HGUC ヅダ三番機 製作記③

ガンプラ製作記録
アドルフ
アドルフ

ガンプラのHGUCシリーズ、ヅダを作っていきます。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は頭部と武器を仕上げた。

今回は胴体を作っていこう。

レーナ
レーナ

なんかノロノロ運転な製作記事になりそうな。

アドルフ
アドルフ

この後もっと時間のかかる作業を行っているというのもありますな。

ヴァルダ
ヴァルダ

あんまり急ぎすぎても記事が作業に追いついてしまうんでね。

 

スポンサーリンク

胸部の組み立て

ヴァルダ
ヴァルダ

胴体は大まかに胸部、腰部、バックパックに分割できる。

一昔前のHGUCらしく、腹部は独立しておらず胸部と一体成型

アドルフ
アドルフ

ヅダのトレードマークである背部の土星エンジンはボールジョイント接続。

各方向にグリグリ回すことができます。

ヴァルダ
ヴァルダ

手始めに胸部のグレーのパーツであるB8パーツ。

このパーツの接続が非常に固いので、そのままだと塗り分けの際の着脱時にパーツ周辺を傷付けそうだった。

なので接続ピンを切り取ってしまう。

レーナ
レーナ

グレーのB8パーツ自体じゃなくて、それを留めるA19パーツのピンを削る感じかな。

はめ込むだけで十分強度が高いから、ピン全体を切り取っても大丈夫。

ヴァルダ
ヴァルダ

ヅダの胸部は前後に分割されている。

そのまま接着して合わせ目消ししたいところだけど、肩口にあるダクト状ディティールを横切るように合わせ目が存在する。

今回はここを少し手を加えてみよう。

ヴァルダ
ヴァルダ

まずはダクト状モールドをニッパーやらデザインナイフやらでくり抜いてしまう。

様子を見ながら慎重に・・・・・・。

レーナ
レーナ

ところで、関節部分は挟み込みになるけど、なんか手を加えるのかな?

ヴァルダ
ヴァルダ

この肩関節に関しては今回はそのまま挟み込んで、塗装は筆塗りで塗り分ける。

ここは下手に後ハメ加工とかすると、強度が下がったりしそうだったのでね。

ヴァルダ
ヴァルダ

くり抜いたダクトの内側にはプラ板をセットして接着。

裏打ちしておく。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥750 (2021/12/05 02:10:04時点 Amazon調べ-詳細)
アドルフ
アドルフ

あくまで内側が見えなくなればいいだけなので、あまり強度とかは考えなくて大丈夫そうですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

薄いプラ板のほうが加工しやすくておススメだ。

筆者はジャンク状態のプラ板をサルベージして使っていたから、具体的な厚さは不明だけど。

ヴァルダ
ヴァルダ

プラ板が上手く接着できていたら、そのまま胸部前後を貼り合わせて合わせ目消し。

接着剤が上手くはみ出たのを確認して乾燥待ちだ。

レーナ
レーナ

合わせ目消しについては過去記事参照だよ。

初心者向け? HGUCグフで学ぶ合わせ目消し
アドルフ最近更新速度が遅いと思ったら今度は一日二回投稿ですか。ヴァルダうむ。また筆者が初心者向けの記事を考えたのでそれをまとめる。合わせ目消しヴァルダ作業の前に使用するキットの紹介を。...

ヴァルダ
ヴァルダ

接着剤が乾燥後、各部をヤスリで整形していく。

速乾の接着剤を使ったから、1日ぐらいの待ち時間で進めてしまっている。

アドルフ
アドルフ

前回も説明したとおり、実際は他の部位と並行して作業していますが・・・・・・

混乱を招くので、各部位に絞って説明しています、

ヴァルダ
ヴァルダ

さて削りとったダクト部分を復活させるんだけど・・・・・・。

今回は筆者の手元にあった、WAVE社の別売りパーツ。

U・バーニアフラット4(長方形)の一番小さいものを貼り付けてみた。

一番小さいサイズであるものの、そのままでは入らない。

なのでパーツの長辺をデザインナイフで薄く切り取り、ダクトの凹みに接着している。

アドルフ
アドルフ

U・バーニア(長方形)に、当該パーツは4つ入っています。

となると、筆者の手持ちのヅダ4機に改造するにはもう1セット必要ですな。

このままでは2機分が不足します。

ヴァルダ
ヴァルダ

この前筆者は残りのヅダ3機分に備えて探し回ったんだけど、どこにも置いていなかったんだ。

これはどうするかな・・・・・・。

レーナ
レーナ

とりあえず、これで胸部の改造は完了かな?

 

バックパックの組み立て

ヴァルダ
ヴァルダ

バックパックは独特な噛み合わせになっている。

接着剤だけでは合わせ目消しが難しいと思い、ラッカーパテも併用している。

アドルフ
アドルフ

どうも広い面上に出来る合わせ目は消しにくいというか。

ヴァルダ
ヴァルダ

パテと接着剤が乾燥したら整形していく。

鉄ヤスリや当て木付きの紙ヤスリで面全体を平坦に揃える感じで・・・・・・。

アドルフ
アドルフ

他にも2点ほどやっておくことが。

1つはバックパック角に付ける4つの小型バーニアのピンを短くカットしておくこと。

長いと着脱に苦労したり、引っ掛けた際に負荷がかかって折れることがあるので・・・・・・。

レーナ
レーナ

そういえば筆者の控えヅダにはバーニアが折れたのがあったような。

アドルフ
アドルフ

もう1つは丸い凸モールドをピンバイスで凹状にしておくこと。

キットでは凸モールドですが、設定画では凹モールドなので。

単純にバックパックの整形時に凸モールドが邪魔になるというのもありますが。

ヴァルダ
ヴァルダ

これでバックパックも組み立て完了だ。

今回の戦果

ヴァルダ
ヴァルダ

腰部は前面スカートが左右一体成型なので、中央で切り離して左右独立可動化させるだけ。

他は単純にゲート処理をするだけに留めている。

アドルフ
アドルフ

これで胴体各パーツが揃いましたな。

ヴァルダ
ヴァルダ

筆者がダクトパーツの選定に悩んだということもあって、実は各ブロックの中でも一番後に組み立てが終わっている。

レーナ
レーナ

ということは、残りの部品はもう出来上がっているってことかな?

ヴァルダ
ヴァルダ

そういうことになる。

今回はここまで。

残りは手足になったけど、次回はどちらを紹介するかな・・・・・・。

レーナ
レーナ

続きは次回!

この記事で作っているキット

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥2,243 (2021/12/05 15:43:29時点 Amazon調べ-詳細)

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました