【2023年7月】アカデミー T-34/85(第183工廠製)後期型 製作記③【新製品】

※記事内に広告を含む可能性があります

戦車・装甲車等製作記
アドルフ
アドルフ

アカデミーのT-34/85。

第183工廠製のものを作っていきましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は足周りの組み立てを済ませた。

今回は車体上部を進めていく。

レーナ
レーナ

やっと筆者のペースが戻ってきたかな。

アドルフ
アドルフ

順調に進んでいますな。

ヴァルダ
ヴァルダ

本当に順調に進んでいるのか、作業を確かめてみよう。

スポンサーリンク

車体上部基部の組み立て

ヴァルダ
ヴァルダ

車体上部はこんな感じ。

多すぎず、少なすぎずといった感じの部品構成だ。

レーナ
レーナ

タミヤより多め。

ドラゴンよりは少なめといった感じかな?

アドルフ
アドルフ

組み立てるとこんな感じに。

まだ手すりなどを取り付けていませんが、あっという間に形に。

レーナ
レーナ

見慣れた形だね。

ヴァルダ
ヴァルダ

側面の予備燃料タンクの穴は各自開ける。

4つ分の燃料タンク、つまり8箇所凹みがあるけど……

今回は3つだけ燃料タンクを取り付ける。

余計なところに穴を開けないよう注意しよう。

アドルフ
アドルフ

今回の場合は

  • 右前方
  • 右後方
  • 左後方

に取り付けます。

内側からだと左右反転しているので……

画像の右上2つ(組み立てると左側前方)は手をつけずに残しておいてください。

レーナ
レーナ

穴は1.0mm径のピンバイスで開口。

筆者はタミヤのベーシックドリル刃セットについているものを愛用しているよ。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥1,250 (2024/06/15 14:36:52時点 Amazon調べ-詳細)

後部パネルの組み立て

アドルフ
アドルフ

続いて後部パネル。

ここは後部予備燃料タンクを取り付けるため、穴あけとボルト部分の切削指示が出ています。

今回ここの燃料タンクは取り付けないので、手をつけずに進めますが。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回もそうだったけど、ここも部品番号の間違いがある。

説明書ではA4番パーツだけど、実際はC1番パーツ。

後部パネルのパーツはこれしかないので、おそらくこれで正しいはず。

レーナ
レーナ

A4番指示だけど、このキットにはAランナーが入っていないんだよね。

アドルフ
アドルフ

気を取り直して後部パネルの部品を用意。

後部ハッチは丸型。

排気管は一体成型なので合わせ目消しは不要です。

アドルフ
アドルフ

組み立てるとこんな感じに。

特に注意すべきところはありませんな。

レーナ
レーナ

なんかパネルの上の部分、今までのT-34では見られなかった細長いディティールがあるね。

アドルフ
アドルフ

どうやら後部予備燃料タンク用のパイプのようです。

更に車体上部を組み立てる

ヴァルダ
ヴァルダ

先ほど用意した後部パネルや車体上部基部。

これに更なる部品を取り付けていこう。

レーナ
レーナ

前部フェンダーなんかは後で取り付ける指示が出ているけど……

筆者はここで取り付けちゃうよ。

ヴァルダ
ヴァルダ

ここでもまた説明書に間違いがある。

左フェンダー上に載せるU字フック。

指示ではJ11番だが、実際はJ17番だ。

アドルフ
アドルフ

J11番パーツは前回使った機動輪のキャップパーツですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

もうひとつ注意点が。

後部フェンダーのH1・H2番パーツ。

キットでは車体上部側に接着する指示が出ているけど……

実際は車体下部側に取りつけ用の凹みが存在する。

レーナ
レーナ

筆者が最初、車体上部側に取り付けようとしてうまくいかなかったみたいだけど……

そういうことという。

ヴァルダ
ヴァルダ

キットでは車体上部組み立て後、砲塔を組んでから車体上下を合わせる指示が出ている。

ただフェンダーの件もあるし、ここで車体上下を合わせてしまう。

内側から取り付ける機銃基部や予備燃料タンクの取り付け穴も開けたことだし、接着してしまおう。

アドルフ
アドルフ

そのままだと車体上部が浮いて隙間ができそうですな。

一旦瞬間接着剤の点付けで接着後、流し込み式接着剤で溶着するといいでしょう。

created by Rinker
コニシ(KONISHI)
¥366 (2024/06/15 21:25:21時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

前面の機銃はただの棒状。

ここは0.5mm径のピンバイスで凹みをつけて、銃口っぽくしているよ。

詳しいやり方は過去記事を参照に……。

今回の戦果

ヴァルダ
ヴァルダ

とりあえずここまでの状態でこんな感じに。

だいぶ形にはなってきたように見える。

アドルフ
アドルフ

ゴムリム付きの穴開き転輪。

T-34の転輪はいくつか種類がありますが、T-34/85ではこれがよく見られるスタイルですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

今回はここまで。

次回は残りの車体部分を組むことになるだろう。

レーナ
レーナ

続きは次回!

この記事で作っているキット

created by Rinker
アカデミー(Academy)
¥4,000 (2024/06/15 11:31:33時点 Amazon調べ-詳細)

【新品・中古】プラモデルを買うなら駿河屋

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました