯はないので、黄色の塗料は使わない
  • プロペラスピナー含めてエンジン先端が上下ともに白一色
  • 胴体の白帯が太い

といったところが違う感じだね。

アドルフ
アドルフ

詳しくは後述しますが、筆者がここで間違えて胴体の白帯を細くしてしまっています。

皆さんは間違えないように……。

本体色を塗る

ヴァルダ
ヴァルダ

各部をマスキング後、本体色を塗る。

機体下部はRLM78ライトブルー

1機目と同じ色だけど、今回は胴体側面や垂直尾翼側面にも塗られている。

忘れずに塗っておこう。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥385 (2024/05/21 21:34:27時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

尾翼部分まで下面色が回り込むのはなんか新鮮。

ヴァルダ
ヴァルダ

上面色はRLM79サンドイエロー

機体上にべた塗りする。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥374 (2024/05/21 19:44:49時点 Amazon調べ-詳細)
アドルフ
アドルフ

胴体側面や垂直尾翼など、微妙な曲線の塗り分けになっています。

ここはタミヤの曲線用マスキングテープで塗り分けるのが便利ですよ。

レーナ
レーナ

機首部分もライトブルーが側面まで回りこんでいるみたいだね。

付属の塗装図だとエンジンに隠れて主翼付け根の塗り分けが不明だけど……

とりあえず胴体みたいに曲線で。

アドルフ
アドルフ

マスキングを剥がすとこんな感じに。

胴体の白帯が狭くなってしまっていますが……。

ヴァルダ
ヴァルダ

筆者がこの帯に気づくのはマーキング後だ。

 

マーキングと部分塗装

アドルフ
アドルフ

その後は筆で部分塗装。

特にプロペラはデカールを貼り付けるので、先に塗っておきたいところです。

使用色は他のドイツ機同様、RLM70ブラックグリーンですな。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥374 (2024/05/21 14:16:38時点 Amazon調べ-詳細)

 

ヴァルダ
ヴァルダ

デカールは大判のものが少ないため、パリパリした材質だがまだ楽。

尾翼の鉤十字は付属しないので、1機目同様別売りのエクストラデカールのものを使用している。

 

 

ウェザリング!

レーナ
レーナ

ウェザリングは過去記事を参考にしてね。

それらしくなる!Ju88で学ぶ飛行機模型ウェザリング3点セット
アドルフこんなところを見ている人がいるかわかりませんが一応ご挨拶を。どうも、本ブログの案内人であるアドルフと申すものです。ヴァルダ同じく、こんなところの案内人であるヴァルダ。アドルフ先日ドムの日である10月6日に間に合わせるために作っていた...
アドルフ
アドルフ

機番を貼り付けた胴体側面が少し汚くなっていますな。

ヴァルダ
ヴァルダ

おそらく透明のニス部分がうまく密着しておらず、ニス部分と本体の間にスミ入れ塗料が流れ込んでしまったのだろう。

 

 

白帯を塗り直す

アドルフ
アドルフ

なにやら筆者が筆塗りをしていますな。

ヴァルダ
ヴァルダ

筆塗りだとエアブラシ塗装と違う感じになると判断して、当初は塗り間違えた白帯を無視して進むつもりだった。

しかしウェザリングで汚くなったので、筆者は方針転換。

足りない白帯部分を筆塗りして仕上げることにした。

レーナ
レーナ

さすがに細かい注意書きの間は下地が残っているみたいだけど。

ヴァルダ
ヴァルダ

塗り終わるとこんな感じ。

やはり雑だが、ウェザリングしてしまえば馴染むだろう。

アドルフ
アドルフ

遠目ならまだ大丈夫ですな。

 

 

つや消しして仕上げる

 

ヴァルダ
ヴァルダ

最後につや消しを吹きつけ、各マスキング箇所を剥がす。

そしてピットマルチ君で各部を貼り合わせる。

created by Rinker
トンボ(Tombow)
¥216 (2024/05/21 13:39:55時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

これで完成だね。

以下、ギャラリーだよ。

 

 

エアフィックス メッサーシュミットBf110E/E-2TROP 完成!

 

レーナ
レーナ

1機目同様トロピカルな感じに。

アドルフ
アドルフ

1機目と並べるとこんな感じに。

尾部が大きく異なるのがわかりますな。

ヴァルダ
ヴァルダ

所属部隊は共に第26駆逐航空団だ。

 

 

作ってみた感想のコーナー

レーナ
レーナ

キット内容は1機目と完全に同じだから、そっちを参考に……。

エアフィックス メッサーシュミットBf110E/E-2TROP 製作記④(完成)
アドルフエアフィックスのメッサーシュミットBf110E/E-2TROPを作っていきます。ヴァルダ前回は塗装とマーキングを行った。今回はウェザリングを施し完成に持ち込む。レーナ次々と完成品が。アドルフしかしその分筆者の作業に記事が追いついてし...

 

アドルフ
アドルフ

何はともあれ、これで筆者の手持ちのエアフィックス製メッサーシュミットBf110が全て完成しましたな。

レーナ
レーナ

2010年に発売したC型をはじめ、13年前から集めていたキットがようやく完成品として揃ったね。

ヴァルダ
ヴァルダ

筆者は長年箱の状態で積んでいたわけだけど……

本当はこんな感じに完成品を並べたくて購入したはずだ。

アドルフ
アドルフ

今回ようやくそれが実現したわけですな。

この調子で残りの他社製Bf110も作りたいところですが……。

ヴァルダ
ヴァルダ

無事エアフィックス製Bf110が揃ったところで今回は終了としよう。

しばらく航空機が続いたから、次回は何か別のものを作りたいところだ。

レーナ
レーナ

次回も、お楽しみに~。

 

【新品・中古】プラモデルを買うなら駿河屋

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました