タミヤ 1/35 ティーガーII(ポルシェ砲塔) 製作記⑤

戦車・装甲車等製作記
アドルフ
アドルフ

タミヤMMシリーズのティーガーII(キングタイガー)

それのポルシェ砲塔型を作っていきます。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は組み立てを終えた。

今回は塗装やマーキングを行っていこう。

レーナ
レーナ

相変わらずプラモ界隈はガンプラが話題だねぇ。

今日はMGのドムが新製品として発売したんだっけ。

筆者も旧製品のほうは以前購入したことがあるみたいだけど。

アドルフ
アドルフ

確保できた人もいればできなかった人もいるようで様々ですな。

そのキット、ガンプラとしては珍しく完全新規ではなく旧製品の関節機構を一部アップデートしての発売とのことです。

ヴァルダ
ヴァルダ

スケールモデルではタミヤの一式砲戦車やカーロ・アルマートM13/40なんかが旧製品の一部をリニューアルして発売している。

よく見ると70年代の部品と00~10年代の部品が混在しているんだ。

レーナ
レーナ

メーカー側からすると、やっぱり金型開発のコストが抑えられるのかな?

アドルフ
アドルフ

近年はラングのように、細部の異なる同型を完全新規で発売するパターンが多いようですが。

タミヤ IV号駆逐戦車/70(V)ラング 製作記①
レーナ 模型大隊戦闘日誌、始まるよ! アドルフ 前回は筆者初の旅客機プラモ、ユンカースJu52の民間型を作りました。 今回は何を作るのでしょうか。 ...
タミヤ IV号駆逐戦車ラング 製作記①
レーナ 模型大隊戦闘日誌、始まるよ! アドルフ 前回は先月筆者が購入してきたIV号駆逐戦車ラングが完成しましたな。 今回は何を作るのでしょうか。 ...
ヴァルダ
ヴァルダ

この話題はこの辺にして・・・・・・

本題であるティーガーIIに入っていこう。

 

スポンサーリンク

下地から塗っていく

ヴァルダ
ヴァルダ

キット付属の塗装図はこちら。

3色迷彩が施された車輌が車番違いで3種。

そして冬季迷彩の車輌が1種。

今回は3色迷彩の車輌で作ってみよう。

アドルフ
アドルフ

第3戦車大隊と記載されていますが、おそらく第503重戦車大隊のことかと。

連合軍によるノルマンディ上陸作戦を受けて、受領したばかりのティーガーIIと共に迎撃に向かったとのことです。

アドルフ
アドルフ

そんなこんなで下地から作っていきます。

先に追加工作した金属部分にガイアノーツのマルチプライマーを塗りましょう。

 

レーナ
レーナ

これがないと金属部分は塗装が剥がれるんだよね。

その後はクレオスよりマホガニーのサーフェイサー

そして足回りはモデルカステンの履帯色

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥306 (2022/10/07 13:01:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

created by Rinker
モデルカステン(Model Kasten)
¥1,210 (2022/10/07 19:04:51時点 Amazon調べ-詳細)
ヴァルダ
ヴァルダ

この辺りはいつも筆者が行う作業パターンだ。

 

 

本体色を塗っていく

アドルフ
アドルフ

お次はベース色のダークイエロー。

ガイアノーツのダークイエロー2を使っていきます。

created by Rinker
ガイアカラー
¥570 (2022/10/07 14:12:01時点 Amazon調べ-詳細)

 

レーナ
レーナ

キットの端に下地を残しながら・・・・・・

あまり神経質にならなくてもいいかも。

ヴァルダ
ヴァルダ

多少斑になってしまっても問題ない。

むしろそれらしく見えることもある。

アドルフ
アドルフ

続いてガイアノーツのオリーブグリーンで迷彩を。

作業中は気付きませんでしたが、どうやら太めの帯状になっているみたいですな。

created by Rinker
ガイアノーツ(Gaianotes)
¥455 (2022/10/08 03:46:57時点 Amazon調べ-詳細)

 

レーナ
レーナ

正直これだけでも十分カッコいいような。

ヴァルダ
ヴァルダ

そこでは止めず、もう1色塗ろう。

ガイアカラーのレッドブラウンで迷彩を追加だ。

created by Rinker
ガイアノーツ(Gaianotes)
¥455 (2022/10/07 14:29:30時点 Amazon調べ-詳細)

 

レーナ
レーナ

なんかせっかくのダークイエロー下地が見えなくなっているような。

アドルフ
アドルフ

前回のヘッツァーみたいですな。

どちらもベース色がダークグリーンに変わる前の車輌なので、イエローベースのはずですが。

タミヤ 1/35 駆逐戦車ヘッツァー(中期生産型) 製作記④
アドルフ タミヤMMシリーズより、ヘッツァー駆逐戦車を作っていきます。 ヴァルダ 前回は車体上部や主砲を組み立てた。 今回は残りの細かい装備を組み立てて、塗装もしてみよ...

 

ヴァルダ
ヴァルダ

ちなみに実は筆者が主砲先端付近の色を一部間違えて塗っている。

車番が3種類あるので、それの個体差だということにしてそのまま進めている。

レーナ
レーナ

見なかったことにしよう。

 

 

部分塗装

アドルフ
アドルフ

ここまで来たらエアブラシを一旦片付け。

筆で細かいところを塗り分けていきます。

今回は前回のヘッツァー同様、錆で誤魔化さず装備を金属色で塗り分けてみました。

タミヤ 1/35 駆逐戦車ヘッツァー(中期生産型) 製作記⑤(完成)
アドルフ タミヤMMシリーズのヘッツァー駆逐戦車を作っていきます。 ヴァルダ 前回は細かい装備を組み立て、そのまま車体の塗装まで行った。 今回は細かい塗装やマーキング、...
レーナ
レーナ

ヘッツァーのときはタミヤカラーのガンメタルで塗ったけど、ちょっと銀色感が強かったかな?

今回筆者はMr.カラーの黒鉄色にしたみたいだけど。

ちなみにガンメタルは機銃部分で使っているよ。

・・・・・・画像で見比べるとあまり変わらないような。

created by Rinker
タミヤ
¥367 (2022/10/07 04:44:33時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥123 (2022/10/08 03:54:51時点 Amazon調べ-詳細)
ヴァルダ
ヴァルダ

ヘッツァーのときは筆者の攪拌に問題があったのかもしれないね。

ここも引き続き調査が必要だ。

 

 

マーキング

アドルフ
アドルフ

キット付属のデカールはこちら。

大戦後期の車輌らしく必要最低限のものがセットされています。

レーナ
レーナ

AnneLieseってなんだろう?

ヴァルダ
ヴァルダ

アンネリーゼ(説明書ではアネリーゼ)はドイツ人女性の名前だ。

車輌につけられた愛称のようだね。

アドルフ
アドルフ

冬季迷彩車輌に書かれていたものなので、今回は使いませんが。

今回の戦果

アドルフ
アドルフ

3色迷彩の車番は3種類からの選択になります。

今回は334号車にしてみました。

レーナ
レーナ

ツィンメリットコーティングや後部ハッチの凸凹面に貼り付けるから、デカール軟化剤は必須だね。

塗り前にマークセッターを、塗った上からはマークソフターを・・・・・・。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥172 (2022/10/07 15:32:38時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥220 (2021/10/27 21:38:21時点 Amazon調べ-詳細)
ヴァルダ
ヴァルダ

着色が完了してそれらしくなったけど、今回はここで一旦中断。

次回ウェザリングなどで仕上げて完成予定だ。

レーナ
レーナ

続きは次回!

この記事で作っているキット

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました