遅れた新製品製作 HGCEインフィニットジャスティスガンダム①

ガンプラ製作記録
アドルフ
アドルフ

こんなところを見ている人がいるかわかりませんが一応ご挨拶を。

どうも、本ブログの案内人であるアドルフと申すものです。

ヴァルダ
ヴァルダ

同じく、こんなところの案内人であるヴァルダ。

アドルフ
アドルフ

前回HGのウィンダムがロールアウトしてひと段落つきました。

本日は何をしましょうか。

ヴァルダ
ヴァルダ

筆者がそのウィンダムと同時に手に入れた、あのガンプラを作ろう。

スポンサーリンク

今回のお題 HGCE インフィニットジャスティスガンダム

ヴァルダ
ヴァルダ

今回作るのはこちら

ガンプラHGシリーズより

「インフィニットジャスティスガンダム」

だ。

アドルフ
アドルフ

先日ウィンダムと共に新発売されたものですね。

この機体はSEED DESTINY放送当時もHG SEEDシリーズで一度キット化されていますな。

筆者はそちらのは持っていないため、本機は初めての製作となります。

HG SEED No.32 1/144 ZGMF-X19A インフィニットジャスティスガンダム
ヴァルダ
ヴァルダ

発売は先月の下旬。

本当なら発売直後に作るべきだったけど、ウィンダムの製作が難航したこともあって今日までずれ込んだ。

「新製品速攻レビュー」のタグと矛盾しているようにも見えるね。

開封してランナーを確認してみよう

アドルフ
アドルフ

とりあえず箱を開けてみましょう。

・・・・・・ランナーが大量にありますね。

ヴァルダ
ヴァルダ

ウィンダムより先にこちらを製作する予定もあったんだ。

ただ筆者がこのパーツ量で「完成するまで時間がかかる」と判断、あちらを先に作り始めたんだ。

アドルフ
アドルフ

とりあえずランナーの確認をしていきますか。

まずはAランナー。多色成型で色んな部品が入っています。

ヴァルダ
ヴァルダ

パーツが多いけど、その分色分けの再現度も高いように見えるね。

アドルフ
アドルフ

続いてBランナー。

∞ジャスティスの特徴であるシルバーのフレームが成型色の時点で再現されています。

左右対称部分はB2ランナーとしてもう一枚付属します。

ヴァルダ
ヴァルダ

Cランナー。

こちらも左右対称部分はC2ランナーとして二枚付いてくる。

主に本体のピンク部分となっている。

アドルフ
アドルフ

D1、D2ランナー。

こちらは左右対称パーツではありません。

ランナー枚数は多く見えるこのキットですが、このようにパーツが少ないランナーが複数ついてきます。

ヴァルダ
ヴァルダ

白いパーツが収まったE1、E2ランナー。

ガンダム=白のイメージがあるけど、本機の白いパーツはご覧のとおり。

アドルフ
アドルフ

Fランナー。これも一部パーツが2ランナーで二枚。

ヴァルダ
ヴァルダ

Gランナーは赤紫色の成型色。

背部のファトゥム-01の外装パーツだね。

可動部分が多いからかパーツ数も多めだ。

アドルフ
アドルフ

H1、H2ランナーはビームエフェクト。

前回のウィンダムの記事でも書きましたが、このビームサーベル刃はウィンダムのものとは互換性がないので注意です。

アホな筆者がごっちゃにしたせいで前回みたいな事件が……。

アドルフ
アドルフ

その他シールドから展開するアンカークロー用のリード線、シールです。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回このキットにはポリキャップは付属しない。

どうやら関節部分は全てKPS素材のようだ。

・・・・・・以上でランナー紹介は終わり。

今回は仮組み回

ヴァルダ
ヴァルダ

それでは早速キットを仮組みしてプロポーションや可動範囲を確認しよう。

胸部の組み立て

アドルフ
アドルフ

最初は胸部から。

多数の部品がありますがあわてず騒がず……。

アドルフ
アドルフ

組み上げるとこんな感じに。

腹部で左右にもスィングするようになっています。

頭部の組み立て

ヴァルダ
ヴァルダ

頭部パーツ一覧。

ここも複数の部品で色分けを再現している。

ヴァルダ
ヴァルダ

組み立て完了。

ガンプラでは要塗装になりがちな頭部バルカンまで成型色で再現されているのがわかるだろう?

腕部の組み立て

アドルフ
アドルフ

腕部はこんな感じに。

肘関節はKPS製の二重関節となっています。

アドルフ
アドルフ

二重関節なので可動範囲は問題ないです。

肩はアーマー部分は合わせ目がモールド化されていますが、基部のほうは合わせ目が真ん中に残ります。

ヴァルダ
ヴァルダ

ここで上半身の部品を合わせてみよう。

例によって仮組み段階なので、頭部のセンサー類などシールは貼っていない。

ただこの時点で、このキットがパーツ段階から色分けが出来ているのがよくわかる。

脚部の組み立て

アドルフ
アドルフ

これまたパーツ数が多い脚部パーツ。

・・・・・・ちなみにアホな筆者がここで一つパーツを忘れているのは内緒です。

ヴァルダ
ヴァルダ

足の甲につけるビームブレイド孔だね。

アドルフ
アドルフ

肘関節同様、こちらもよく曲がります。

つま先まで可動するのがポイント。

腰部の組み立て

ヴァルダ
ヴァルダ

基本的にはスタンダートな部品構成の腰部。

種系MSにありがちなサイドスカートのサーベルは2つの装甲パーツで挟み込んで保持する形になっている。

また股関節は、脚部のグリフォンビームブレイドを使ったアクションポーズに対応するため、差し替えポイントがある。

ヴァルダ
ヴァルダ

組み立て完了。

フロントスカートのダクトモールドの内部はグリーンで要塗装だ。

アドルフ
アドルフ

これで本体が完成です。

新生SEED系キット全般に言えることですが、全体的に小顔で脚が長く、頭身が高めの印象になっています。

その他武装の組み立て

ファトゥム-01の組み立て

アドルフ
アドルフ

各武装を組み立てていきましょう。

まずは背部のファトゥム-01から。

パーツが多いので二段階に分けます。

アドルフ
アドルフ

第一段階はこんな感じに。

ブレード部分やビーム砲部分もフレキシブルに可動します。

アドルフ
アドルフ

その後はウィング部分を。

大型のパーツが並びます。

アドルフ
アドルフ

ウィンダムのジェットストライカーと違ってここもパーツ単位で色分けが出来ています。

また底面にはアクションベースに接続できる穴が空いています。

ヴァルダ
ヴァルダ

背部に装着。

関節がしっかりしているので、大型のコイツを背負っても早々倒れない。

手持ち武装の組み立て

ヴァルダ
ヴァルダ

手持ち武装はライフル。シールド、そしてサーベル2個を繋いだハルバード。

ヴァルダ
ヴァルダ

組み立てるとこんな感じに。

シールドは真ん中の三角モールド部分が要塗装。

ライフルはどうしても細かく複雑な塗り分けが再現されていない。

具体的には銃身上部や側面円モールドのピンク部分、スコープ前面の白部分など。

仮組み完了

アドルフ
アドルフ

そんなこんなで組み立てが完了したインフィニットジャスティス。

早速動かしてみましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

ここで先ほど取り付け忘れた部品が発覚。

アホな筆者が取り付けている。

よく説明書を見て組み立てよう。

ヴァルダ
ヴァルダ

エフェクトパーツも用意。

左のシルバーパーツはスタンドのジョイントパーツ。

右下の部品は余剰品。

おそらく先に発売したダイバーズリライズのジャスティスナイト用の部品。

アドルフ
アドルフ

長々と語っていましたが、早速撮影開始です。

アドルフ
アドルフ

この機体、シールドにアンカーやらブーメランやら様々な武装がついてきます。

勿論、すべてギミックが再現されています。

ヴァルダ
ヴァルダ

股関節フレームを差し替えることでこのようにビームブレイドを使った回し蹴りが出来る。

アドルフ
アドルフ

ファトゥム-01は独立してスタンドに展示が可能です。

また、底面にはグリップが格納されており、これを使ってぶら下がることもできます。

グリップは3.0mm径の軸なので、他の機体をぶら下げることも可能です。

ヴァルダ
ヴァルダ

ただ角度によってはアクションベースの支柱に干渉しやすいというのもある。

この辺はなにかいいアイデアはないかな?

仮組み時点での感想

アドルフ
アドルフ

部品が多いので一見びっくりしますがその分複雑な色分けを上手く再現しているのが好ポイントです。

目立つ色分け不足部分はライフルの細かいところでしょうか。

それと、合わせ目が最初からほとんどモールド処理されています。

頭部の側面にくるそれも、説明書の見本を見る限りどうやらモールドとなっています。

ヴァルダ
ヴァルダ

筆者は旧製品を持っていないけど、調べたところあちらではシールドに内蔵された二種類の武器ギミックは再現されていなかったようだね。

今回はクロー、ブーメラン共に展開して遊ぶことが出来る。

アドルフ
アドルフ

その他、手に持ってみるとわかるのですがHGの割りにやや重く、RGのキットと遜色ないような密度を感じます。

ヴァルダ
ヴァルダ

総じてプレイバリューの高いキットといえる。

かっこよくディスプレイするもよし、豊富な武装で遊ぶもよし。

今回はここまで。この後は本キットを本格的に作っていくことになるだろう。

余談 不定期恒例散財タイム

ヴァルダ
ヴァルダ

・・・・・・ところが邪魔が入りそうだね。

アホな筆者の検閲をしてみたところ、こんなものが。

アドルフ
アドルフ

あっ、補給物資に加えてタミヤの新作戦車が。

そして何より・・・・・・

よくもこんなキチガイミュージカルを!!

ヴァルダ
ヴァルダ

あれこれ他にも観たり作ったりしたいものがたくさんだ。

これらと平行してインフィニットジャスティスは進むことになるだろう。

アドルフ
アドルフ

共倒れになってどれも完成しないというオチにならないといいんですが……。

この記事で作っているキット

HG No.231 インフィニットジャスティスガンダム

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました