ハセガワ 九九式襲撃機/軍偵察機 製作記②

航空機等製作記
アドルフ
アドルフ

ハセガワのセット商品、九九式襲撃機/軍偵察機を作っていきましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は部品を確認した。

今回は組み立て開始。

各部の合わせ目を接着したり、コクピットを組み立てよう。

レーナ
レーナ

今回は2機セット。

同時に組み立てるのかな?

アドルフ
アドルフ

それも考えましたが……

2機は一部組み立てが異なります。

行き来するすると混乱しそうなので、先に襲撃機として全体を進めていきます。

その後ダイジェスト版で軍偵察機を紹介していきます。

ヴァルダ
ヴァルダ

それではまずは襲撃機として最初の1機を作っていこう。

 

 

スポンサーリンク

合わせ目の接着

アドルフ
アドルフ

手始めに合わせ目消しのために接着をします。

  • 主翼
  • 主脚
  • カウリング

を貼り付けてしまいましょう。

レーナ
レーナ

軍偵察機で作る場合は主翼に少し加工を施すみたいだね。

今回はとりあえず襲撃機だからそのまま進めて……。

アドルフ
アドルフ

合わせ目消しについては過去記事参照です。

初心者向け? HGUCグフで学ぶ合わせ目消し
アドルフ 最近更新速度が遅いと思ったら今度は一日二回投稿ですか。 ヴァルダ うむ。 また筆者が初心者向けの記事を考えたのでそれをまとめる。 アドル...

 

 

コクピット内部の部品

アドルフ
アドルフ

続いてコクピット内部を進めていきます。

パーツはご覧の通りです。

レーナ
レーナ

胴体側面の押し出しピン跡は削って処理。

計器類の裏側はラッカーパテで埋めて処理するよ。

ついでに機体下部につける39番パーツのヒケもパテで埋めて……。

ヴァルダ
ヴァルダ

ただ後に判明したけどこれらの押し出しピン跡は組み立て後、外からはほとんど見えなかった。

39番パーツのヒケと29番パーツ(ヘッドレスト)の押し出しピン跡を処理しておけば大丈夫だ。

 

偵察窓の加工

アドルフ
アドルフ

胴体側面には偵察窓用の凹みと、はめ込むクリアーパーツが付属します。

軍偵察機の場合は開口&クリアーパーツはめこみをします。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回は襲撃機なので不要。

……と思いきや、1番の塗装の襲撃機は変則的な個体なのか上部のみ窓が開いている。

ここだけ開口しよう。

アドルフ
アドルフ

開口はピンバイスで穴を複数開けた後、デザインナイフで形を整えます。

削りすぎるとパテのお世話になるので、適時クリアーパーツを仮組みして確かめるといいでしょう。

レーナ
レーナ

クリアーパーツは上下の窓が一体整形。

今回は上の部分のみ切り取って使うよ。

内部の塗装があるから、ここではまだ取り付けないで……。

 

コクピット内部の組み立て

アドルフ
アドルフ

各部整形するとこんな感じに。

いよいよ部品を取り付けていきましょう。

レーナ
レーナ

床板や側面のパーツを接着。

こんな感じに。

ヴァルダ
ヴァルダ

後部機銃の予備弾槽ラック(30番パーツ)は床板と干渉しやすい。

完全に固着する前に仮組みして確かめておこう

床板と胴体はまだ接着しない。

 

コクピット内部の塗装

アドルフ
アドルフ

この段階で内部の塗装を施します。

三菱重工業の機体なので、塗装指定もコクピット色(三菱系)

内部全体に塗ってしまいます。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥369 (2023/03/25 19:52:48時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

裏で並行している軍偵も一緒に……。

ヴァルダ
ヴァルダ

その後は

  • 計器板→タミヤアクリルのフラットブラック
  • 操縦桿→Mr.カラーのシルバー

で塗り分ける。

計器部分はデカールが付属するので、それを貼り付けよう。

アドルフ
アドルフ

計器部分はモールドで凸凹していますな。

白のドライブラシで塗り分けるのもよさそうです。

擦れ!ドライブラシのやりかた
アドルフ 2020年があと3日で終わってしまいます。 ヴァルダ 筆者は何時だろうと模型製作だ。 アドルフ 相変わらずですな。 ...

ヴァルダ
ヴァルダ

その後は軽くウェザリング。

スミ入れ用ブラックでスミ入れをして、明灰緑色をドライブラシだ。

レーナ
レーナ

ここまで出来たら透明パーツを接着。

いつものセメダインを使って……。

created by Rinker
セメダイン(Cemedine)
¥364 (2023/03/26 18:24:33時点 Amazon調べ-詳細)

 

今回の戦果

アドルフ
アドルフ

そして胴体に床板を挟みこみ、胴体左右を貼り合わせ接着します。

部品が反っているのか、そのままだと胴体左右は浮いてはがれそうになります。

乾燥するまでクリップで留めておきましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

胴体左右が上下にズレて段差ができないようにも注意しよう。

今回はここまで。

次回は更に部品を取り付けていこう。

レーナ
レーナ

続きは次回!

この記事で作っているキット

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました