フジミ ユンカースJu87G-2製作記②

航空機等製作記
アドルフ
アドルフ

G型スツーカの続きですよ。

ヴァルダ
ヴァルダ

休んでいる暇はないぞアドルフ、作業開始だ。

スポンサーリンク

合わせ目接着部分の整形

Ju87Gのトレードマーク!固定脚と3.7cm砲、逆ガル主翼

アドルフ
アドルフ

前回何をやったかと言うと、主に合わせ目部分の接着です。

そこで今回は接着部分の整形です。

ヴァルダ
ヴァルダ

まずは主脚。

Ju87は急降下時に発生する風切り音を増幅させるため一部の機体には主脚にサイレン発生用のプロペラをつけていたんだ。

今回作るG型はサイレンプロペラがないけど、D型のキットの金型を流用しているため台座が残っている。

整形のついでにここを切り取ってしまおう。

上の写真の左が整形前、右が整形後だ。

アドルフ
アドルフ

続いてG型の代名詞ともいえる3.7cm砲。

ここは部品の大きさのわりにゲート個数が多く整形に手間がかかります。

また細いので非常に折れやすいです。写真のように筆者はやたらと折っています。

ヴァルダ
ヴァルダ

ヤスリをかけすぎると楕円形になる。

ただ砲口だけでもしっかり整形しておこう。

アドルフ
アドルフ

整形後こんな感じに。

ヴァルダ
ヴァルダ

この二種類の部品は塗り分けの都合上ここでは接着しない。

塗装が一通り済んでから接着しよう。

・・・・・・待ちきれない?だったら早く手を動かすんだ。

アドルフ
アドルフ

お次は主翼の整形。

G-2型は急降下爆撃機型であるD型の一つ、D-5型からの派生機です。

両種の特徴としてそれまでのJu87とは違い延長された主翼を持っています。

フジミのキットもB型、D型の主翼端に延長された主翼端を継ぎ足したように成型されています。

ヴァルダ
ヴァルダ

継ぎ足したところはパーティングラインが入っている。

ここもヤスっておこう。

アドルフ
アドルフ

整形後。

削るので先に周辺のモールドを彫りなおしていくといいかもしれませんね。

新入り道具達を活用しながらの整形

ヴァルダ
ヴァルダ

本キットでは合わせ目消しをする部分にモールドが走っている箇所が多数ある。

こういうところの彫りなおしには以前購入したラインチゼルが大活躍している。

アドルフ
アドルフ

最近はAFVモデルばかりでスジ彫り道具はなかなか活躍の機会がなかったですね。

アドルフ
アドルフ

機首部分は接着剤の量が少なかったか貼り合わせが弱かったのか隙間が出来てしまったのでイージーサンディングを塗布です。

ヴァルダ
ヴァルダ

普通のゼリー系瞬間接着剤よりプラに近い硬度だから削りやすいのが利点。

尾翼は立ちはだかる

ヴァルダ
ヴァルダ

ここまできたら機首を取り付ける。

ついでにラジエーターなど機体下部の部品も幾つか取り付けよう。

ただしフック状の極小パーツやピトー管など細いパーツは後回し。

アドルフ
アドルフ

作業中にうっかり折る危険性があるので塗装直前まではつけないほうがお勧めです。

アドルフ
アドルフ

ここで水平尾翼を取り付けるのですが・・・・・・。

水平尾翼は尾翼本体と支柱の2パーツで構成されていますが支柱取り付け位置に穴も空いていませんし刻印すらされていません。

アドルフ
アドルフ

そこで塗装図を参考にして勘で取り付けます。

ヴァルダ
ヴァルダ

「支柱横の丸モールドぐらいの高さ」で「支柱上の垂直モールドを少し過ぎたあたりの位置」

に接着しよう。

アドルフ
アドルフ

まずは垂直尾翼と水平尾翼を接着。

そして水平尾翼と支柱を接着です。

アドルフ
アドルフ

接着剤が半乾きの間に支柱の位置を微調整。

所定の位置に来たら接着剤を流し込みます。

ヴァルダ
ヴァルダ

すかさず反対側も同様に接着。

左右の位置が合うようによく確認しよう。

今回の戦果

アドルフ
アドルフ

この状態で今回は終了とします。

次は細かい部品や風防の組立てになりますかね。

ヴァルダ
ヴァルダ

残念だけどJu87の作業は一時中断になりそうだよ。

アドルフ
アドルフ

また筆者が部品を紛失したんですか?

ヴァルダ
ヴァルダ

いや、例の新製品が密林さんから発送されたとの情報が入ってきた。

明日その新製品を受け取り次第そちらの作業を優先する。

と言うわけで次回は新製品の紹介になりそうだね。

アドルフ
アドルフ

追記です

作戦再開しました。

フジミ ユンカースJu87G-2製作記③

今作っているキット

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました