タミヤ パナール178/AMD35 製作記①

戦車・装甲車等製作記
レーナ
レーナ

模型大隊戦闘日誌、始まるよ!

アドルフ
アドルフ

前回はタミヤのシトロエン11CVが完成しました。

今回は何を作るのでしょうか。

ヴァルダ
ヴァルダ

筆者が去年購入して積んだままになっている、あるAFVキットを組んでみよう。

レーナ
レーナ

積みプラをどんどん消化していくね。

アドルフ
アドルフ

筆者は消化速度が上がると、積み速度も上がる傾向があるのですが……

大丈夫なのでしょうか。

スポンサーリンク

今回のお題 タミヤ パナール178/AMD35

ヴァルダ
ヴァルダ

今回のお題はこちら、タミヤより

パナール178 AMD35

正式な商品名は「フランス装甲車 AMD35 ”1940年”」

アドルフ
アドルフ

前回のシトロエンに続き、フランスの車ですな。

レーナ
レーナ

ミリタリーコレクション

いつものミリタリーミニチュアシリーズとはなんか違うのかな?

ヴァルダ
ヴァルダ

ミリタリーコレクションシリーズは純正のタミヤ製品に付く名前だ。

今回のキットはウクライナの模型メーカー、ICM社のキットを使っている。

created by Rinker
アイシーエム
¥5,860 (2021/09/28 22:49:30時点 Amazon調べ-詳細)
アドルフ
アドルフ

いわゆるOEMですな。

ちなみにICM社は2021年4月現在、ハセガワ社が輸入代理店となっているようです。

パナール178/AMD35とは

ヴァルダ
ヴァルダ

これは名前の通り、フランスのパナール社が開発した装甲車だ。

AMD35とは形式名で「1935年式索敵装甲車」という意味になる。

レーナ
レーナ

「○○年式」って名称はどの軍でも使われるものなんだね。

ヴァルダ
ヴァルダ

開発は1931年から始まる。

  • 70km/hの最高速度
  • 400kmの航続距離
  • 5~8mm厚の装甲
  • 20mmの主砲

が主な要求仕様だった。

ルノー、ベルリエ、ラティル、パナールの4社がこれの試作車を作る。

アドルフ
アドルフ

それで採用されたのがこのパナール社のパナール178だった、ということですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

採用されたことで本車にはAMD35という形式名がつく。

ただストライキや部品調達の問題ですぐには生産されず、1937年ごろからと言われている。

1940年の対ドイツ軍への戦闘時には約360輌の本車が部隊に配備されていたようだ。

内20~30輌は無線を積んだ指揮車型のようだね。

レーナ
レーナ

西方戦役だっけ。

ヴァルダ
ヴァルダ

ドイツ軍も本車の性能を高評価し、Panzerspähwagen P.204 (f)の名称を与えて自軍の装備に組み込んでいる。

1941年のソ連戦までに190輌が配備されていたようだ。

これには鹵獲車だけではなく、フランス占領時に製造途中だったものを組み立てたものも含まれている。

created by Rinker
アイシーエム
¥5,192 (2021/09/29 04:50:36時点 Amazon調べ-詳細)
アドルフ
アドルフ

電撃戦に不適な戦車類とは違って、高評価だったようですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

ちなみに鉄道警備のため、ドイツ軍ではタイヤを鉄道用車輪に換装した車輌も存在する。

その他大戦後にはフランスが改良型パナール178Bを生産して、フランス植民地に配備。

インドシナ紛争に投入されるなどしたんだ。

箱を開けてみよう

ヴァルダ
ヴァルダ

それでは箱を開けて中身を確認してみよう。

説明書、パーツ袋、デカール。

レーナ
レーナ

あれ、プラパーツの成型色が。

ヴァルダ
ヴァルダ

うむ。

中央の袋がICM社製パーツ。

右のオリーブ色のパーツがタミヤ製だ。

アドルフ
アドルフ

ランナーは5枚。

見た感じパーツは少ないですね。

レーナ
レーナ

細かいパーツが目立つランナーがあるね。

アドルフ
アドルフ

このキット、どうやら内部再現もされているようです。

ヴァルダ
ヴァルダ

ちなみにタミヤ製のアクセサリーパーツ類。

ランナーに「35284」の刻印がある。

どうやらタミヤMMシリーズの「UEトラクター」に付属するランナーの流用らしい。

ヴァルダ
ヴァルダ

他にはゴムタイヤとデカール。

前者はICM製で、後者はタミヤ製だ。

アドルフ
アドルフ

筆者はミリタリーモデルでゴムタイヤは初めてなんですよね。

取り扱いが気になりますな。

ヴァルダ
ヴァルダ

塗装は3種類。

フランス軍が2種類と、ドイツ軍鹵獲車輌が1種類だ。

塗装はいずれもオリーブグリーン1色。

アドルフ
アドルフ

筆者はドイツ軍仕様で組むため、これを購入したようですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

ところがだね……。

アドルフ
アドルフ

このデカールは……。

ヴァルダ
ヴァルダ

筆者が去年ソミュアS35用に購入した第3SS師団トーテンコップのデカール。

これが本車にも対応していたのでね。

今回再び使ってみよう。

1/35 WWII ドイツ 親衛隊 SSトーテンコープス フランス侵攻時の第3SS装甲師団 1940年 ソミュアS35、パナール178他【SD35-C1180】 STAR DECALS

次回、製作開始!

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はここまで。

次回から早速組み立て作業に入ろう。

アドルフ
アドルフ

内部再現がされたキットですか。

筆者はどのように仕上げるのか、気になりますな。

レーナ
レーナ

続きは次回!

この記事で紹介しているキット

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました