HGUC ヅダ三番機 製作記⑥

ガンプラ製作記録
アドルフ
アドルフ

ガンプラHGUCより、ヅダを作っていきます。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は脚部の後ハメ加工を行い、全体の組み立てが終わった。

今回は塗装作業を行ってみよう。

レーナ
レーナ

ヅダといえば、迷彩塗装。

大丈夫かな?

アドルフ
アドルフ

普段ドイツ軍航空機でスプリッター迷彩を行っている筆者。

しかし、今回は苦戦するそうですよ。

ヴァルダ
ヴァルダ

ガンプラとスケールモデルではまた勝手が違うんだ。

 

スポンサーリンク

下地系の塗装をする

ヴァルダ
ヴァルダ

まずは下地のサーフェイサーを。

今回はクレオスのグレーサフ1000番を使っている。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥200 (2021/12/05 18:32:08時点 Amazon調べ-詳細)
アドルフ
アドルフ

おそらく筆者が保有するものでは最もスタンダートなサーフェイサーですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

筆者は特にこだわりが無い場合、このサーフェイサーを使う場合が多いね。

ヴァルダ
ヴァルダ

続いて陰などをつけず、ベタ塗りするパーツを塗ってしまう。

腕部シリンダーなどシルバー部分→Mr.メタルカラーのクロームシルバー

土星エンジン→Mr.メタルカラーのカッパー

武器、関節→Mr.メタルカラーのアイアン

足首・肘などグレー→旧ガンダムカラーのファントムグレー

・・・・・・といったところかな。

レーナ
レーナ

なんか懐かしい形のビンがあるね。

アドルフ
アドルフ

旧Mr.カラーのツマミ付き蓋ですな。

待機中のヅダ同様、10数年前からこの時を待っていたのです。

ヴァルダ
ヴァルダ

買ったはいいがヅダ本体が進まず、今日まで一緒に放置されていたというやつだ。

肩のシルバーはこの後に備えてマスキングだ。

ヴァルダ
ヴァルダ

機体本体色はさらに下塗り。

Mr.カラーGXのウィノーブラックを塗って陰となる部分を作ろう。

created by Rinker
¥432 (2021/12/05 21:09:22時点 Amazon調べ-詳細)

 

本体色を塗る

ヴァルダ
ヴァルダ

ここからヅダ本体の色を塗っていこう。

ヅダの色は成型色では明るめになっている。

劇中のヅダも太陽光を受けてか、かなり白っぽい色をしている。

ただ今回は設定CGに近づけて、多少濃い色を目指してみよう。

レーナ
レーナ

このなんともいえないような色、どう再現するかな・・・・・・。

ヴァルダ
ヴァルダ

ぴったりの色が手元に無かったので、様子を見ながら調色してみた。

その結果

つや消しホワイト:コバルトブルー:パープル3

2:1:1の割合で混ぜたものを使ってみることに。

レーナ
レーナ

パープル3?

アドルフ
アドルフ

生産中止品の旧ガンダムカラーですな。

主にドムの四肢の紫色です。

現行のガンダムカラー、MSパープルがこれに近いかと。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥432 (2021/12/05 11:21:16時点 Amazon調べ-詳細)
ヴァルダ
ヴァルダ

後の2色はMr.カラーだ。

ヴァルダ
ヴァルダ

塗ってみるとこんな感じに。

CG設定画の藤色を目指すつもりが、そこまで濃い色にはならなかったかも知れない。

レーナ
レーナ

でもこれはこれでいいかな?

アドルフ
アドルフ

筆などで直接塗るのとエアブラシ吹きだとまた色味が変わって見えますな。

 

ヅダ三番機のスプリッター迷彩を施す

ヴァルダ
ヴァルダ

ヅダの一番機から三番機はMSとしては珍しく青い迷彩が施されている。

今回は三番機なので、この迷彩を施していこう。

アドルフ
アドルフ

予備機は迷彩がありませんが・・・・・・

胸部と腰部前面の塗り分けは予備機含め全機共通です。

まずはこの2箇所をマスキングテープで覆ってしまいましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

余談だかコミック版では予備機も迷彩塗装を施されている。

気になる人はこれを再現するのもいいかな。

ヴァルダ
ヴァルダ

ヅダに施されているこの迷彩はスプリッター迷彩という。

主に航空機に施されていて、不規則な色のパターンで機体の形状認識を遅らせる効果がある。

画像は筆者が過去に作ったドイツ軍の急降下爆撃機ユンカースJu87と双発戦闘機メッサーシュミットMe410だね。

【2021年】ズベズダ Ju87B-2/U4スツーカ 製作記①【2月の新作】
レーナ模型大隊戦闘日誌、始まるよ!アドルフ前回までザクの日企画で、1ヶ月間ザク系キットを作っていました。ヴァルダ殿、今回は何を作るのでしょうか。ヴァルダつい最近、ある航空機の新作キットが発売された。...
ファインモールド Me410B-1/U2/R4製作記①
アドルフ唐突に始めた2輌の35(t)軽戦車が完成しました。今回は何をしますかな。ヴァルダ裏でこそこそ進めていた航空機キットの目処がたったので、それを紹介する。レーナなんだろうな。ヴァルダ筆者が...
レーナ
レーナ

迷彩といえば隠れることが主な用途だけど、このパターンはそれとは違う目的なんだね。

アドルフ
アドルフ

筆者としては、模型でのこの迷彩は細かいテープの切り貼りが手間に感じるのが難点だとか。

ヴァルダ
ヴァルダ

シールドのみ、一~三番機でそれぞれパターンが異なる。

説明書に塗装パターンが載っているので、それを参考に切り刻んだマスキングテープを貼り付けていこう。

レーナ
レーナ

ピックの部分のマスキングも忘れずに。

ここはちょっと難しいかな。

アドルフ
アドルフ

ピックの左右で合わなくならないように、それらしく・・・・・・。

ヴァルダ
ヴァルダ

バックパックはこんな感じに。

筆者は三角形にテープを切り出して、先に境界線を作ってしまっている。

ヴァルダ
ヴァルダ

その後は単純にテープを貼り付けて残りの部分を埋めてしまう。

説明書記載の一例では左右のパターンが見えづらいけど、ここは今回筆者が資料にしているガンダムウェポンズの各種ヅダの作例を参考にしている。

左右で対称のパターンに・・・・・・。

アドルフ
アドルフ

ヅダのスプリッター迷彩、塗り分け部分が鋭角になっている場面が少ないですな。

これは三角形に切り出さなくてもよかったかもしれませんね。

ヴァルダ
ヴァルダ

続いて腰部。

先にフロントスカートをマスキングしてから、全体のマスキングを行っている。

ベルト状の場所はぐるっと全体をマスキングする。

レーナ
レーナ

後部スカートは説明書を参考にして・・・・・・

左右のスカートは同じパターンかな?

ヴァルダ
ヴァルダ

脚部はまず説明書で把握しやすい左脚から始める。

ここも左右で反転したパターンっぽいので、それに合わせて右脚もマスキング。

アドルフ
アドルフ

モモ上部の股間接周辺は外から見えず、わからないので適当に・・・・・・。

ヴァルダ
ヴァルダ

肩や腕のマスキング。

ここはかなり入り組んでいる場所。

特に肩は凸凹が非常に多く、テープを密着させにくい。

アドルフ
アドルフ

見た感じレール周りは迷彩色が乗らない感じですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

1本のではなく、なるべくテープを細切れにすると密着しやすいように感じるね。

レーナ
レーナ

肩上部の迷彩パターンはなんか資料が少ないような・・・・・・。

ヴァルダ
ヴァルダ

それらしくやっつけてしまおう。

ヴァルダ
ヴァルダ

そんなこんなで出来上がった迷彩。

頭部や足首など、施さない場所もある。

アドルフ
アドルフ

文字で起こすとあっという間ですが、実際はこれだけで作業時間を使っているような。

 

迷彩色の青を塗る

ヴァルダ
ヴァルダ

迷彩の青はちょっと難しいところ。

やや暗めに見えるけど、藍色でもなく・・・・・・。

アドルフ
アドルフ

今回はこの作業の直前に仕入れた塗料、ガイアノーツの純色シアンを使っています。

created by Rinker
ガイアカラー
¥430 (2021/12/05 16:06:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

今回の戦果

レーナ
レーナ

シアンを塗ったあと、マスキングを剥がしてようやく塗装終了。

・・・・・・ちょっとシアンが鮮やか過ぎるかな?

ヴァルダ
ヴァルダ

もう少し彩度が低いほうがいいかもね。

迷彩をやり直すのが手間なので今回はこのまま進めよう。

アドルフ
アドルフ

浮いているようにも見えますが、メリハリのつきかたではいいと思うんですよね。

色が近すぎるとせっかくの迷彩が目立たないという問題もありますし。

レーナ
レーナ

やっぱり一部マスキングに失敗している感じかな?

肩周りとか、凸凹面で色が乗っていない部分があるね。

アドルフ
アドルフ

クロームシルバーの影響でしょうか。

マスキングテープで機体色が剥がれて、先に塗ったシルバーが見えています。

ヴァルダ
ヴァルダ

残りのヅダではここは筆塗りで済ませたほうが良さそうだね。

今回はここまで。

次回はマーキングやウェザリングになるだろう。

レーナ
レーナ

続きは次回!

この記事で作っているキット

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥2,243 (2021/12/05 15:43:29時点 Amazon調べ-詳細)

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました