HGUC パワード・ジム 製作記③

ガンプラ製作記録
アドルフ
アドルフ

ガンプラのHGUCシリーズにラインナップされているパワード・ジムを作っていきましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は頭部と胴体を組み立てた。

今回は腕・脚と武器を組み立てて全体の組み立て作業を終了しよう。

レーナ
レーナ

今回もジム改と同じような感じになりそうかな。

アドルフ
アドルフ

腕と武器はジム改とほぼ同様ですが、脚が少し異なりますな。

共通の部分も多いので、やはり過去にここで製作したジム改の記事も参考にしていただければ幸いです。

 

HGUC ジム改 製作記②
アドルフ HGUCのジム改を作っていきましょう。 ヴァルダ 前回は仮組み品の可動や付属物を確認した。 今回は早速作業開始。 頭部、胴体、武器を作ってみよう。 ...
HGUC ジム改 製作記③
アドルフ ガンプラHGUCシリーズより、0083に登場したジム改を作っていきましょう。 ヴァルダ 前回は頭部・胴体・武器の組立てを行った。 今回は腕と脚を作ってみよう。...
ヴァルダ
ヴァルダ

ジム改の記事は

  • パート2で頭部・胴体・武器
  • パート3で腕部・脚部

を組み立てている。

それではそれらの経験を思い出しつつ、パワード・ジムを進めていこう。

 

 

スポンサーリンク

腕の組み立て

アドルフ
アドルフ

まずは腕から。

頭部同様、ここも設定上の原型機であるジム改と全く同じものとなっていますな。

レーナ
レーナ

前腕とかは単純なモナカ割り構成。

そのままだと関節を挟み込む構造だから、合わせ目を消す場合は一工夫必要だね。

それと手首。

左手が開いた手しか付属しないところが気になるというか。

ヴァルダ
ヴァルダ

パワード・ジムが発売された2000年代後半の製品はどうも手首のバリエーションを削る傾向にあった気がするね。

パワード・ジムの場合はシールドを構えるから、そこまで目立たないのが救いだけど。

アドルフ
アドルフ

前腕はすでに過去の筆者が接着済みですな。

ここは後ハメ加工を施しています。

過去に組み立てたジム改とやり方は全く同じなので、この記事の冒頭に紹介した過去記事を参考にしていただければ。

ヴァルダ
ヴァルダ
  • 前腕→前腕内部とヒジの接続軸を一部削ることで後ハメ
  • ヒジ関節→合わせ目と対になるようにモールド追加
  • 肩ブロック→合わせ目を彫り返してモールド化
  • 肩アーマー→側面の噴射口部分のみ切り取り合わせ目接着。それ以外は合わせ目に対になるようモールドを追加

といったところ。

レーナ
レーナ

文字だけだとわかりにくいなぁ。

アドルフ
アドルフ

詳しくは冒頭のジム改過去記事でお願いします。

ヴァルダ
ヴァルダ

足りない左手首は今回ジャンクパーツ入れからそれらしいのが見つかったので、今回これを使う。

パワード・ジム付属のものと形はほぼ同じだ。

僅かにサイズが大きいんだけどね。

レーナ
レーナ

なんのキットのだろう?

アドルフ
アドルフ

おそらくシステム・ウェポンキット004付属の手首かと。

同シリーズはガンプラ向けの武器セット。

004はグフカスタム風のヒートサーベルとジムスナイパーII風のビームスナイパーライフルのセットでしたな。

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥2,800 (2022/12/07 06:54:14時点 Amazon調べ-詳細)
ヴァルダ
ヴァルダ

筆者のは10年近く前に店頭で購入したものだ。

現在は仕様を少し変更したガンダムベース限定版も存在するようだけど……。

レーナ
レーナ

筆者ってガンダムベース行ったことあるっけ?

アドルフ
アドルフ

ないですな。

 

脚部の組み立て

ヴァルダ
ヴァルダ

続いて脚部。

バックパックを換装して推力を強化したパワード・ジム。

それに合わせて落下時の衝撃吸収能力を向上する目的で脚部も強化されている。

キットはHGUCながらも、装甲内部にその機構が一部再現されているのが確認できる。

レーナ
レーナ

この辺は塗装で塗り分けてより実感的にしたいところだね。

アドルフ
アドルフ

とりあえずスネと足首ガードのみジム改と異なりそれ以外はジム改と同じもののようです。

ヴァルダ
ヴァルダ

この脚部、実は過去の筆者が改造に失敗している。

なのでまずはあらかじめ用意しておいた新しいものに交換しよう。

レーナ
レーナ

今どきばら売りパーツが手に入るなんて珍しいねぇ。

アドルフ
アドルフ

これも数年前に調達してそれっきりにしていたものです。

イエローサブマリンさんのばら売りコーナーにはいつもお世話になっていますよ。

ヴァルダ
ヴァルダ

ちなみに失敗したというのはこのアンクルガードの後ハメ。

どうも取り付け部分のCの字加工を行った際にピンを破損したらしくてね。

レーナ
レーナ

ずいぶんと雑な加工だなぁ。

ヴァルダ
ヴァルダ

筆者もトーシロで道具もそこまで揃っていなかったから、雑な加工をやろうとして破損させたんだ。

あとこの方法だと足首の切り欠いた部分が下から見える。

それが筆者的にはちょっと気になるらしくてね。

アドルフ
アドルフ

ただ加工自体はシンプルなんですけどね。

パワード・ジムは足首を囲うように頑丈なガードが特徴的です。

デザイン的に、ジム改らのように部品を広げて組み込めないのが難点ですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

そんなこんなでどうするかずっと悩んでいた筆者だったけど……

ネオジム磁石で接続する方法を思いついた。

今回使ったのはハイキューパーツから発売されているもの。

詳しい使用サイズは後述する。

レーナ
レーナ

なんかひらめいたようだね。

アドルフ
アドルフ

まずは足首ガード(白いパーツ)側のピンを短くします。

組み立てた状態でパーツにデザインナイフで切れ込みをいれ、切断部分の目印にします。

ヴァルダ
ヴァルダ

接続ピンを短くしたら、足首関節・足首ガード双方の接続軸内に先ほどのハイキューパーツ製のネオジム磁石を組み込む。

形は丸型で今回使用したサイズは

  • 足首関節側→3mm径
  • 足首ガード側→2mm径

となっている。

関節側はピンの径が広く3mmだと緩いのでエポパテを充填して使っているけどね。

created by Rinker
ハイキューパーツ(HiQparts)
¥420 (2022/12/07 10:36:49時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ハイキューパーツ(HiQparts)
¥380 (2022/12/07 10:36:49時点 Amazon調べ-詳細)
アドルフ
アドルフ

関節側のピンの内径は直径4mmぐらいなので、本当は4mm径のものを使うのが良さそうですな。

今回は手持ちになかったので、このような形に。

created by Rinker
株式会社PR-21ネットシステム
¥980 (2022/12/07 10:36:50時点 Amazon調べ-詳細)
ヴァルダ
ヴァルダ

ガード側は2mmのが丁度いいサイズだけど、それでも少しキツめ。

一度同径のピンバイスでピン内部をさらっておくと入りやすい。

ヴァルダ
ヴァルダ

加工後はこんな感じ。

ピンを削ったのでスライドして接続ができるようになり、磁力で保持する。

レーナ
レーナ

磁力が強いから磁石が部品から外れることもあるけど……

それはそれで物理的に磁石が軸代わりになるという。

アドルフ
アドルフ

足首の加工はこれで終了。

後はモモとスネの加工ですな。

ヴァルダ
ヴァルダ
  • モモ→合わせ目がモールドを兼ねているので無改造
  • スネ→ヒザ関節側のピンを一部カットし、モモ内部のピンを上向きに切り欠いてCの字状にする

画像の左側が加工前。

右側が加工後。

レーナ
レーナ

形は違うけど、スネ部分の後ハメは過去に作ったジム改とほとんど同じ感じだね。

これも冒頭のジム改過去記事のパート3に……。

アドルフ
アドルフ

加工が済みましたら足首ガードとスネを接着してしまいます。

合わせ目消しについては過去記事ですな。

初心者向け? HGUCグフで学ぶ合わせ目消し
アドルフ 最近更新速度が遅いと思ったら今度は一日二回投稿ですか。 ヴァルダ うむ。 また筆者が初心者向けの記事を考えたのでそれをまとめる。 アドル...
レーナ
レーナ

ヒザ関節と足首関節の合わせ目は彫りこんでモールド化しているよ。

ラインチゼルやらBMCタガネやらを使って……。

created by Rinker
¥2,470 (2022/12/08 04:05:46時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
スジボリ堂(Sujiborido)
¥9,700 (2022/12/07 18:07:02時点 Amazon調べ-詳細)

アドルフ
アドルフ

接着剤が乾燥後は各部の整形。

これで脚部の組み立てを終了しましょう。

レーナ
レーナ

やっと終了したね。

ヴァルダ
ヴァルダ

足首ガードについては筆者はずいぶん悩んだようだ。

実はここだけで2ヶ月ほど足止めをくらっている。

アドルフ
アドルフ

筆者の在庫には本キットを基にしたパワードジムカーディガンもあります。

それにも応用できそうですな。

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥5,000 (2022/12/07 06:54:17時点 Amazon調べ-詳細)

武器の組み立て

アドルフ
アドルフ

武器は

  • マシンガン
  • バズーカ
  • シールド
  • ビームサーベル(柄1本、刃は2本)

となっています。

サーベル柄はバックパックに含まれるので、そちらで一緒に組み立てていますな。

レーナ
レーナ

ここはマシンガンとバズーカが真っ二つだから、過去の筆者が接着して合わせ目消しの準備済みのようだね。

バズーカのグリップは可動式だから、接着剤を流し込んで固着させないように注意しよう。

ヴァルダ
ヴァルダ

ここは特に大きく手を加えることはしない。

合わせ目やゲート部分をヤスリで削って処理してやれば十分だ。

レーナ
レーナ

武器が複雑な形をしているから少し整形に手間取るかな。

筆者はまずデザインナイフのカンナがけで大まかに処理しているよ。

カンナがけ!パーティングラインの消し方
レーナ 模型大隊戦闘日誌、始まるよ! アドルフ 前回はタミヤウォーバードコレクションの零戦二一型が完成しましたな。 今回は……。 ヴァルダ 新しいキットに手...

 

今回の戦果

アドルフ
アドルフ

これでようやく各部の整形が完了しました。

組み立てるとこんな感じに。

レーナ
レーナ

パワード・ジムって名前だけあって全体的にがっしりした感じというか。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はここまで。

次回は塗装パートとなる予定だ。

レーナ
レーナ

続きは次回!

 

この記事で作っているキット

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥2,480 (2022/12/07 18:23:11時点 Amazon調べ-詳細)

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました