ハセガワ 九九式襲撃機(鉾田飛行学校) 製作記③

※記事内に広告を含む可能性があります

航空機等製作記
アドルフ
アドルフ

ハセガワの九九式襲撃機を作っていきましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は機内を塗って組み込んだ。

今回は残りの部品を取り付けて組み立て完了。

そのまま塗装まで済ませてしまおう。

レーナ
レーナ

さすがに同じものを何機も組んでいるから早いという。

アドルフ
アドルフ

過去記事も参照にしていただければ幸いです。

ヴァルダ
ヴァルダ

それでは作戦を再開する。

スポンサーリンク

細かい部品を用意する

アドルフ
アドルフ

乾燥待ちに細かい部品を用意。

整形を済ませておきます。

レーナ
レーナ

一昔前の1/72スケール飛行機だし、部品点数自体は大したことないんだよね。

アドルフ
アドルフ

機首周りはある程度組み立て。

塗り分けもあるので、プロペラ・エンジン・カウリングで分割しておきましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

プロペラは選択した塗装によって塗り分けが異なる。

ただスピナーとペラ部分が一体成形なので、この段階ではそこまで気にしなくていい。

風防の取り付け

アドルフ
アドルフ

襲撃機の場合ここが唯一のクリアーパーツとなる風防。

いつもなら先に接着してからマスキングですが……

作業手順の都合で先にマスキングをしています。

ヴァルダ
ヴァルダ

後部座席部分は機銃架を取り付けるための凹みがある。

ただ個体差でこれが外装まで貫通してしまっているんだ。

先にここをパテで埋めよう。

レーナ
レーナ

マスキングについては過去記事参照だよ。

というかあれも同じハセガワの九九式襲撃機/軍偵察機のキットで実演していたり。

アドルフ
アドルフ

風防を接着。

少し座りが悪く浮きますな。

前側は隙間ができたので、適当にパテを盛っておきます。

レーナ
レーナ

あっさりと組み立て終了に。

アドルフ
アドルフ

そのまま塗装に入ってしまいましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

後に気づいたことだけど、主翼前面の機銃周りには後でデカールを貼り付ける。

なのでデカールを貼り付けたに機銃部分を取り付けた方がやりやすそうだ。

筆者は接着固定済みなので、このまま進む

塗装図の確認

アドルフ
アドルフ

キットに収録された塗装は2種類

それぞれ襲撃機型が1種類と軍偵察機型が1種類です。

道中の加工があるので、途中での変更は不可。

今回は襲撃機1択になりますな。

ヴァルダ
ヴァルダ

陸軍機の基本塗装である灰緑色の単色塗装となる。

ベタ塗りならそこまで苦戦しないだろう。

下地の塗装

アドルフ
アドルフ

手始めに下塗りを。

  • 風防の下塗り→コクピット色(三菱系)に似せた自作代用コクピット色
  • 全体の下地→クレオスのMr.サーフェイサー1000

と、いつもどおりのですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

以前その場しのぎで作った代用コクピット色。

そろそろ残りが少なくなってきた。

あと1機分あるかないかといったところだ。

使いきり次第、本物のコクピット色に切り替え予定となる。

アドルフ
アドルフ

昨年8月の陸攻用に作って、約1年ぐらい保ちましたな。

本体色の塗装

アドルフ
アドルフ

そして本体の塗装。

  • 機体本体→Mr.カラーの灰緑色
  • エンジン→Mr.カラーの黒鉄色

ですな。

複雑な塗り分けもないので、これで終了です。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥374 (2024/05/23 00:50:17時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

筆者って飛行機にはあんまりシャドウを入れないよね。

アドルフ
アドルフ

迷彩で陰影がつくものも多いですからね。

細かい部分を筆塗りとマーキング

アドルフ
アドルフ

細かいところを塗り分けていきます。

特にプロペラはデカールを貼り付けるので、先に塗っておきましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

プロペラは襲撃機型か軍偵察機型かで色が異なる。

今回のは灰緑色のスピナーに銀のブレード。

ブレード裏は黒か赤褐色の指示になっている。

今回は黒にした。

レーナ
レーナ

軍偵のほうはスピナーが本体同様の迷彩、ブレード全面が赤褐色みたいだね。

アドルフ
アドルフ

こちらがキット付属のデカール。

2016年のものなので、質はよさそうですな。

8年経った現在も問題なく使えそうです。

今回の戦果

アドルフ
アドルフ

デカールを貼り付け、セッターやソフターを塗布。

凹凸に馴染ませます。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥252 (2024/05/23 19:51:03時点 Amazon調べ-詳細)
ヴァルダ
ヴァルダ

乾燥待ちに今回はここまで。

次回は軽くウェザリングを施し完成させよう。

レーナ
レーナ

続きは次回!

この記事で作っているキット

【新品・中古】プラモデルを買うなら駿河屋

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました