【2021年4月】HGCE ダガーL 製作記④【新製品】

ガンプラ製作記録
アドルフ
アドルフ

ガンプラのHGCEシリーズより、ダガーLを作っていきます。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は四肢と武器を組み立て、塗装直前まで進んだ。

今回はその塗装を行ってみよう。

レーナ
レーナ

楽しい塗装の時間だね。

アドルフ
アドルフ

ガンプラは色の切り替えが多いので、他のプラモに比べると時間がかかるんですよ。

ヴァルダ
ヴァルダ

いままでジャーマングレー単色のキットが多かったからね。

余計作業時間が長く感じそうだ。

スポンサーリンク

クリアーパーツへマスキング作業

アドルフ
アドルフ

塗装の前にゴーグル部分をマスキング。

複雑なラインなので、細切れにしたマスキングテープを貼り付けます。

レーナ
レーナ

三角形に切り出したテープを……。

筆者は航空機プラモでよくやっているから問題ないかな。

下地系の色を塗る

ヴァルダ
ヴァルダ

まずは下地系の色を塗装。

最初はサーフェイサー。

とりあえず通常の1000番を吹き付ける。

クレオスのグレーのやつだね。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥200 (2021/10/26 18:37:34時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

とりあえず何にするか迷ったら筆者はこれを使っているね。

ヴァルダ
ヴァルダ

その次は関節や武器の塗装。

ここはベタ塗り。

使用したのはガンダムカラーのMSグレー連邦系

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥428 (2021/10/26 18:37:34時点 Amazon調べ-詳細)
アドルフ
アドルフ

関節以外は陰色を塗ります。

ここはMr.カラーGXのウィノーブラックです。

created by Rinker
¥420 (2021/10/26 17:45:21時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

なんか雑じゃない?

アドルフ
アドルフ

後で塗り潰しの手間を省くためですな。

ちなみに関節色と機体色でシールド裏と足首には塗り分けが発生します。

関節色を塗った後にテープを貼り付けましょう。

レーナ
レーナ

面の広いシールド裏はともかく、足首部分は筆塗りで塗り分けても良さそう。

機体色を塗る

ヴァルダ
ヴァルダ

ここでいよいよ機体本体を塗る。

まずは機体の大部分を含む白部分。

純粋な白ではなく、やや緑がかった感じだね。

レーナ
レーナ

こういうのって結構難しいんだよね。

調色とか。

ヴァルダ
ヴァルダ

筆者は今回不良在庫と化していたMr.カラーのライトブルーを使った。

created by Rinker
¥360 (2021/10/27 03:04:05時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

不良在庫……。

ヴァルダ
ヴァルダ

ビンには「独空軍機下面他」と書かれている。

名前の通り、主に大戦時のドイツ軍機に塗られていた色をイメージしている。

ただ現在はより厳密なライトブルーが発売されている。


<br>アドルフ

アドルフ

C20のライトブルーは筆者が昔ハセガワのポリカルポフに使って以来の色でしたな。

塗ってみるとなんかジムの成型色に見えます。

created by Rinker
ハセガワ(Hasegawa)
¥2,400 (2021/10/26 04:15:14時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥1,780 (2021/10/26 04:14:52時点 Amazon調べ-詳細)

ヴァルダ
ヴァルダ

他のパーツはそれぞれ……。

青パーツ→Mr.カラーブルーFS15050

赤パーツ→Mr.カラーRLM23レッド

紫パーツ→Mr.カラーニュートラルグレー+パープル

グレーパーツ→ガンダムカラーMSグレージオン系

白のカービンスコープ→旧ガンダムカラーホワイト17

レーナ
レーナ

紫パーツだけ混色なんだね。

ヴァルダ
ヴァルダ

筆者が昔ブリッツガンダムを塗るのに使ったものだ。

ガイアガンダムにも使いたいと思っていたんだけど、まだ作るタイミングが来ていない。

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥3,200 (2021/10/26 04:15:15時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥3,260 (2021/10/26 21:26:13時点 Amazon調べ-詳細)

アドルフ
アドルフ

10年近く放置されていますぞ。

ヴァルダ
ヴァルダ

可変機で手がかかりそうだと判断してね。

今の筆者なら問題なく作れそうだ。

レーナ
レーナ

塗り終わったダガーLを組み立てるとこんな感じ。

やっぱりライトブルーがジムっぽいね。

アドルフ
アドルフ

各パーツのはめ込みがややきつめですな。

割らないように注意したいところです。

ヴァルダ
ヴァルダ

後のウェザリング時には分解したほうが良さそうだね。

マーキング作業を行う

ヴァルダ
ヴァルダ

続いてマーキング。

今回はガンダムデカールのSEED系をメインに使う。

機番には宇宙世紀のものを使うけど。

created by Rinker
BANDAI SPIRITS
¥630 (2021/10/27 03:04:07時点 Amazon調べ-詳細)


created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥1,156 (2021/10/26 18:37:36時点 Amazon調べ-詳細)

レーナ
レーナ

1/100スケールのものもあるよ。

ヴァルダ
ヴァルダ

こっちのほうが地球連合のマークとか同じものがたくさんあるからね。

これに限らず、1/100スケールのものは同じマークが複数付属する。

なので1/144スケールのHGシリーズでも筆者はよく使うんだ。

部分塗装と今回の戦果

アドルフ
アドルフ

後はスコープや機銃口など、筆で部分塗装。

このキットは色分けが優秀なので、本当に細かいところの塗り分けだけで十分ですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はこの辺りで中断。

次回はウェザリングなどの仕上げを行って、完成予定だ。

レーナ
レーナ

続きは次回!

この記事で作っているキット

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥1,907 (2021/10/26 11:48:06時点 Amazon調べ-詳細)

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました