ドラゴン ドルニエDo335A-1プファイル 製作記③

※記事内に広告を含む可能性があります

航空機等製作記
アドルフ
アドルフ

ドラゴン社より発売されています、Do335プファイルを作っていきましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は合わせ目部分の接着やコクピットなど内部を組み立てた。

今回は座席とセットになる前輪格納庫を組み立てて、内部を塗装し胴体を合わせよう。

レーナ
レーナ

筆者のところに荷物が届いたよ。

アドルフ
アドルフ

珍しく積みを増やさず、書籍ですか。

created by Rinker
¥968 (2024/02/23 13:16:52時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,100 (2024/02/23 13:16:53時点 Amazon調べ-詳細)
ヴァルダ
ヴァルダ
  • 期限の近い楽天ポイントが余っていた
  • しかし模型を買うには少ないポイント

ということで、以前から気になっていた書籍にしたらしい。

ちなみに画像右の群集心理、こちらは総統閣下の愛読書だったという説がある。

レーナ
レーナ

少しパラパラめくってみたけど、かなり文字が詰まった感じ。

読むのに時間かかりそう。

ヴァルダ
ヴァルダ

なのでこの本を読むため、また少し筆者の作業速度が下がるかもしれない。

とりあえず作業を再開しよう。

 

 

スポンサーリンク

主脚格納庫を組み立てる

アドルフ
アドルフ

内部で座席部分と一体になる前輪格納庫。

先に進めておきましょう。

レーナ
レーナ

前輪部分は少し部品分割が細かいね。

折らないように注意。

……と思いきや、すでに筆者は1本折っているようだね。

ヴァルダ
ヴァルダ

画像右上にあるのは後部エンジンの隔壁。

前輪とは関係ないけど、一緒に塗るからここで組んでしまう。

アドルフ
アドルフ

組み立てるとこんな感じに。

車輪の上にある横棒(A30番パーツ)の向きはこれで正しいのか……。

レーナ
レーナ

説明書の取り付け図が曖昧で、ググッてもあまり出てこなかったよ。

とりあえずこれで……。

ヴァルダ
ヴァルダ

前輪格納庫内部は押し出しピン跡がある。

モデリングチゼルなどで適当に削っている。

配線やリベットのディティールを潰さないよう、ほどほどに……。

created by Rinker
ハセガワ(Hasegawa)
¥1,273 (2024/02/23 02:30:46時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

機内の塗装

アドルフ
アドルフ

ここまでできたら一旦内部を塗装します。

  • エンジン→クレオスのMr.フィニッシングサーフェイサー1500ブラック
  • コクピット座席区画→Mr.カラーのRLM66ブラックグレー
  • その他機内→Mr.カラーのRLM02グレー

ですな。

 

レーナ
レーナ

エンジンとか本当はもっと細かい塗りわけみたいだけど……

完成後外からどのくらい見えるのかわからないからとりあえずこれで。

 

ヴァルダ
ヴァルダ

エアブラシ塗り分け後は座席部分を筆で塗りわけ、内部の部品を組み込む。

座席と前輪格納庫は一体になるので接着しよう。

アドルフ
アドルフ

エンジン周りの組み込みが難しいですな。

あまり合いが良くなく、外装もズレそうに。

ヴァルダ
ヴァルダ

エンジンは取り付けピンよりも、排気管部分を合わせるといいだろう。

 

機首にオモリを仕込む

ヴァルダ
ヴァルダ

前回主翼にオモリをセットしたが、機首部分にもオモリをセットする。

先端はエンジンが内臓されていて組み込めないので……

前部エンジンと計器板の間にオモリをセットしよう。

レーナ
レーナ

サイズ的に小さいものじゃないと入らないみたいだね。

とりあえず割りびしを接着して……。

created by Rinker
コニシ(KONISHI)
¥547 (2024/02/22 22:19:51時点 Amazon調べ-詳細)

アドルフ
アドルフ

そのままだと強度的に不安なので、タミヤのエポパテを充填して固めてしまいます。

ブロック状に……。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥1,840 (2024/02/22 17:40:19時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

これで足りるかな?

ヴァルダ
ヴァルダ

ここの容量が少ないのと機首先端側にオモリを入れられないから、主翼にオモリを入れる指示が出ているのだろう。

アドルフ
アドルフ

オモリ部分は外から見えそうだったので、適当に塗装。

その後スミ入れとドライブラシで軽くウェザリングしましょう。

レーナ
レーナ

スミ入れはタミヤのスミ入れ用ブラック

ドライブラシはタミヤエナメルのフラットホワイトだね。

 

 

今回の戦果

ヴァルダ
ヴァルダ

これであらかた内部は塗装完了。

胴体で挟み込んで接着してしまおう。

アドルフ
アドルフ

部品が反っているからか、そのままではうまく貼り合わせられませんな。

先に後部を接着してから、乾燥後さらに前部を接着するのを試みます。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はここまで。

次回は残りの部品を整形することになるだろう。

レーナ
レーナ

続きは次回!

【新品・中古】プラモデルを買うなら駿河屋

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました