アミュージングホビー ティーガー(P) 製作記③

※記事内に広告を含む可能性があります

戦車・装甲車等製作記
アドルフ
アドルフ

アミュージングホビーから発売されています、ポルシェティーガーを作っていきましょう。

ヴァルダ
ヴァルダ

前回はサスペンションを接着し、乾燥待ちに砲塔を進めた。

今回は足周りを進めていこう。

レーナ
レーナ

以前のフェルディナントと同じような感じと思いきや、微妙に違うのかな。

アドルフ
アドルフ

車体下部パーツなどは少し異なるようですな。

フェルディナントは先にフルインテリアキットが発売されたので、それらの取り付け位置を示すモールドがあったり。

ヴァルダ
ヴァルダ

模型でも原型車と派生車の違いを楽しんでいこう。

それでは作業を再開する。

スポンサーリンク

車体下部の組み立て

アドルフ
アドルフ

手始めに車体下部から。

筆者が説明書の順番を無視して、後で取り付ける装甲板もこの時点で用意してしまっていますな。

ヴァルダ
ヴァルダ

ただ1枚撮影し忘れたらしい。

それと画像の真ん中ら辺にある、斜め前にくる装甲板はまだ取り付けない。

撮影後、ここは後から取り付けたほうが良さそうと判断してね。

アドルフ
アドルフ

車体前面装甲は側面との間に隙間ができますな。

それと角度が悪くてうまく写っていませんが、側面はヒケて凹んだ箇所も。

レーナ
レーナ

砲塔でもバリとかが目立ったし、どうもパチピタというわけではなさそうだね。

ヴァルダ
ヴァルダ

ここは

  • 装甲板の隙間に伸ばしランナーを溶着し、隙間埋めのついでに溶接跡表現をつける
  • ヒケ部分はタミヤのタミヤパテを塗って削って平らにする

といった感じに手を加えた。

アドルフ
アドルフ

乾燥時間がかかるので、先にパテとかを盛っておくといいですな。

溶接跡に関しては過去記事に……。

サスペンションの組み立て

アドルフ
アドルフ

続いて前回接着したサスペンションの組み立て。

合わせ目部分を削って整形します。

レーナ
レーナ

ところどころ凹んでいて接着剤だけじゃあ隙間が埋まらないね。

ここはさっきのタミヤパテも併用して……。

アドルフ
アドルフ

整形が済んだら先ほどの車体と合わせます。

本キットのサスペンションは可動式。

サスペンションに仕込んだ金属線部分を、車体下部側の軸の凹みに合わせて上からフタパーツを接着します。

ヴァルダ
ヴァルダ

前と真ん中は同じ向きのサスペンションになるけど……

一番後ろのみ反対向きのパーツになるので、混ざらないように注意だ。

アドルフ
アドルフ

取り付けるとこんな感じに。

可動式は完成後も動いて地面に追随しますが、接着強度が心配ですな。

気になる人は固定してしまってもよいかと。

レーナ
レーナ

まだ少し合わせ目の凹みが残っていたから……

ここは溶きパテを厚めに塗って対処。

そこまで見えるものじゃないから、多少雑でもいいかも。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥909 (2024/05/18 15:47:21時点 Amazon調べ-詳細)

転輪の組み立て

アドルフ
アドルフ

続いて転輪。

転輪は形違いのものが2種類。

誘導輪と機動輪は似たような外見なので、パーツが混ざらないように注意です。

レーナ
レーナ

誘導輪・機動輪共に歯がついているんだよね。

確かポルシェティーガー系列は後輪駆動だっけ。

アドルフ
アドルフ

組み立てるとこんな感じに。

誘導輪は一度説明書の指示に従い保留ですな。

ヴァルダ
ヴァルダ

キットでの機動輪は

  • 軸に本体片側を通す
  • 内部にリングパーツ(C12番パーツ)を取り付け、リングと軸のみ接着
  • もう片側の本体を接着

といった流れで、機動輪の回転とリングパーツによる抜け留めを両立している。

ただ筆者は塗装に備えて

  • 機動輪内部にリングパーツを組み込み、本体左右を合わせる
  • 機動輪本体を軸に押し込む

といった形にしている。

レーナ
レーナ

リングパーツをポリキャップ代わりにしているというか。

アドルフ
アドルフ

そのまま転輪を本体に取り付け。

平たい転輪のキャップ部分はディティールの違いでC33番とC34番の2種類からの選択式ですな。

今回はモールド多めのC33番を使ってみます。

今回の戦果

アドルフ
アドルフ

サスペンションの裏や、二枚重ねの転輪の間は後から塗料が入りづらいです。

なので先に筆で暗色を塗っています。

使用したのは水性ブラックサーフェイサーですな。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥382 (2024/05/18 04:40:11時点 Amazon調べ-詳細)
ヴァルダ
ヴァルダ

足周りが大体形になったところで今回は中断。

説明書の指示だと、次は履帯の組み立てになっている。

ただそちらは後回し。

次回は車体上部を組んでいく予定だ。

レーナ
レーナ

続きは次回!

この記事で作っているキット

created by Rinker
アミュージングホビー
¥7,460 (2024/05/17 21:26:08時点 Amazon調べ-詳細)

【新品・中古】プラモデルを買うなら駿河屋

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました