ガンプラ新製品HGウィンダム製作記④(完成)

ガンプラ製作記録
アドルフ
アドルフ

ノロノロ運転で進んでいるHGCEウィンダム製作の続きです。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回はエアブラシ塗装まで進んだ。

今回は完成に持ち込もう。

アドルフ
アドルフ

本当に完成できるんですかね。

ヴァルダ
ヴァルダ

まあ見ていればわかる。

スポンサーリンク

細かい塗装とマーキング

ヴァルダ
ヴァルダ

部分塗装の途中経過。

メインカメラ類は青竹色、ミサイル等の赤はモンザレッド。頬や胸部のバルカン砲は関節にも使ったMSグレー連邦用。

地味に見落としやすいのが足の塗り分け。

基部を関節色で、シリンダーをシルバーで塗っている。

アドルフ
アドルフ

部分塗装終了後。

ようやくそれらしくなってきましたね。

アドルフ
アドルフ

マーキングは主に筆者が買いだめしていたSEED系のガンダムデカールから使用します。

アドルフ
アドルフ

貼り付けるとこんな感じに。

細かい注意書き類は控えめにして主に所属を表すものをメインとしています。

ジェットストライカーの背面や左肩の番号は地球連邦軍MS用やアナハイム社製MS用のデカールから。

仕上げ作業を行う

ヴァルダ
ヴァルダ

アホな筆者が急いで作っているからか、なんか今回は全体的に写真を撮り忘れているね。

この画像はクレオスのウェザリングカラーによるスミ入れの最中を撮影したもの。

それ以上でもそれ以下でもない。

アドルフ
アドルフ

ここで今後の作業に備えて一度つや消しのスプレーを吹き付けて、表面をざらつかせておきます。

アドルフ
アドルフ

ちなみにここでアホな筆者がストライカーの垂直尾翼を塗り間違えていたことが発覚。

時間が惜しいので筆塗りで修正します。

ヴァルダ
ヴァルダ

ざらつかせた表面にドライブラシを行う。

ウィンダムは青系の塗装が多いのでここはエナメル塗料のライトブルーをチョイス。

白い部分は効果が薄かったためドライブラシは行っていない。

アドルフ
アドルフ

その他チッピング系の汚しを行います。

ウェザリングカラーのグランドブラウンで錆や焦げの混ざった傷をイメージ。

タミヤエナメルのシルバーは擦れた系の傷をイメージしています。

ウィンダムは航空機っぽい感じがしたのでシルバーの汚しを多めに……。

アドルフ
アドルフ

なんだかんだでとりあえずこんな感じに。

ウェザリングカラーのスミ入れが薄かったところはタミヤエナメルでスミ入れを行っています。

つや消しの仕上げと共に行うウェザリング

アドルフ
アドルフ

最後に水性のつや消しをエアブラシで吹きつけて完成。

・・・・・・なのですが、ここで皆さん大好きタミヤのウェザリングマスターをこすり付けます。

ヴァルダ
ヴァルダ

ストライカーの噴射部にBセットのスス、足にはAセットのサンド色。

ジェットストライカーを背負ったウィンダムは飛行しているイメージがあるので、脚の砂汚れは控えめに抑えておく。


アドルフ
アドルフ

擦りつけて定着したら更に吹き付けて完了です。

実験 擦れる部分にメタルカラー

アドルフ
アドルフ

擦れる部分はどうしても塗装がはがれてしまいます。

なのでここで実験。

擦れることで輝きが増す、Mr.メタルカラーを塗ってみます。

アドルフ
アドルフ

これで擦れても寧ろ輝きが・・・・・・

増しませんでした。はがれました。

ヴァルダ
ヴァルダ

とりあえず今回はスルーしよう。

完成させるんだ。

HGウィンダム ロールアウト!!

アドルフ
アドルフ

チャージマン研!並みに色々突っ込みどころがありますがこれで完成にしましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

以下ギャラリーだ。

アドルフ
アドルフ

続いてストライカーを外して数枚。

ヴァルダ
ヴァルダ

1/144コレクションシリーズのストライクを思い出すね。

筆者の在庫にストライカー目的で買われたのが2体いたような・・・・・・。

アドルフ
アドルフ

その他アクションポーズです。

ジェットストライカー装備なので、スタンドも活用します。

今回の失敗コーナー

アドルフ
アドルフ

その1、ピンを切り取りすぎてやたらと腿が外れやすくなってしまいました。

ポーズをつけようとしたらやたら外れてぶつかったりして傷がついたり・・・・・・。

ヴァルダ
ヴァルダ

その2、ビームサーベルの刃が同時に購入したインフィニットジャスティスのものとごっちゃになっていた。

見ためは同じだけど、インフィニットジャスティス付属のものはピン部分の直径が違うため互換性がない。

作り終えて

アドルフ
アドルフ

このキットのポイントはやはりジェットストライカーの塗装ですかね。

キットのままだとほぼ単色なので、ここを塗り分けるだけでもだいぶ印象がかわりますよ。

筆者はストライカーの武装を赤い部分以外エアブラシで塗り分けましたけど、細かいのでほとんど筆塗りでも良さそうですね。

ヴァルダ
ヴァルダ

キット自体は可動範囲も申し分ない。

筆者は緩くしすぎて失敗したけど、塗装の際に各部スナップフィットのピンを調整しておくのがおススメ。

特にウィンダムは関節部分をはさみこむ構造が多いので作業中に分解する場面が多い。

無理に分解するとパーツ表面に傷がついたり。

アドルフ
アドルフ

KPS製パーツの悩みどころですね。

さて、今回はこの辺りでお開きにしましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

次回は何を作るかね……。

この記事で作っているキット

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥1,990 (2021/05/06 15:18:22時点 Amazon調べ-詳細)

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました