いいから作れ!HGUC高機動型ザク(黒い三連星)の作りかけを仕上げる(後編)

※記事内に広告を含む可能性があります

ガンプラ製作記録
アドルフ
アドルフ

筆者が長年放置していた、黒い三連星の高機動型ザクを作っていきましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回は簡単に組み立てと塗装を紹介した。

今回は細かい塗装やマーキング、ウェザリングをして完成に持ち込もう。

レーナ
レーナ

散々放置されていたキットがようやく完成に。

アドルフ
アドルフ

このキット、筆者がここの開設以前から手を加えていたため……

スネパーツの後ハメ加工とかができていませんな。

後にここで作ったシン・マツナガ機などは施していますが。

ヴァルダ
ヴァルダ

黒い三連星のザクに手を加えていた時の素人筆者は、フレームを筆塗りで済ませるつもりだったらしい。

今回も筆塗りで済ませている。

とりあえず、作業再開だ。

スポンサーリンク

筆で部分塗装

アドルフ
アドルフ

まずは筆で細かいところを塗り分け。

主に水性ホビーカラーのモンザレッドとMr.メタルカラーのアイアンを用いています。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥387 (2024/06/19 17:33:54時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

バーニア内部の色でモンザレッドはよく指定されているね。

ガンプラユーザーとしては1本常備しておきたいところ。

第一次マーキング作戦

アドルフ
アドルフ

続いてマーキング。

キットにはシールも付属しますが……

先にガンダムデカールを使用したマーキングを施します。

ヴァルダ
ヴァルダ

同じスケールであるRGの高機動型ザク用や、HGUCのジオン用をメインに使用してみよう。

アドルフ
アドルフ

筆者の勘で貼り付けるとこんな感じに。

ほとんどが機番とマーク類になりましたな。

注意書き類は見当たりません。

レーナ
レーナ

RG用には注意書き類が収録されているけど……

どうやら1機分しか付属しないっぽいね。

筆者は将来的に3機揃えるつもりだからか、それらは使わずに……。

アドルフ
アドルフ

ガンダムデカールを3枚用意するという手もありますが、今度はシン・マツナガ機用やジョニー・ライデン機用が余りますので……

他の高機動型ザクを作って使用するという手もありますが。

ヴァルダ
ヴァルダ

黒い三連星の高機動型ザクは

  • ガイア→03
  • マッシュ→02
  • オルテガ→06

という機番になっている。

今回はガイア機なので、03にした。

アドルフ
アドルフ

これがドムになると25・60・12とまた変化するという。

スミ入れ!

アドルフ
アドルフ

デカールを貼り付け後にスミ入れを。

今回はタミヤエナメルのスミ入れ用ブラックを使用しています。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥931 (2024/06/19 19:38:56時点 Amazon調べ-詳細)
ヴァルダ
ヴァルダ

ガンプラはスナップフィット部分でパーツに負荷がかかっていることが多い。

極力分解した状態でスミ入れ作業をするのがおススメだ。

特に二の腕などリング状の部品は破損しやすいように感じる。

第二次マーキング作戦!

アドルフ
アドルフ

スミ入れが終了したので、今度はシールによるマーキングを。

機番やマーク類はデカールで済ませたので、主に注意書き類を中心に。

レーナ
レーナ

スパイクアーマー状に指定の注意書きシールを貼り付けたかったけど……

鋳造表現で凸凹になっているから今回は省略!

アドルフ
アドルフ

シール貼り付け後は表面にざらつきを与えるため、つや消しのクリアーを吹き付けます。

いつもならラッカー系のMr.スーパークリアーを使いますが、今回は水性のプレミアムトップコートを。

ヴァルダ
ヴァルダ
  • スーパークリアーはラッカー系なので、吹き方に気をつけないと塗装面に影響が出る
  • 今回は軽いウェザリングになるので、水性でも問題ないと判断

などの理由から、試験的に水性のトップコートでざらつきを与えることに。

軽くざらつかせればそれでいいので、きれいに吹き付けなくて大丈夫だ。

ドライブラシ!

アドルフ
アドルフ

続いてドライブラシ。

  • 黒・紫など濃い色の部分→スカイグレイ
  • グレーの部分→ジャーマングレイ
  • 関節周り→クロームシルバー

で施しています。

シルバーは装甲表面にも引っかき傷のようなもので使っています。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥450 (2024/06/20 08:27:31時点 Amazon調べ-詳細)

つや消しを吹いて仕上げ

アドルフ
アドルフ

今回はこの辺りで仕上げに入ってしまいましょう。

水性ホビーカラーのつや消しクリアーを吹き付け。

バーニアなどにはタミヤのウェザリングマスターBセットのススを擦り付けて表情を加えています。

ヴァルダ
ヴァルダ

最終組み立て。

モノアイとバズーカのスコープはクリアーパーツ化している。

詳しくは過去記事を参照にしてほしい。

アドルフ
アドルフ

バズーカのスコープ、H・アイズの何mmでしたっけな……

既に切り取られていたので詳しいサイズが不明です。

過去の記事を参考にしたところ、H・アイズ2に含まれる4.5mm径がぴったりのはずですが。

created by Rinker
ウェーブ(Wave)
¥530 (2024/06/19 17:20:28時点 Amazon調べ-詳細)
レーナ
レーナ

とりあえず、これで完成!

以下、ギャラリーだよ。

HGUC高機動型ザク(黒い三連星) 完成!

レーナ
レーナ

今回は黒い三連星のリーダー、ガイア大尉機だね。

アドルフ
アドルフ

オルテガ・マッシュも揃えたいところですが、今のところ補給の目処が立っていませんな……。

アドルフ
アドルフ

シン・マツナガ大尉のR-1型、黒い三連星のR-1A型、そしてジョニー・ライデン少佐のR-2型。

MSVを代表する機体が揃いました。

レーナ
レーナ

R-1型とR-1A型はスネパーツの後部にある燃料タンクが一番の違いだっけ。

設定だとR-1型では内装式だったけど、R-1A型は交換を簡単にするため外付けのカートリッジ式に変わったとか。

ヴァルダ
ヴァルダ

また黒い三連星のR型ザクはグラナダの工廠で作られた設定で、他のR型ザクとは前腕の形などが異なる。

作ってみた感想のコーナー

レーナ
レーナ

購入から10年近くを経て、ようやく完成したみたいだけど……。

ヴァルダ
ヴァルダ

基本的な内容部品構成は他のHGUCの高機動型ザクと同じ。

それらを参照にしてほしい。

ここまで作っておいて言うのもなんだけど……

単純に組みかけのを急遽完成させたから、詳細を紹介しにくいというのもあるけどね。

レーナ
レーナ

黒い三連星機の独特な塗り分けを成型色とパーツ分割でうまく再現しているのは高評価だね。

バックパックの細かいホワイト部分や、バーニア内部を塗ってあげるだけでそれらしくなるよ。

アドルフ
アドルフ

こうなるとやはり三連星で揃えたくなりますが……

キットの手配ができていません。

ヴァルダ
ヴァルダ

そのうち手に入ったらまた改めて作ってみたいものだ。

今回はここまで。

筆者の作業に追いつきかけているので、次回は未定。

レーナ
レーナ

次回も、お楽しみに~。

この記事で作っているキット

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥4,080 (2024/06/20 00:28:34時点 Amazon調べ-詳細)

【新品・中古】プラモデルを買うなら駿河屋

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました