ハセガワ ハインケルHe111H-6 製作記④

※記事内に広告を含む可能性があります

航空機等製作記
アドルフ
アドルフ

ハセガワのHe111H-6を進めましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は各部を成型して組み合わせ、航空機の形にした。

今回は残りの部品を組み合わせて全体の組み立て作業を終えよう。

レーナ
レーナ

また筆者の作業に記事が追いつきそうだよ。

アドルフ
アドルフ

いつものことです。

ヴァルダ
ヴァルダ

とりあえずHe111を進めよう。

それでは作業を開始する。

スポンサーリンク

部分塗装をしながら小物を仕上げる

アドルフ
アドルフ

とりあえずまずはラジエーター部分から。

H-6型では棒状のパーツ(J3番パーツ)を取り付けます。

格子状のC14番パーツの裏側に凹みがあるので、そこから取り付け穴を開けてやりましょう。

0.5mmでは小さかったので、筆者は0.8mm径の穴を開けました。

アドルフ
アドルフ

その後は塗り分け。

後で塗料の霧が入りにくそうだったので、この時点でRLM02グレーを筆塗りしてしまいます。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥164 (2024/07/24 10:38:17時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

ついでに機銃部分も塗り分け。

色はタミヤアクリルのガンメタルだよ。

銃口周りは機体色で塗りつぶされるから、とりあえずここでは機内側を中心に塗ろう。

created by Rinker
タミヤ
¥395 (2024/07/24 12:03:36時点 Amazon調べ-詳細)

主脚の組み立て

アドルフ
アドルフ

続いて主脚。

例によって、主翼下に仮留めしながら組んでいきます。

左右で似たような異なる形の部品なので、混ざらないように……。

ヴァルダ
ヴァルダ

筆者も間違えないように、先に片側を組んでからもう片側の部品を切り出している。

タイヤは接着せずに挟み込むだけで大丈夫だ。

風防や爆弾倉の組み立て

アドルフ
アドルフ

機体下部には爆弾倉がつきます。

このキットでは爆弾倉(250kg爆弾×8)か、パイロンに吊るした1000kg爆弾×2の選択式となっています。

今回は爆弾倉に一体化された、250kg爆弾×8で作っていきます。

爆弾倉ハッチは内側に押し出しピン跡があるので、開いた状態で作る場合はしょりしておきましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

パイロンは何故か2種類(FランナーとGランナー)が付属するけど、今回のキットで使うのはFランナーの2つのみだ。

ここではそれも使わないので、丸ごと余ることに。

アドルフ
アドルフ

ついでに風防などクリアーパーツも用意。

He111の特徴でもあり、難所でもありますな。

レーナ
レーナ

機首先端のものとか、P型とは微妙に違うみたいだね。

それと側面の窓も2つほど余剰になるよ。

アドルフ
アドルフ

先に機銃パーツや計器などを接着。

ここはいつものセメダイン、ハイグレード模型用の出番ですな。

created by Rinker
セメダイン(Cemedine)
¥397 (2024/07/24 03:08:20時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

乾燥・固着までに少し時間がかかるのが難点だけどね。

曇らない・プラを侵食しないのが最大の利点というか。

アドルフ
アドルフ

後期のHe111で特徴的な卵型の風防。

筆者は先に面の広い上部パーツから取り付けていますな。

ヴァルダ
ヴァルダ

胴体上部の銃座部分は胴体部分に風防が被さる。

ここは内側に来る胴体部分を機体色である程度塗り分けている。

アドルフ
アドルフ

下面はこんな感じに。

  • 切り飛ばしたアンテナパーツは0・5mm径の真鍮線で作り直す
  • 爆弾倉の扉は8つに分割し、接着することで開いた状態に

それぞれしています。

レーナ
レーナ

そういえばさっき筆者がなんかバタバタしていたけど。

アドルフ
アドルフ

爆弾倉の扉を一つ虚空に飛ばしてしまったようですな。

幸いすぐ見つかったので問題ありませんが。

風防のマスキング

アドルフ
アドルフ

そのまま風防のマスキング。

まずは下面から。

一部窓は機体色で塗りつぶすのでそのままにしてしまいます。

レーナ
レーナ

機首部分に乗員区画が集中しているJu88と違って、He111は銃座が機体各所に。

ちょっと面倒だね。

アドルフ
アドルフ

最大の難所である機首部分。

ここはミラーパーツを上部に取り付けますが……

少し不安定ですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

塗装の際には別にしてしまったほうがよさそうだ。

今回の戦果

アドルフ
アドルフ

マスキング後はピトー管などの細いパーツを取り付け。

これで組み立ては完了です。

レーナ
レーナ

この丸っこい感じがいいんだよね。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はここで中断。

次回は塗装になる予定だ。

レーナ
レーナ

続きは次回!

この記事で作っているキット

【新品・中古】プラモデルを買うなら駿河屋

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました