ドラゴン 1/35 ヤークトティーガー(ポルシェ型) 製作記⑥

※記事内に広告を含む可能性があります

戦車・装甲車等製作記
アドルフ
アドルフ

ドラゴン社から発売されています、ポルシェ型のヤークトティーガーを作っていきましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回はツィンメリットコーティングを施し、待ち時間にタミヤキットから流用した兵士を塗った。

今回は細かい部品を取り付けて組み立てを終了しよう。

レーナ
レーナ

ここでようやく組み立て完了。

なんか最近戦車モノは時間をかけているような。

アドルフ
アドルフ

今回は車体が歪んでいるというイレギュラーがありましたからね。

ヴァルダ
ヴァルダ

タミヤ製品なんかはほとんど片付けてしまった。

残っているのはほとんど組みにくそうなものばかりなんだ。

アドルフ
アドルフ

在庫にはフルインテリアもいくつかありますな。

ヴァルダ
ヴァルダ

筆者がよく確認しないで購入したものだ。

いつになったら手を作るのやら。

とにかく今は目の前にあるヤークトティーガーを進めていこう。

スポンサーリンク

背面の組み立て

アドルフ
アドルフ

まずは背面から。

この辺りは原型のティーガーIIと同じような形ですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

コーティングはキットの指示だと排気管の後ろ部分も施す指示が出ていた。

ただここは他車輌でも施していないものが多かったので、避けるようにした。

アドルフ
アドルフ

ジャッキは片側に押し出しピン跡があります。

伸ばしランナーを接着済みだったので、削って平らにします。

……地面と接する向きなので、そのままでも外からは見えませんが。

レーナ
レーナ

むしろ4つ脚部分が同時期のタミヤ製品同様、板状に省略されていたね。

ここはいつもどおり削りこんで再現。

やり方は過去記事でも紹介しているから、そっちを参考にしてね。

アドルフ
アドルフ

部品を取り付けるとこんな感じに。

見慣れた構成ですな。

レーナ
レーナ

コーティングがあるからか、今回は装甲板の溶接跡を省略しているね。

パテの厚みで隠しちゃうという。

エンジンデッキ周りの組み立て

アドルフ
アドルフ

続いてエンジンデッキ周り。

  • 戦闘室後部の扉
  • エッチング製のエンジングリル
  • 細かい吊り下げフック

など、多数の部品を取り付けます。

フックは紛失注意ですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

吊り下げフックは一部余剰になるものある。

ランナーの枚数の都合と、実際使用する数の都合だろう。

アドルフ
アドルフ

さくっと組み立ててしまいます。

吊り下げフックは粘度のあるセメント系接着剤で位置決め後、流し込み式接着剤で溶着してしまいます。

エッチングパーツのエンジングリルはプラセメント系が効かないので、ゼリー系の瞬間接着剤ですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

エッチングパーツはやや厚く硬いので、筆者は切り出しに苦労した。

道具を使わず折り取るようにして切り出している。

車体前部の組み立て

アドルフ
アドルフ

更に車体前部。

ヤークトティーガーの巨大な主砲を支える、トラベリングロックもここで登場です。

ヴァルダ
ヴァルダ

ロック部分はD8番とD9番の2種類のパーツからの選択式。

今回はボックスアートと同じ、補強板なしのD9番パーツを選択。

アドルフ
アドルフ

省略されているライトコードはいつも通り、0.4mmのエナメル線で作成。

ここも先ほどのジャッキ同様、III号戦車を用いた過去記事で紹介していますな。

created by Rinker
¥200 (2024/05/23 05:43:39時点 楽天市場調べ-詳細)
アドルフ
アドルフ

とりあえず組み立てるとこんな感じに。

エッチングパーツの接着位置はこれで合っているのか……。

戦闘室上部の組み立て

ヴァルダ
ヴァルダ

そして戦闘室周辺。

ここは目立つところに押し出しピン跡が多い。

先にパテを盛るなりプラ材を接着しておくといいだろう。

レーナ
レーナ

筆者は先に切り出しているけど、ペリスコープガードは似たような違う部品が多いね。

ここは一種類ずつ進めたほうが安全かも。

アドルフ
アドルフ

細かい部品が多いですが、パーツ数はそうでもありませんな。

照準器は塗り分けを考えて、ここでは接着していません。

車体側面・フェンダーの組み立て

アドルフ
アドルフ

最後にフェンダーや車体側面の部品取り付け。

このキットでは牽引ロープ類が付属せず、留め具のみ再現されています。

非常に細かいので、紛失には注意ですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

クリーニングロッド部分はなぜか表側に押し出しピン跡ができてしまっている。

ここもあらかじめ埋めておいたので、整形しておこう。

アドルフ
アドルフ

前部フェンダー留めはエッチング製。

これも細かいので紛失注意です。

レーナ
レーナ

コーティングのパテが回り込んでいると接着しづらいね。

この辺りは剥がしておくといいかも。

今回の戦果

アドルフ
アドルフ

これでようやく組み立て完了です。

箱型の無骨なスタイルが特徴的ですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はここまで。

次回は塗装になるだろう。

レーナ
レーナ

続きは次回!

【新品・中古】プラモデルを買うなら駿河屋

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました