ハセガワ 一式陸上攻撃機二四型丁&桜花一一型 製作記③

※記事内に広告を含む可能性があります

航空機等製作記
アドルフ
アドルフ

ハセガワのE帯シリーズにラインナップされています、一式陸攻と桜花を作っていきましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は陸攻の内部を組み立てた。

今回は残りの銃座部分を組み立てて、一緒に塗ってしまおう。

レーナ
レーナ

筆者のところになにか届いたよ。

アドルフ
アドルフ

また積みが。

というか肝心の塗料が補給されていませんな。

(追記 このT-34/85を作り始めました)

ヴァルダ
ヴァルダ

塗料の不足に気づく前に筆者が注文したようだからね。

このタイミングだとあのタイミングには間に合わなそうだけど……。

レーナ
レーナ

そろそろあのタイミングかぁ。

ヴァルダ
ヴァルダ

とりあえず、陸攻だけでも完成させよう。

それでは作業を再開する。

スポンサーリンク

銃座部分の組み立て

アドルフ
アドルフ

残りの銃座は機体上部と尾部のもの。

上部のものはドーム状の回転式。

基部に押し出しピン跡があるので、タミヤパテで埋めておきましょう。

レーナ
レーナ

尾部銃座は座席だけ機内色。

だから座席だけ整形するよ。

座面部分に浅い押し出しピン跡があるから、軽く削って処理しよう。

アドルフ
アドルフ

組み立てるとこんな感じに。

まだ押し出しピン跡がありますが、これは外から見えなくなるので放置します。

機内色を塗る

アドルフ
アドルフ

ようやく組み立てが済んだので、ここで機内色を塗ります。

一式陸攻は三菱の開発機体。

なので説明書にもコクピット色(三菱系)が指示されていますが……。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥395 (2024/06/20 08:29:52時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

筆者は何をやっているのかな?

途中までしか塗っていないけど。

アドルフ
アドルフ

どうも、塗料を切らしてしまったらしく……。

レーナ
レーナ

大変だ、買いに行かないと。

ヴァルダ
ヴァルダ

ところが筆者が

「数週間後に出かける予定だから、その時に他の塗料とまとめて補給する」

とぬかし……。

レーナ
レーナ

ということは陸攻は放置モードに……。

アドルフ
アドルフ

しかしこれ以上このキットを放置するわけには……。

ヴァルダ
ヴァルダ

そんなこんなで筆者がある方法を思いついた。

「手持ちの余剰塗料を寄せ集めて、よく似た代用塗料を作ろう」

と。

レーナ
レーナ

またなにやら回りくどいことを。

ヴァルダ
ヴァルダ

とにかくこの陸攻分だけ間に合えばいいんだ。

レーナ
レーナ

ところで何かレシピはあるのかな?

ヴァルダ
ヴァルダ

この場限りの一時しのぎに作ったので、画像に写っている塗料を適当に混ぜた。

そのため残念ながら明確なレシピは残していない。

強いて言うなら、カーキグリーンをメインにしたはずだけどね。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥395 (2024/06/20 10:29:52時点 Amazon調べ-詳細)
アドルフ
アドルフ

改めて塗り終わり。

ほとんど元のコクピット色と変わりませんな。

細かいところを塗り分ける

アドルフ
アドルフ

ここからは筆塗り。

  • 座席周り→Mr.カラーのマホガニー
  • 機銃架→水性ホビーカラーのメタルブラック
  • 機銃→タミヤアクリルのガンメタル

といった感じに。

計器のデカールもこの段階で貼り付けてしまいます。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥395 (2024/06/20 03:29:30時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

マホガニー、だいぶ残りが少なくなっているけど大丈夫かな?

アドルフ
アドルフ

筆者が以前Ju86を作った際に補給していましたな。

戦間期塗装のドイツ機がまだあるので、その時にまた本格的に使うことになるでしょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

その後はスミ入れとドライブラシ。

それぞれスミ入れ用ブラック明灰緑色で行っている。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥278 (2024/06/20 00:15:08時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

このあたりはいつものパターン。

凸凹しているから、それらを強調して……。

今回の戦果

アドルフ
アドルフ

ここまで出来たらようやく胴体左右を貼り合わせます。

長大な胴体なので途中で反って合わせにくいですが、ここはテープでガッチリ留めて……。

ヴァルダ
ヴァルダ

そのまま乾燥待ちとなる。

今回はここまで。

筆者の作業に記事が追いつきかけているので、次回はどこを進めるかはまだ不明だ。

レーナ
レーナ

続きは次回!

この記事で作っているキット

【新品・中古】プラモデルを買うなら駿河屋

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました