タミヤ 1/72 晴嵐 製作記③

※記事内に広告を含む可能性があります

航空機等製作記
アドルフ
アドルフ

タミヤウォーバードコレクションシリーズより、特殊攻撃機晴嵐を作っていきましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回はコクピット内を組んだ。

今回はオモリをセットしたり、前々回触れた放置品と部品を挿げ替えたりする。

レーナ
レーナ

3月ももうおしまい。

明日から4月だね。

アドルフ
アドルフ

今年ももう1/4が終わってしまったというやつです。

レーナ
レーナ

実感がないんだなぁ、これが。

ヴァルダ
ヴァルダ

月末なのでいつもの集計も最後にとろう。

それでは作戦を再開する。

スポンサーリンク

機首のオモリをセットする

アドルフ
アドルフ

前回は機内を塗ったところで中断しました。

そこから再開しましょう。

水上機キットはたいていフロートや機首の空きスペースにオモリをセットする必要があります。

今回の晴嵐は機首のスペースにセットする指示が出ていますな。

ヴァルダ
ヴァルダ

無論オモリはキットには入っていない。

別途用意する必要があるので注意だ。

アドルフ
アドルフ

オモリをセットすると同時にコクピットを挟み込んで組んでしまいますが……

計器と照準器は上からの宙吊り状態となります。

接着面積が狭くてかなり強度に不安がありますな。

ヴァルダ
ヴァルダ

オモリをセットする前に補強を済ませておこう。

筆者は裏から3mmプラ棒を接着し、補強材にした。

外からは見えないので安心だ。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥850 (2024/07/24 17:17:24時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

照準器は前面の切り欠き部分に合わせるけど……

切り欠きが少し狭くて、うまくはまらない感じ。

筆者は少し切り欠きを削って広げているよ。

アドルフ
アドルフ

タミヤキットにしては珍しいですな。

それとも筆者が急いで組んだから間違えたか……。

アドルフ
アドルフ

ここでようやくオモリをセットします。

そのままだと中で動くので、エポパテを充填して固定しましょう。

今回はいつものタミヤ製エポキシパテ(速硬化タイプ)を使っています。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥1,840 (2024/07/24 12:03:27時点 Amazon調べ-詳細)
ヴァルダ
ヴァルダ

肝心のオモリは筆者がダイソーで確保していた、ナス型オモリの3号

大きさ的に丁度いいが、後に3号のオモリは11gちょいと判明。

偶然だが重さ的にも丁度よかった。

レーナ
レーナ

筆者は釣りとかしないから、その辺り詳しくなかったという。

説明書だと約12gの指定だから、パテとか含めると丁度いい感じに。

アドルフ
アドルフ

ダイソー製に限らず、ナス型オモリなら応用できそうですな。

晴嵐はオモリのスペースが広いので安心です。

created by Rinker
WakyaJig
¥599 (2024/07/24 10:38:05時点 Amazon調べ-詳細)

フロートの組み立て

アドルフ
アドルフ

続いてフロート。

真っ二つの部品構成で、これを2つ作ります。

レーナ
レーナ

ここだっけ、挿げ替えポイントは。

アドルフ
アドルフ

ここですな、挿げ替えポイントは。

なので少し手を加えます。

ヴァルダ
ヴァルダ

普通ならそのまま接着して合わせ目処理をするだけなんだけど……

筆者は過去の失敗作を復活させるため、ここにもオモリをセットする。

先ほども使ったナス型オモリ3号を内部に入れた。

片方だけだとバランスが悪いので、両側にセット。

やはりエポパテを充填して固定する。

アドルフ
アドルフ

筆者の手持ちには後5個オモリがありますな。

他にも水上機を作る予定は……。

ヴァルダ
ヴァルダ

その後は合わせ目消しのため接着。

充填したエポパテが接着面にはみ出さないように注意だ。

レーナ
レーナ

合わせ目消しについてはいつもの過去記事を参考にしてね。

古い失敗作と部品を交換する

ヴァルダ
ヴァルダ

さて、ここで筆者が過去に組み立てた失敗作の晴嵐を用意。

画像のとおり機首のオモリが足りず、尻餅をついてしまっている。

レーナ
レーナ

フロートに……と思いきや、フロートは合わせ目消し済みなんだよね。

なので今回の新しいやつのフロートにオモリをセットして、挿げ替えるという。

ヴァルダ
ヴァルダ

過去の筆者は本体と主翼を接着していなかったけど、フロートと主翼が接着済みで外せない。

無理に外そうとすると破損して面倒なことになりそうなので、主翼ごと古いフロートに挿げ替えることにした。

胴体左右を貼り合わせ、尾翼や主翼などと仮留めして確認する。

アドルフ
アドルフ

これは

「今回のオモリ入り新胴体+過去のオモリなし旧フロート」

ですな。

フロートの舵部分が外れていますが、部品はありますので安心してください。

レーナ
レーナ

機首のオモリで問題なくバランスが取れているようだね。

今回の戦果

ヴァルダ
ヴァルダ

んで挿げ替えたもう1つ。

「過去のオモリ足りず胴体+今回のオモリ入りフロート」

の組み合わせ。

こちらも尻餅をつかなくなった。

レーナ
レーナ

これで失敗作が復活できそうだね。

ヴァルダ
ヴァルダ

実際は一緒に作るけど、ここで並行すると混乱の元になる。

なので新胴体の方をメインにして引き続き紹介。

旧胴体のものは後でダイジェスト版にしてお届け予定だ。

今回はここで一度中断。

次回は残りの部品を取り付けていく予定だ。

レーナ
レーナ

続きは次回!

……の前に集計だったね。

月末恒例 今月の戦果

アドルフ
アドルフ

2024年3月の戦果は……

  • 購入 2(E-100マウス砲塔型、ジオング)
  • 完成 6(ブレイズザクファントム、セイバーガンダム、E-100マウス砲塔型、紫電一一型甲、晴嵐×2)

となっています。

レーナ
レーナ

晴嵐が完成しているじゃん。

ヴァルダ
ヴァルダ

実際は先ほど完成したところなんだ。

1月2月と特定のジャンルに偏った結果となったけど、今月は各ジャンルにバラけた形になった。

アドルフ
アドルフ

今月序盤に購入したジオングがまだ完成していませんな。

ヴァルダ
ヴァルダ

裏で仮組みは済ませているんだけどね。

どう仕上げるかまだ筆者が考え中のようだ。

単に先月から今月序盤にかけてのガンプララッシュでかなり消耗したというのもあるけど。

レーナ
レーナ

だいぶ苦戦していたみたいだったね。

肉抜き穴埋めとか。

アドルフ
アドルフ

ガンプラは色プラで合いもいいので、パチパチ組むだけなら難易度はかなり低いのですよ。

合わせ目消しやら塗装やら肉抜き穴埋めやら、手を加えるととたんに難易度が跳ね上がるという。

ヴァルダ
ヴァルダ

可動との兼ね合いなんかもある。

ジオングもそうだけど、半年前に晴嵐と一緒に購入したザクもまだ仮組み段階だ。

こちらも筆者がどう仕上げるかまだ考え中らしい。

レーナ
レーナ

量産機は色替えとかしたくなるけど、それでかえって迷うという。

ヴァルダ
ヴァルダ

今度こそ今回はここまで。

来月序盤も、引き続き晴嵐を紹介していく予定だ。

レーナ
レーナ

来月も、お楽しみに~。

この記事で作っているキット

↓タミヤの公式オンラインショップはこちら↓

【新品・中古】プラモデルを買うなら駿河屋

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました