部分塗装省略!戦車の車外装備にいきなり錆ウェザリング

筆者の製作技法
レーナ
レーナ

今日は何しようか。

アドルフ
アドルフ

前回は、ティーガーIIを完成させましたが・・・・・・。

アドルフ
アドルフ

そういえば、もう1輌ティーガーIIが放置されていますね。

今回はそれを完成させましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

そうするんだけど・・・・・・

ついでだ。

筆者が行っている作業を、1つ詳細に紹介してみよう。

アドルフ
アドルフ

・・・・・・と、なりますと?

ヴァルダ
ヴァルダ

今回は主に戦車模型に施している、錆汚れを取り上げてみよう。

レーナ
レーナ

いわゆるハウツー系記事になるのかな。

ヴァルダ
ヴァルダ

実際は

「同じことを毎回説明するのが億劫になった」

かららしいけど。

スポンサーリンク

今回の犠牲車 タミヤ 1/35 ティーガーII ヘンシェル砲塔

ヴァルダ
ヴァルダ

今回実践するに当たって、使用するキットはこちら。

筆者が作りかけで遺棄していた、タミヤのティーガーIIだ。

商品名は「ドイツ重戦車キングタイガー(ヘンシェル砲塔)」

例によって、ここではティーガーIIで統一する。

レーナ
レーナ

最近の記事でちょくちょく出てきていたやつだね。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回完成させたのは2002年に発売されたアルデンヌ戦線版。

今回のは1993年発売の通常版となる。

アドルフ
アドルフ

前回作ったものには別売りのエンジングリル、組み立て式履帯を使いました。

こちらはそれらのディティールアップパーツは使わず、ストレートに組んでいます。

代わりに、ツィンメリットコーティングシートを貼り付けています。



ヴァルダ
ヴァルダ

ツィンメリットコーティングについては以下の過去記事を参照に・・・・・・。

キットの簡単な紹介

ヴァルダ
ヴァルダ

基本的には前回作ったアルデンヌ戦線版の、おまけなしとなっている。

ただし、付属マーキングは独自のもの。

なので、完全な下位互換キットではないんだ。

アドルフ
アドルフ

塗装は4種類です。

  • 132号車(2色迷彩・コーティングあり)
  • 233号車(3色迷彩・コーティングあり)
  • 222号車(3色迷彩・コーティングなし)
  • 332号車(3色迷彩・コーティングなし)

となっています。

レーナ
レーナ

とりあえず、塗装とマーキングまで済ませて・・・・・・。

騎士のマークが特徴的だね。

アドルフ
アドルフ

このマークは第505重戦車大隊のもの。

主に東部戦線で、ソ連軍相手に戦っていたようです。

ヴァルダ
ヴァルダ

本当はここで、スミ入れやウォッシングなどを行っているんだけど・・・・・・

アホな筆者が写真を撮り忘れた。

なので、いきなり次の作業紹介から入る。

今回使うもの クレオス ウェザリングカラー

ヴァルダ
ヴァルダ

さて、ここで本題の錆汚れに移る。

まずは使用するものの紹介。

今回使うのはクレオスのウェザリングカラー

アドルフ
アドルフ

使用カラーリングは3種類。

  • ステインブラウン
  • ラストオレンジ
  • マルチブラック

ですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回は主に、この排気管部分を例に取り上げて紹介する。

まずは作業開始前の状態。

レーナ
レーナ

そういえば、ここは説明書では焼鉄色系の指示が出ているはずだけど……。

ヴァルダ
ヴァルダ

筆者も昔は排気管や車載装備を金属色で塗り分けてきた。

ただ、後から錆汚れを塗ると目立たなくなる。

なので筆者は思いついた。

「どうせ錆汚しをするなら、金属色は要らないのでは?」

と。

アドルフ
アドルフ

筆者なりに考えた時短プラモテクニックですな。

どのくらい時短するのかは不明ですが。

作業開始

ヴァルダ
ヴァルダ

まずはステインブラウンを排気管に塗る。

この色は、金属色に塗られていないことを誤魔化す役割もある。

ビンの底に溜まった顔料部分をすくい出し、濃い状態のものを塗りたくる。

アドルフ
アドルフ

これだけでもそれらしくなりますな。

レーナ
レーナ

続いて変化をつけるため、ラストオレンジをブラウン上にぺたぺたと・・・・・・。

ヴァルダ
ヴァルダ

こちらは塗装面に表情をつける目的なので、薄めに調整。

わざとムラになるようにしていく感じ。

アドルフ
アドルフ

わかりにくい説明ですな……。

ヴァルダ
ヴァルダ

本当に、あまり深く考えずぺたぺたと塗っていく。

そうしか表現の方法が……。

ヴァルダ
ヴァルダ

こんな感じに。

普通の車外装備はここで終わりだけど、排気管はもう少し続くよ。

レーナ
レーナ

排気口部分にマルチブラックを。

先端部分は真っ黒にするから、濃い目のものをチョコチョコ塗ってみよう。

アドルフ
アドルフ

半乾きのところで、擦って黒とオレンジ部分の境界をぼかしてやります。

境目というよりは、やや黒寄りの部分を擦ってやるといい感じに・・・・・・。

アドルフ
アドルフ

作業後はこんな感じに。

これで排気管汚れは完了です。

そのほかの部分の作業例

レーナ
レーナ

車外装備の錆汚れビフォー&アフター。

下地の金属色塗装が要らなく感じるね。

・・・・・・ハンマーの部分で錆汚れがはみ出ているけど。

ヴァルダ
ヴァルダ

ウェザリングカラーは定着力が弱い。

なので、軽く筆や綿棒で擦ってやるといい感じに拭き取れる。

アドルフ
アドルフ

ただ、定着力が弱いので、手で触れただけでも落ちてしまいます。

作業後は触れずに、クリアーコートしてやりたいところですね。

ヴァルダ
ヴァルダ

反対につや消しで表面がガサガサな部分に塗ってしまうと・・・・・・

粒子に引っかかるのか、拭き取るのが難しくなる。

心配なら、作業前につや有りのクリアーを吹きつけておくといいかな。

ティーガーIIを完成させよう

アドルフ
アドルフ

あとはそのほかのウェザリングを行って完成させてしまいます。

以下、完成品です。

作業まとめ

アドルフ
アドルフ

今回の作業をまとめると・・・・・・

  • ステインブラウンを塗る
  • ラストオレンジを塗る
  • 排気口はマルチブラックを塗ってぼかす

といった感じですかね。

ヴァルダ
ヴァルダ

そういうことになる。

レーナ
レーナ

なんというか、すごく説明しにくい内容だね。

ヴァルダ
ヴァルダ

あまり深く考えず、ただ単に塗りたくっているだけだからね。

ムラとかも気にせずに。

逆をいえばものすごく単純なので、簡単に出来る。

アドルフ
アドルフ

これを見ている方々も、気になったら是非挑戦してみてください。

お手軽にそれらしくなるので・・・・・・。

ヴァルダ
ヴァルダ

コイツをやれば、面倒な金属色の部分塗装もいらなくなる。

もう黒鉄色のはみ出しに一喜一憂する日ともオサラバだ。

レーナ
レーナ

といったところで今回は終わりかな。

今回紹介した道具



この記事で作っているキット

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました