タミヤイタレリ 重装甲車Sd.Kfz.234/1 製作記②

戦車・装甲車等製作記
アドルフ
アドルフ

タミヤイタレリシリーズより先日再販されました、8輪重装甲車Sd.Kfz.234/1を作っていきます。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は箱の中身を確認した。

今回はシャーシと車内を組み立てる予定だ。

レーナ
レーナ

今回はどうなるかな。

アドルフ
アドルフ

どうも筆者はイタレリ製品に対して身構えるクセが・・・・・・。

ヴァルダ
ヴァルダ

基本的にタミヤイタレリシリーズは組みやすいのが多いから安心だ。

本家イタレリ製品はたまに異様に組みにくいのがあるけど。

 

スポンサーリンク

サスペンションアームの組み立て

ヴァルダ
ヴァルダ

それでは組み立てを始めよう。

まずはシャーシから組み立てる。

キットのシャーシはこんな感じ。

B1パーツとして、ランナーの中に収まっている。

レーナ
レーナ

装甲板を斜めに貼り合わせた、ドイツ軍らしいスタイルがここからでもわかるね。

アドルフ
アドルフ

それまでの装甲車とは違って、シャーシが装甲のモノコック構造に組み込まれているのが特徴ですな。

レーナ
レーナ

そういえばいままでの車輌はシャーシ部分がもっと複雑に見えたよね。

アドルフ
アドルフ

これは以前作ったフンクワーゲンですな。

こちらは枠状に組まれたシャーシの上に車体が乗っかっているという構造になっています。

タミヤ Sd.Kfz.223フンクワーゲン 製作記①
レーナ模型大隊戦闘日誌、始まるよ!アドルフ前回はタミヤMMの新作、IV号戦車G型(初期生産車)が完成しましたな。今回は・・・・・・。ヴァルダ今回も引き続き、ドイツアフリカ軍団ことDAKの車輌を作っていこう...

アドルフ
アドルフ

まずはサスペンションから。

小さいA5パーツをサスペンション本体のA6とシャーシ本体で挟み込むように接着します。

先にA5パーツとA6パーツを接着してからシャーシ側に接着しましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

A6パーツはがっつりパーティングラインがついている。

どうしても装輪式車輌は完成後もひっくり返して眺めたくなるので、ここはしっかり処理をする。

デザインナイフのカンナがけや鉄ヤスリでガシガシ平らに処理してしまう。

ヴァルダ
ヴァルダ

サスペンションアームを取り付けるとこんな感じ。

実車では8輪駆動方式でそれぞれステアリングを切れるようになっているけど、本キットでは非可動だ。

アドルフ
アドルフ

更に車体下部の部品を取り付けていきます。

ステアリングリンクや、リーフスプリング等が見えますな。

レーナ
レーナ

さすがに8輪車だから部品の数が多くなって、ちょっと時間がかかるかな。

タイヤの組み立て

ヴァルダ
ヴァルダ

続いてタイヤを組み立て。

8輪車なので、勿論8個用意する。

厳密にはスペアタイヤもあるから9個作ることになるけど、一旦スペアは置いておく。

レーナ
レーナ

なんかおいしそう。

アドルフ
アドルフ

似たようなビスケットがあったような・・・・・・。

created by Rinker
ブルボン
¥1,428 (2022/05/21 09:36:27時点 Amazon調べ-詳細)
ヴァルダ
ヴァルダ

タイヤは単純に左右から貼り合わせるだけ。

特に中に別の部品を仕込むわけでもない。

ヴァルダ
ヴァルダ

その後は取り付け。

ただこの段階ではまだ仮留めだ。

塗装後に接着予定。

アドルフ
アドルフ

外からキャップパーツであるA23番パーツで固定するようですな。

ちなみに説明書ではホイールが回転するように、軸とA23番パーツのみ接着するように指示がされています。

レーナ
レーナ

とりあえず今は一旦保留。

なくさないようにチャックつきの袋にまとめておこう。

車体の組み立て

アドルフ
アドルフ

その後は車内の組み立てになります。

他のドイツ軍装甲車同様、急速後退が出来るように後ろにも操縦席が存在するのが特徴ですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

車内は塗装指示が出ている。

本車はオープントップの砲塔なので車内が外から少しだけ見える。

とりあえず組み立てるだけ組み立てて、塗装は次回以降に。

レーナ
レーナ

車体上部もここで用意。

ここで例のB38パーツを使うようだね。

アドルフ
アドルフ

画像の右がBランナーに最初から含まれているB38パーツ。

画像左が例の別に追加されていたB38パーツですな。

何故かB37パーツも一緒ですが。

レーナ
レーナ

微妙な違いだね。

よく見ると追加パーツのほうが角が立っているように見えるというか。

 

今回の戦果

ヴァルダ
ヴァルダ

追加パーツ側のB37・38パーツを車体上部に接着。

ついでに車体内部も接着する。

機関室側は外から完全に見えないので空洞となっている。

アドルフ
アドルフ

形になってきましたな。

車内の床板がちょっと反っているので浮かないように・・・・・・。

ヴァルダ
ヴァルダ

思いっきり見えるわけでもないので、そこまで神経質にならなくても大丈夫。

今回はここまで。

次回は車内の塗装をしてみよう。

レーナ
レーナ

続きは次回!

この記事で作っているキット

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました