タミヤ T-34/76(1943年型) 製作記①

戦車・装甲車等製作記
レーナ
レーナ

模型大体戦闘日誌、始まるよ!

アドルフ
アドルフ

前回は筆者が長年放置していたHGUCのパワード・ジムが完成しました。

今回は……。

ヴァルダ
ヴァルダ

筆者が戦車を進めている。

今回はそれの内容物確認だ。

レーナ
レーナ

ガンプラを作っていると思ったら再び戦車に。

アドルフ
アドルフ

ここ最近購入直後の新製品レビューが続いて少し追われていましたからね。

筆者は簡単なキットで息抜きをしたいようですな。

 

 

スポンサーリンク

今回のお題 タミヤ T-34/76(1943年型)

ヴァルダ
ヴァルダ

今回作るのはこちら。

タミヤMMシリーズより

T-34/76(1943年型)だ。

レーナ
レーナ

六角砲塔のT-34だね。

ヴァルダ
ヴァルダ

詳しくは後述するけど、このタイプのT-34は現在1942年型と呼称されることが多い。

ただ同社から1942年型という名称でピロシキ砲塔型が発売されているので、今回は混乱を避けるために商品名と同じ1943年型で統一する。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥5,800 (2022/12/04 22:27:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

アドルフ
アドルフ

古い呼び方と新しい呼び方ですな。

タミヤは古い呼び方になっています。

ヴァルダ
ヴァルダ

このキット自体、発売が1975年と少し古いものだからね。

 

 

 

 

T-34/76 1943年型とは?

ヴァルダ
ヴァルダ

今までにもT-34自体は何回も作っているので、解説も多数行っている。

なのでここではなるべく簡潔に済ませよう。

この戦車は第二次世界大戦期にソビエト連邦軍の主力を担った中戦車だ。

  • 強力な76.2mm砲
  • 傾斜した装甲による高い防御力
  • 最高速度約50km/hと優れた速力

と、当時の戦車として走・攻・守どれも高い水準で備えていた。

MONO/ドラゴン T-34/76(1940年型) 製作記①
レーナ 模型大隊戦闘日誌、始まるよ! アドルフ 前回はタコムの新製品、超重戦車マムートが完成しました。 今回は……。 ヴァルダ ...

 

サイバーホビー T-34-747(r) STZ 1942年後期生産型 製作記①
レーナ 模型大隊戦闘日誌、始まるよ! アドルフ 前回はアホな筆者が購入して12年間放置していたジム改が無事完成しましたな。 今回は・・・・・・。 ...
レーナ
レーナ

敵対していたドイツ軍のIII号戦車やIV号戦車に対し全ての面で優れていて、ドイツ軍に衝撃を与えた……ていうのは何回も説明したね。

タミヤ 1/35 III号戦車L型 製作記①
レーナ 模型大隊戦闘日誌、始まるよ! アドルフ 前回は筆者がよく行う戦車の足回りウェザリングを紹介しましたな。 今回は……。 ヴァルダ ...
【2020年12月】タミヤ IV号戦車F型製作記①【新製品】
レーナクリスマスイブになったね。アドルフなりましたな。レーナアドルフはプレゼントに何が欲しいのかな?アドルフ不労所得ですな。ヴァルダ諸君、茶番は終わりだ。筆者が予約していたものが着...
ヴァルダ
ヴァルダ

ただT-34も幾つか指摘されるところがあったので、改良が施されることに。

一番の問題は当時搭載していたピロシキ型の砲塔。

  • 砲塔内の容積が狭く、砲塔内部での作業性に難があった。
  • 砲塔天面に備わったハッチが大型のものが1枚のみで、車外の視察時に使いにくかった。
  • 主砲の伏角がつけられず、低いところや登板中に遭遇した敵を射撃できない。

などなど。

レーナ
レーナ

いくつか問題が。

ヴァルダ
ヴァルダ

なのでこのピロシキ型砲塔に変わって新型のナット型砲塔を開発することに。

  • 背が高く内部容積に余裕がある。
  • 天板のハッチは小型の丸型が2つ。後に車長が使う左側のものは視察孔付きのキューポラ装備になる。
  • 主砲の伏角も最大3度のものが5度にまで拡大された。

と従来のピロシキ型砲塔で指摘されたものを大体クリアしている。

またこの砲塔は側面装甲が鋳造製で主砲付け根の砲耳も外付けと簡略化され、生産性も向上している。

1942年には生産を開始したとのこと。

アドルフ
アドルフ

砲塔下部~側面は鋳造製ですが、天板部分は溶接ですな。

中には天板含めて一体成型されたタイプもあるそうです。

俗に「フォルモチカ砲塔」「ウラルマシ砲塔」とも。

タミヤMMシリーズでは「チェリヤビンスク」の名称でラインナップされています。

 

レーナ
レーナ

……あれ?

1943年型なのに1942年に生産開始?

ヴァルダ
ヴァルダ

この辺り少しややこしいんだけど……

昔はこのナット型砲塔のT-34は1943年に生産開始されたと思われたため、1943年型と呼ばれていた。

しかし近年の研究では1942年の時点で既に生産開始していたことが判明。

なので現在はこのナット型砲塔のT-34は1942年型と呼ぶことが多いんだ。

アドルフ
アドルフ

タミヤのこの製品は1975年発売。

ネットなんてありませんし、なによりまだ冷戦真っ只中でソ連兵器の資料もあまり公開されていない時期ですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回作るタミヤキットの名称は古い分類方法に従っている。

  • 1940年型→最初の量産型。ピロシキ砲塔にL-11(短砲身76.2mm砲)を装備
  • 1941年型→主砲をF-34(長砲身76.2mm砲)に変更
  • 1942年型→操縦手ハッチを鋳造製に、前面ライトを2基から1基にするなど簡略化
  • 1943年前期型→六角形のナット型砲塔に変更
  • 1943年後期型→砲塔の車長用ハッチにキューポラを装備

といった感じ。

詳しくは後述するけど、今回のキットは部品選択で1943年型の前/後期型となる。

アドルフ
アドルフ

現在一般的な新しい分類方法は……

  • 1940年型→最初の量産型。ピロシキ砲塔にL-11(短砲身76.2mm砲)を装備
  • 1941年型→主砲をF-34(長砲身76.2mm砲)に変更
  • 1941年戦時簡易型→操縦手ハッチを鋳造製に、前面ライトを2基から1基にするなど簡略化
  • 1942年型→六角形のナット型砲塔に変更。
  • 1943年型→砲塔の車長用ハッチにキューポラを装備

といったような感じだそうです。

生産移行のタイミング次第では当てはまらないものもあるようですが。

こちらの分類に当てはめると、今回のタミヤキットは1942年型もしくは1943年型となります。

 

レーナ
レーナ

1940年型と1941年型が新旧同じで、それ以降の分類が少し違うってことかな?

ヴァルダ
ヴァルダ

そういうことになる。

新たな砲塔を載せ、ドイツ軍と激闘を繰り広げたT-34。

タミヤの古参キットで作ってみよう。

 

 

箱の中身を確認する

ヴァルダ
ヴァルダ

長々と語っていたけど、メインコンテンツであるキットの中身を確認してみよう。

箱の中身はこんな感じ。

レーナ
レーナ

タミヤの古い製品って箱が小さめだよね。

その分部品がぎっしり詰まっている感じがするというか。

ヴァルダ
ヴァルダ

まずはプラ製パーツから。

車体上下に加えて、ランナーは5枚構成となっている。

レーナ
レーナ

成型色はダークグリーン。

成型色仕上げでも作れそうな。

 

アドルフ
アドルフ

その他付属品。

  • ポリ製の焼き止め式履帯
  • ポリキャップ
  • ネジ
  • ナット
  • 金属シャフト
  • デカール

ですな。

レーナ
レーナ

ネジやナットはともかく、金属シャフトなんてどこに使うんだろう。

アドルフ
アドルフ

いずれも誘導輪の軸部分ですな。

モーターライズの名残でそういう構成になっていうようです。

ヴァルダ
ヴァルダ

紙媒体は

  • 説明書(日本語)
  • 説明書(英語)
  • 伸ばしランナーに関する注意書き
  • Tech Tips!

となっている。

説明書が2冊になっているのは古いMMシリーズの証だ。

レーナ
レーナ

いままでだとチハとかII号戦車がそうだったね。

タミヤ 九七式中戦車チハ 製作記①
レーナ 模型大隊戦闘日誌、始まるよ! アドルフ 前回はタミヤの飛燕が完成しましたな。 ・・・・・・厳密には昨年末には出来上がっていたようですが。 ...
タミヤ II号戦車F型 製作記①
レーナ模型大隊戦闘日誌、始まるよ!アドルフ前回はガンプラHGUCシリーズのゲルググJが完成しました。ヴァルダ殿、今回は別ジャンルのキットになるようですが。ヴァルダうむ、今回は古参のAFVキットを作っていこ...

ヴァルダ
ヴァルダ

付属の塗装図はこんな感じ。

一昔前のものなので厳密な時代や所属部隊よりは、スローガン類の解説や迷彩塗装の一例についての解説が重視されている。

マーキング自体は4種類収録だ。

レーナ
レーナ

塗装図の隣はなんか楽しそうなものが。

アドルフ
アドルフ

このキットはアクセサリーパーツとしてさまざまな装備品が付属し、好きに選んで取り付けることが出来ます。

また砲塔天板のハッチは車長用キューポラの有無が選択可能となっています。

レーナ
レーナ

今回のタミヤキットみたいな古い分類だと1943年型の前期・後期。

今の新しい分類だと1942年型・1943年型。

これが選択できるわけだね。

 

 

次回、製作開始!

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はここまで。

次回から作業開始だ。

レーナ
レーナ

部品は少なそうだけど、元がモーターライズ製品だから穴埋めが必要かな?

アドルフ
アドルフ

おそらくそうなりますな。

ヴァルダ
ヴァルダ

なので次回はまずその穴埋め作業からはじめることになるだろう。

レーナ
レーナ

続きは次回!

この記事で紹介しているキット

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました