ハセガワ モラーヌ・ソルニエM.S.406(フィンランド空軍) 製作記④(完成)

※記事内に広告を含む可能性があります

航空機等製作記
アドルフ
アドルフ

ハセガワのモラーヌ・ソルニエM.S.406を作っていきましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は塗装とマーキングを行った。

今回は前回塗り間違えたところの修正とウェザリングを施し完成にもちこもう。

レーナ
レーナ

はやくも完成。

これが今月最初の完成品だね。

アドルフ
アドルフ

この調子で更に……。

ヴァルダ
ヴァルダ

それでは作業を再開しよう。

 

スポンサーリンク

黄色帯の修正をする

アドルフ
アドルフ

さて、これが前回問題になった黄色帯。

ボックスアートと比較すればわかりますが、どうも筆者が幅を広く塗ってしまったようです。

レーナ
レーナ

排気管部分がわかりやすいかな。

ボックスアートでは前から2番目の排気管部分で塗り分け。

筆者は2番目と3番目の排気管の間で塗り分けちゃっているね。

アドルフ
アドルフ

下面はRLM65ライトブルーを筆塗りして済ませました。

問題は上面色。

マスキングテープがデカールに重なりますが……。

ヴァルダ
ヴァルダ

基本的にデカールの上からマスキングテープを貼ると、テープを剥がす際にデカールも一緒に剥がれてしまう。

しかし今回のデカールはマークソフター等でかなり頑丈に密着していたので、大丈夫そうだった。

境界部分だけ細いテープを密着させて、後は緩やかに覆っておこう。

レーナ
レーナ

後は吹き付けて……。

アドルフ
アドルフ

塗り分け後はこんな感じに。

デカールも密着していたので、テープに持って行かれずに済みましたな。

ヴァルダ
ヴァルダ

シャークマウス先端はデカールでは着色されておらず、機体色になっている。

ただ少し唐突感がしたので、口の色に合わせて筆塗りしている。

使用したのはMr.カラーのRLM23レッドだ。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥394 (2024/05/21 11:55:19時点 Amazon調べ-詳細)
アドルフ
アドルフ

この辺りで修正作業は終了。

ウェザリングに入っていきましょう。

 

ウェザリング!

アドルフ
アドルフ

ウェザリングはいつもの3点セット。

手始めにスミ入れ。

タミヤのスミ入れ用ブラックの出番ですな。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥950 (2024/05/21 17:50:42時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

溶剤を使った拭き取りではガイアノーツのフィニッシュマスターの出番。

拭き取り面が平坦なスポンジだから、モールド部分に塗料を残して拭き取れるよ。

created by Rinker
ガイアノーツ(Gaianotes)
¥484 (2024/05/22 10:02:43時点 Amazon調べ-詳細)

アドルフ
アドルフ

続いて銀の剥げチョロ表現と排気管汚れ。

この辺りは過去記事を参照に……。

それらしくなる!Ju88で学ぶ飛行機模型ウェザリング3点セット
アドルフこんなところを見ている人がいるかわかりませんが一応ご挨拶を。どうも、本ブログの案内人であるアドルフと申すものです。ヴァルダ同じく、こんなところの案内人であるヴァルダ。アドルフ先日ドムの日である10月6日に間に合わせるために作っていた...
ヴァルダ
ヴァルダ

M.S.406は胴体後部の表面が波打っているけど……

ここは鋼管羽布張りになっているようだ。

なのでここは剥げチョロ表現を避けるようにしている。

レーナ
レーナ

あれってそういう構造だったんだ。

アドルフ
アドルフ

M.S.406は鋼管羽布張りと全金属製のちょうど過渡期の機体といった感じですな。

ヴァルダ
ヴァルダ
  • 無難に保守的な設計で済ませるか
  • 性能を追い求めて最新技術を採用するか

いつの時代も作り手を悩ませる問題だ。

つやを消せ!

アドルフ
アドルフ

最後に水性ホビーカラーのつや消しクリアーを吹きつけ。

風防のマスキングを剥がし完成とします。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥410 (2024/05/21 20:44:45時点 Amazon調べ-詳細)
ヴァルダ
ヴァルダ

ここでまた風防内部が曇っていたので、一度取り外して曇りをとる修正している。

どこから吹き込んだのか……。

レーナ
レーナ

……なにはともあれ、これで完成だね。

以下、ギャラリーだよ。

 

ハセガワ モラーヌ・ソルニエM.S.406(フィンランド空軍)完成!

 

 

 

作ってみた感想のコーナー

レーナ
レーナ

ブサカワシャークマウスがいい感じ。

ヴァルダ
ヴァルダ

筆者の感想としては……

  • 少し前のハセガワ1/72製品らしく、少ない部品で程よくまとまった製品。そのため非常に組みやすい。
  • 収録マークも5種類と豊富。
  • 限定生産品らしく現在新品での入手は難しい。一度デカールを国産に改めて再販もしたようだが、こちらも定番品外。

といったところ。

組むのは簡単でおススメしたいんだけど入手が難しい。

中古品店を巡ることになるだろう。

アドルフ
アドルフ

難易度的には零戦や震電などハセガワD帯シリーズのものと同じような感じですな。

それらが組むことができる方なら問題なく組めるかと。

ハセガワ 1/72 零式艦上戦闘機五二型 製作記①
レーナ 模型大隊戦闘日誌、始まるよ! アドルフ 前回は筆者が作りかけで放置していたCMKの35(t)が無事完成しましたな。 今回は飛行機模型の予定だそうですが……。 ヴァルダ 予告どおり、今...
ハセガワ 1/72 震電 製作記④(完成)
アドルフハセガワ社から発売されています、局地戦闘機震電を作っていきます。ヴァルダ前回は組み立てが完了した。今回は塗装やマーキングを行い、一気に完成させてしまおう。レーナあっという間だね。アドルフ詳しくは後述しますが、今回はあまりウェザリング...
ヴァルダ
ヴァルダ

フィンランド軍航空機は青い鉤十字とグリーン迷彩のコントラストが魅力的なんだけど、大半が定番品外なのが難点だ。

レーナ
レーナ

見つけ次第確保しておきたいところだね。

アドルフ
アドルフ

筆者が見つけ次第確保したところ、今回のキットのように5、6年放置されたわけですが。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はここまで。

フィンランド空軍シリーズはまだまだあるけど、次回は一旦ドイツ軍所属の戦車になるだろう。

レーナ
レーナ

次回も、お楽しみに~。

【新品・中古】プラモデルを買うなら駿河屋

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました